イギリス入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新) 

ロンドンのミレニアム・ブリッジ

ロンドンのミレニアム・ブリッジ

イギリスと言えば老若男女問わずファンの多い観光地の一つですよね。英国式の田園風景に憧れをいだいた世代も多いはず。ビートルズやクイーンといった日本でも人気のロックバンド、シェイクスピアの作品やピーターラビットの物語もイギリスで生まれました。最近ではハリーポッターシリーズなどのロケ地として、若い世代には有名でしょう。
そんなイギリスに2020年は旅行を計画していた方は少なくないはず。
イギリスではこれまで70万人以上のコロナ感染者が確認されていましたが、2020年7月10日以降には日本を含むいくつかの国は14日間の自己隔離が不要となるなどいち早く世界への門戸を広げてきました。
こちらの記事では皆様が安心して旅行ができる日を願って、イギリスの入国規制について紹介していきます!

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_154.html#ad-image-0

イギリス:いつから海外旅行に行ける?(2/19更新)

キングスクロス駅の9と3/4番線ホーム 今では長蛇の列が懐かしい…

キングスクロス駅の9と3/4番線ホーム 今では長蛇の列が懐かしい…

現在はイギリスへの入国は可能なのでしょうか?
結論から申し上げますと可能です。
ただしイングランド・スコットランドでは渡航を開始する3日前以降に受診した陰性証明書を提示、かつ到着後10日間の自主隔離が求められます。PCR検査陰性証明書が提示できないと日本からのフライトに搭乗できない、あるいは英国で500ポンドの罰金を科される可能性があります。

念のため、検査などの免除国リストに変わらずに載っているか随時確認しましょう

念のため、検査などの免除国リストに変わらずに載っているか随時確認しましょう

これまで日本政府は業務渡航に限りイギリスからの帰国者に対しては14日間自己待機を免除する入国緩和をしていましたが、今回の変異種の報告を受け14日間の待機を改めて課すとともに、イギリス出国前72時間以内の新型コロナウィルス検査の陰性証明提示を求めるなど厳しい体制で臨んでいます。陰性証明書が提示できない場合は、(自宅ではなく)検疫所が確保する宿泊施設に14日間待機が必要となります。

コロナウイルスのワクチン接種が始まったと思ったらこの騒動。
一刻も早く、コロナウイルスによるこの混乱が収ることを願うばかりです。

ただし乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

ワット・アルンの写真 タイは旅行回廊リストに入ってるので乗継ぎOK?

ワット・アルンの写真 タイは旅行回廊リストに入ってるので乗継ぎOK?

PCR検査の陰性証明証があればイギリスに日本人が入国できるとしても、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。
イギリスにてコロナウイルスの変異種が確認されたことにより、日本のように急遽方針を変更して、入国を認めない国も出てくることでしょう。

乗継ぎや周遊をお考えの場合は、まずは在英日本国大使館のサイトならびに英国政府の旅行回廊リスト(https://www.gov.uk/guidance/coronavirus-covid-19-travel-corridors)をチェックしてみてください。

周遊不可のフランス どちらに行くかは二つに一つ

周遊不可のフランス どちらに行くかは二つに一つ

イギリスに到着する14日前にリストにない場所を訪れた場合は、自己隔離する必要があります。自己隔離とは、イギリスに到着後すぐに滞在場所へ直接移動&外出を控えて過ごし、非免除の国または地域に最後に滞在してから14日が経過するまではイギリスから出国できないというものです。

そのため基本的には乗継ぎや他の国との周遊は考えない方が無難と言えそうです。

日本帰国後の規制について

ベーカーストリート駅 帰国後でも冷静に コロナ対策を怠らないように

ベーカーストリート駅 帰国後でも冷静に コロナ対策を怠らないように

イギリスにはPCR検査の陰性証明証があれば入国できるといっても安心してはなりません。なぜなら現在、日本政府はイギリスからの帰国者に対しても厳しい制限をおこなっているためです。

具体的にはイギリス出発前72時間以内のPCR検査陰性証明書をお持ちの方であっても検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る。)にて3日間の待機が命じられます。入国後3日目において、改めて検査を行い、陰性と判定された者については、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の自宅等での待機を求めています。
陰性証明書が提示できない帰国者については検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る。)での14日間の待機を求められます。

待機中は、写真を見ながら楽しかった思い出にふけるのもいいですね!

待機中は、写真を見ながら楽しかった思い出にふけるのもいいですね!

今は日本でも緊急事態宣言中ですので、海外旅行は辛抱の時かもしれません。
いつか来るであろうコロナ明けの時代を願って、STAYHOMEでイギリスへの想いを膨らませておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました