プラハをおすすめする10の理由①

 width=

ヴルタヴァ川から見えるプラハ城

東ヨーロッパに位置するチェコの首都、プラハ。ヨーロッパの中でも観光地として人気のある町のひとつです。おとぎ話の国に登場しそうな存在感抜群のお城や可愛らしい旧市街の街並み、美味しいビールや郷土料理も魅力的!ヨーロッパというと物価も高いのでは?なんて思いがちですが、実はチェコはコスパが良いのも嬉しいポイント!学生旅行や女子旅にもぴったりなプラハのおすすめポイントをご紹介いたします。次の旅先はチェコがいいかも!と思ってしまうかもしれませんよ♪(前半のこちらの記事では、5つをご紹介します!)

絵本の中の世界のような旧市街は散策だけでも楽しいから

 width=

市庁舎塔からの眺め

プラハの旧市街にはあらゆる時代のさまざまな建築様式の建物が並んでいるため、素敵な街並みを眺めるだけでも美しさに心を奪われてしまうほど素晴らしい場所です。旧市街広場は観光の拠点になっており、観光案内所で情報収集をしてから行動するのもおすすめです。カフェやレストラン、お土産屋さんなどお店も多数あるのも嬉しいですね。

 width=

2つの文字盤がある天文時計

ここで注目したいのは、旧市庁舎の天文時計。数世紀にかけて改築や増築を重ねてできた個性的な旧市庁舎ですが、ここの南側に天文時計が設置されています。文字盤が2つあり、星と時を告げる「プラネタリウム」と、農村の四季の作業を描いて暦を意味する「カレンダリウム」にわかれています。毎時ちょうどに仕掛け時計が動くので多くの観光客が押し寄せますが、これは必見ですね!

カレル橋ではロマンチックな雰囲気も楽しめるから

 width=

観光客でにぎわうカレル橋

プラハの中心を流れるヴルタヴァ(モルダウ)川の、マラー・ストラナ地区と旧市街地区を結ぶプラハの象徴ともいえるのがこの「カレル橋」です。カレル橋の歴史は深く、1357年にカレル4世により着工され、約60年もの時間をかけて完成したそうです。全長約520m、幅約10mの橋の上には合計30体もの聖人像がずらりと並びます。

 width=

カレル橋で音楽を奏でるパフォーマー

また、夜になると雰囲気が変わり、一気にロマンチックになるのもカレル橋の魅力。川の流れとともに反射した光がきらきらと輝くのを眺めて、プラハで過ごした1日を振り返りながらのんびりと夜の散歩を楽しむのも素敵ですよ。

プラハ城と聖ヴィート大聖堂で美しい歴史に触れることができるから

 width=

旧市街からカレル橋を渡り、マナー・ストラナ地区へと向かうとプラハ城が見えてきます。トラムなどを利用すれば旧市街からも簡単にアクセスが可能です。入場料は城内のどこのエリアを見たいかによって料金が異なるので事前に調べてから行くとスムーズにチケットを購入できますよ。教会や美術館、可愛らしいおもちゃの博物館、庭園、黄金路地の雑貨店など、見どころ満載なので十分に時間を作って訪れてくださいね!

 width=

聖ヴィート大聖堂のステンドグラス

一番の見どころは何といっても聖ヴィート大聖堂。930年にロマネスク様式として造られましたが、最終的にはゴシック様式で20世紀に完成したそうです。高い天井はアーチ状になっており、壁には美しく大きなステンドグラスが並びます。チェコを代表する芸術家ミュシャ(ムハ)の作品も見逃せないポイントのひとつなので必ず訪れましょう!

美しすぎる図書室 ストラホフ修道院があるから

 width=

ストラホフ修道院 神学の間

フラドチャニ区のペトシーンの丘の近くにある「ストラホフ修道院」。旧市街からはトラムでのアクセスが可能です。プレモントレ会の修道院ですが、現在は民族文学博物館になっており、聖書や図鑑の展示、海洋生物の標本が多数置いてあります。美しい図書室は「哲学の間」と「神学の間」の2つにわかれていますが、どちらの図書室も中に入ることはできないため、入口から中を覗くことしかできません。

 width=

ストラホフ修道院 哲学の間

「哲学の間」の天井にはキリスト教の歴史をテーマにした「人類の精神史」というフレスコ画が描かれており、神秘的な雰囲気を漂わせます。「神学の間」の半円になった天井には、美しいフレスコ画のほかに繊細な彫刻も施されており、哲学の間とはまた違う魅力に引き込まれてしまうでしょう。
このストラホフ修道院では古くから自家製ビールを作っており、なんと醸造所とビアホールが近くにあります。ビール好きにはたまりませんね!

美味しい本格ビールを抜群のコスパで楽しめるから

ビール大国チェコ

チェコといえばビールを連想される人も多いのではないでしょうか。日本でも主流なピルスナービールの発祥は、実はチェコなのです。そしてチェコの国民ひとりあたりのビール消費量はなんと世界一だということはご存知でしたか?ビールが大好きで陽気な人々が集まるホスポダ(ビアホール)もたくさんあります。

 width=

ポスポダでビールを楽しむ地元客

本格的で美味しい本場のビールが安く飲める、言わばビール天国のチェコ!チェコビールの銘柄は400以上と種類がとっても豊富。ガイドブックにビールの紹介が載っていることも多いので、ちょっと調べてからお店に行ってみると楽しいかもしれません。王道銘柄からエリア限定のクラフトビールなど色々試してお気に入りを味を探してみましょう。

 

ペンギン案内人3号/柳 舞美

タイトルとURLをコピーしました