イギリス入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新) 

ロンドンのミレニアム・ブリッジ

ロンドンのミレニアム・ブリッジ

イギリスと言えば老若男女問わずファンの多い観光地の一つですよね。英国式の田園風景に憧れをいだいた世代も多いはず。ビートルズやクイーンといった日本でも人気のロックバンド、シェイクスピアの作品やピーターラビットの物語もイギリスで生まれました。最近ではハリーポッターシリーズなどのロケ地として、若い世代には有名でしょう。
そんなイギリスに2020年は旅行を計画していた方は少なくないはず。
2020年7月10日以降には日本を含むいくつかの国は14日間の自己隔離が不要となるなどいち早く世界への門戸を広げてきました。
こちらの記事では皆様が安心して旅行ができる日を願って、イギリスの入国規制について紹介していきます!

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_154.html#ad-image-0

イギリス:いつから海外旅行に行ける?(7/15更新)

キングスクロス駅の9と3/4番線ホーム 今では長蛇の列が懐かしい…

キングスクロス駅の9と3/4番線ホーム 今では長蛇の列が懐かしい…

現在はイギリスへの入国は可能なのでしょうか?
結論から申し上げますと可能です。
ただしイングランド・スコットランドでは渡航を開始する3日前以降に受診した陰性証明書を提示、かつ到着後10日間の自主隔離が求められるれるほか、2021年2月15日以降、入国原則2日目と8日目の検査が求められます。また、入国から5日間経過以降、任意で検査を受けて陰性だった場合に、自己隔離を終了できる制度を選択することができます。出発前検査、フォームへの登録、自己隔離、入国後検査に関する違反は、罰金、禁固又は双方の対象となる可能性があるため、注意が必要です。

念のため、検査などの免除国リストに変わらずに載っているか随時確認しましょう

念のため、検査などの免除国リストに変わらずに載っているか随時確認しましょう

これまで日本政府は業務渡航に限りイギリスからの帰国者に対しては14日間自己待機を免除する入国緩和をしていましたが、今回の変異種の報告を受け14日間の待機を改めて課すとともに、イギリス出国前72時間以内の新型コロナウィルス検査の陰性証明提示を求めるなど厳しい体制で臨んでいます。

ただし乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

ワット・アルンの写真 タイは旅行回廊リストに入ってるので乗継ぎOK?

ワット・アルンの写真 タイは旅行回廊リストに入ってるので乗継ぎOK?

PCR検査の陰性証明証があればイギリスに日本人が入国できるとしても、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。
イギリスにてコロナウイルスの変異種が確認されたことにより、日本のように急遽方針を変更して、入国を認めない国も出てくることでしょう。

乗継ぎや周遊をお考えの場合は、まずは在英日本国大使館のサイトならびに英国政府の旅行回廊リスト(https://www.gov.uk/guidance/coronavirus-covid-19-travel-corridors)をチェックしてみてください。

周遊不可のフランス どちらに行くかは二つに一つ

周遊不可のフランス どちらに行くかは二つに一つ

2021年5月7日に、英国運輸省は各国・地域をレッド、アンバー及びグリーンの3種類に分類し、それぞれの国・地域からイングランドへ入国する際のルールを定める信号システムを5月17日(月)から導入すると発表しました。種類ごとに、入国前や入国後に行わなければならないことが異なるため、乗継ぎや他の国との周遊を行うときは、きちんと滞在した国がイギリスの決めたどのリストに登録されているかをチェックする必要があります。

日本帰国後の規制について

ベーカーストリート駅 帰国後でも冷静に コロナ対策を怠らないように

ベーカーストリート駅 帰国後でも冷静に コロナ対策を怠らないように

イギリスにはPCR検査の陰性証明証があれば入国できるといっても安心してはなりません。なぜなら現在、日本政府はイギリスからの帰国者に対して制限をおこなっているためです。2021年6月7日午前0時以降、英国からのすべての帰国者及び入国者については、検疫所が提供する宿泊施設にて6日間待機し、入国後3日目及び6日目(入国日は0日目として計算)に改めて検査を受けることになりました。
いずれの検査でも陰性であることが確認された場合に、宿泊施設から退去し、退去後は公共交通手段を使わない形で自宅等に移動し、入国から14日間の待機をする必要があります。
また、6/28には、「水際対策上特に懸念すべき変異株に対する指定国・地域」に指定されているイギリス含む6ヵ国に対し、上記の措置を7/1以降も継続することが決まっています。

待機中は、写真を見ながら楽しかった思い出にふけるのもいいですね!

待機中は、写真を見ながら楽しかった思い出にふけるのもいいですね!

ヨーロッパが少しずつ解放されて行っても、日本ではまだ東京などでは感染者が減らず、4度目の緊急事態宣言も出たので、海外旅行はまだ簡単には行けないかもしれませんが、もう少し辛抱していきましょう。

2021年、イギリス旅行を予約するなら今!

セブン・シスターズのビーチヘッド コロナとは無縁な風景に癒されます

セブン・シスターズのビーチヘッド コロナとは無縁な風景に癒されます

日本帰国後の自主隔離規制があるから行きづらいと思う方は多いと思います。しかし、よく考えてみてください。日本帰国後の自己隔離規制が撤廃されれば、海外旅行好きの人たちがツアーや航空券の一斉に予約をし、旅行代金は一気に高騰することでしょう。お手頃価格で予約をしたいのなら、周りのみんなが旅行気分になっていない今。まさに今なんです!

映画ハリーポッターのホグワーツのモデルになったアニック城

映画ハリーポッターのホグワーツのモデルになったアニック城

でも行けるかどうかわからない旅行を予約して、やっぱり行けなくなってキャンセルチャージを払うなんてことはしたくないですよね?そう思う方々には、旅行会社を通した企画旅行での予約がおすすめです!企画旅行の場合、出発前日から起算して30日前までキャンセルチャージはかかりません(ピーク期は40日前)。企画旅行を申し込むにあたっては、旅のプロフェッショナルがいる海外専門旅行会社「ファイブスタークラブ」に相談してみてはいかがでしょうか。個人の細かなニーズに合わせて旅行をアレンジしてくれるでしょう。

イギリスの行き方

ビック・ベン ピーターパンが時計の針に乗ってましたね~!

ビック・ベン ピーターパンが時計の針に乗ってましたね~!

日本からイギリスへは、安く行くならエミレーツ航空やカタール航空などを利用して、中近東経由で行くのが一般的ですが、どうしてもトランジット時間が長く、あまりオススメはできません。また、コロナ禍の現在では、乗り継ぎは少々ハイリスク。なぜなら乗り継ぎ国がイギリスの入国規制リストに入っていた場合は、せっかくイギリスに着いても自己隔離せざるを得ない可能性があるからです。今は直行便が1番安心ですね。

ボリュームたっぷりのフィッシュ&チップス 食べきれるか心配

ボリュームたっぷりのフィッシュ&チップス 食べきれるか心配

現在、イギリスへの直行便は、日本航空、全日空、ブリティッシュ・エアラインズが運行しています。直行便は、上の3社が、成田国際空港、羽田空港から就航しており、最近では関西空港からも直行便が出ています。フライト時間は約12時間前後で、直行便ならロストバゲージや乗継ぎ地での言語の心配なく、最短時間で到着することができます。せっかくの旅行なので、ストレスなく、安心な旅をしたいですよね!

イギリスの気候

コッツウォルズでは、夏に綺麗な花をたくさん見ることができます!

コッツウォルズでは、夏に綺麗な花をたくさん見ることができます!

ベストシーズンは、5月〜9月の夏の初めから終わりまでです。イギリスの夏は、湿気が少なくてとても過ごしやすく、太陽が出ている時間も長いため、旅行を充分に満喫することができます。しかし、夏でも日によっては冷え込む場合があるので、念のためトレーナーなどを持って行くほうが良いでしょう。夏が日本と比べて過ごしやい一方、春、秋、冬は日本よりも冷え込みます。イギリスでの服装は、日本の季節感より寒いということを意識しながら服選びをしましょう。同じイギリス内でも、北部へ行くほど気温は変化します。北部のスコットランド地方では、ロンドンのような南部に比べて平均気温も5度以上下がります。

アルバートドック こういう天気もイギリスらしさがあって個人的に好きですね

アルバートドック こういう天気もイギリスらしさがあって個人的に好きですね

イギリスは雨が降ることが多いというイメージがありますが、実は日本よりも年間に雨が降る割合は低いのです。しかし、雨が降らない日でも曇りの日が多く、急にパラパラとした雨が降ることがあるのです。どの季節に行く場合でも、いつ雨が降ってもいいように持ち運びが便利な折り畳み傘を常に持ち歩くのがベストです。

イギリスの見どころ

グレンフィナン高架橋とジャゴバイト号の組み合わせは最高です

グレンフィナン高架橋とジャゴバイト号の組み合わせは最高です

イギリスは見所が多く、どこに行くかちょっと悩みますよね?そこで、ハリーポッター好き、または興味がある方は、是非、映画ハリーポッターシリーズの色んなシーンで使われたロケ地を巡ってはいかかでしょうか?イギリスの至る所にロケ地はありますが、ロンドンなどのイギリス南部にそれらが多く集中しているので、ロンドンを中心に回る観光をオススメします。

グロスター大聖堂の回廊 トロールの徘徊するシーンで登場(ハリーポッター)

グロスター大聖堂の回廊 トロールの徘徊するシーンで登場(ハリーポッター)

ロンドン近郊では、オックスフォードやコッツウォルズがおすすめです。オックスフォードには、ホグワーツ魔法魔術学校の食堂のモデルとなった場所があるクライスト・チャーチカレッジなどがあります。コッツウォルズにあるレイコックでは、聖シリアク教会など、ハリーポッターの映画に出てきた様々なロケ地を楽しむことができます。また、ロンドンから離れてしまいますが、イギリス北部にあるグレンフィナン高架橋も素晴らしいです。ここでは、「ホグワーツ・エクスプレス」をモデルにした列車と橋の素敵な写真を撮ることができます!

ペンギン案内人29号/笠原 彪

タイトルとURLをコピーしました