スペイン入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新) 

市場での食べ歩きでお腹も心も満たされる。

市場での食べ歩きでお腹も心も満たされる。

2020年、ヨーロッパの中でもコロナの感染拡大が目立っていたスペイン。2020年10月25日には政府が全土対象の非常事態宣言を発令し、夜間外出禁止令や国内移動制限など、様々な規制がしかれていました。海外旅行ができない中、スペインも例にもれず難しい状況が続いていましたが、実は早期に日本人の入国を許可していた国の1つでもあるのです。では、ワクチン接種が進んでいる2021年、スペインへの入国は可能なのでしょうか。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_161.html#ad-image-0

スペイン:いつから海外旅行に行ける?(7/19更新)

アンダルシアの州都・セビリアの街並み。

アンダルシアの州都・セビリアの街並み。

2021年5月24日より、日本に居住している全ての方のスペインへの入国が許可されることになりました。
これに伴い、日本からスペインへの入国時、スペイン到着前72時間以内に行ったPCR検査陰性証明書の携帯、提示が不要となっています。
ただし、スペインへの渡航に際しての経由地については、当該国に入国するための陰性証明書の提示を求められる場合がありますので、事前にご確認ください。

断崖絶壁の町・ロンダの象徴であるヌエポ橋。

断崖絶壁の町・ロンダの象徴であるヌエポ橋。

スペイン入国時に求められる手続きは以下3つです。
・申告書の提出
保健省の専用ページ 「 https://www.spth.gob.es/ 」又は専用の無料アプ リ 「SPAIN TRAVEL HEALTH-SpTH」に表示されるフォーマットに電子的に記入し提出。
※スペインに入国せず、トランジットのみの場合も提出の可能性あり。

・検温
非接触型の体温計又はサーモグラフィーカメラによる。

・目視によるチェック

感染が疑われる場合は追加の診断、医療機関への搬送となる可能性があります。

ただし乗り継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

パエリアの聖地バレンシアではウサギのお肉入りパエリアをご堪能あれ。

パエリアの聖地バレンシアではウサギのお肉入りパエリアをご堪能あれ。

スペインが日本人の受け入れを再開したとしても、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。

リンゴを発酵させて作ったシードルもお酒好きなら飲まねば!

リンゴを発酵させて作ったシードルもお酒好きなら飲まねば!

特にスペインはコロナウイルスの変異種が確認されたことにより、日本のように急遽方針を変更して、入国を認めない国も出てくることでしょう。

そのため他国との周遊ならびに乗継便の利用は控えておくのが今のところは無難です。

日本帰国後の規制について

巨人と間違えて突進してきたドン・キホーテを吹っ飛ばした風車群。

巨人と間違えて突進してきたドン・キホーテを吹っ飛ばした風車群。

スペインから日本への入国の際は「水際対策上特に懸念すべき変異株に対する指定国・地域」からの入国者として以下の措置がとられます。
ア 日本到着後、検疫所長の指定する場所(=検疫所が確保する宿泊施設)での待機。
イ 入国後3日目(入国日は含まない)に再度検査(現在実施されている抗原定量検査に代えて、唾液によるreal-time RTPCR検査)。
陰性と判定された場合、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、公共交通機関を利用せず移動の上、入国後14日間の残りの期間を自宅等で待機。
ウ 出発前72時間以内の検査証明を日本到着時に提出できない場合、入国後3日目及び6日目に検査。
いずれの検査においても陰性と判定されれば、検疫所長の確保する宿泊施設を退所し、公共交通機関を利用せず移動の上、入国後14日間の残りの期間を自宅等で待機。

※検疫の適切な実施を確保するため、「水際対策上特に懸念すべき変異株に対する指定国・地域」からの航空便を始め、日本に到着する航空機の搭乗者数が抑制されていますので、帰国便の予約に当たってはご留意ください。

今は、海外旅行は辛抱の時かもしれません。
いつか来るであろうコロナ明けの時代を願って、STAYHOMEでスペインへの想いを膨らませておきましょう!

21年、スペイン旅行を予約するなら今!

一度でいいから…この状態の生ハムにかぶりつきたい…

一度でいいから…この状態の生ハムにかぶりつきたい…

現地の感染状況が落ち着き、日本帰国後の自己隔離規制が撤廃されれば、スペインはまた人気の渡航先の一つになることでしょう。とはいってもまだまだ次の旅行のことを考える気分でない人も多いはずです。しかし考えてみてください。日本の自己隔離要請が撤廃されれば、これまで海外旅行に行きたかった人々が一斉に予約を入れ、旅行代金は高騰します。

フラメンコも一生に一度は本場で見てみたいなあ。

フラメンコも一生に一度は本場で見てみたいなあ。

また、検討中の旅行先について「相談した旅行会社のスタッフに知識がなかった」ということや「親身になって相談してくれなかった」ことはありませんか?
その点、海外旅行専門店「ファイブスタークラブ」であれば安心です。
ファイブスタークラブのスタッフは定期的な現地視察を行っているため、一般的なツアーでは見つからないような組み合わせやこだわりの旅行もプランニングを得意としています♪
コロナ明けの旅行は試しにファイブスタークラブに相談してみては?

スペインの行き方

スペインまでの直行便を運航するイベリア航空の機体。

スペインまでの直行便を運航するイベリア航空の機体。

現在スペインまでの直行便は成田~マドリード間でイベリア航空が就航しています。直行便は確かに楽ですが、およそ14時間の長旅です。そんなに長い時間ずっと機内にいるのは嫌だという方もいるのでは。そんな方は、エールフランスやオランダ航空などヨーロッパ系の会社や、カタール航空やエミレーツ航空といった中東系の会社の乗り継ぎ便を利用することも可能です。マドリード以外の都市に直接行く場合も、これらの会社利用が便利です。

エミレーツ航空のビジネスクラスで快適な空の旅はいかが?

エミレーツ航空のビジネスクラスで快適な空の旅はいかが?

特にカタール航空やエミレーツ航空といった中東系航空会社は、航空会社のランキングで常に上位に挙がってくる魅力的な会社です。乗り継ぎ地となるドバイ、カタールの空港も清潔に保たれていて過ごしやすいので、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

スペインの気候

地中海に面するバルセロナは海鮮も豊富。

地中海に面するバルセロナは海鮮も豊富。

イベリア半島の約80%を占めるスペインの気候は地域によって多少の差があります。首都マドリードのあるスペイン中央部は、昼夜の気温差が大きく真夏はとても乾燥します。一方、定番観光地・バルセロナの位置するカタルーニャ地方や、バスクやガリシアのあるスペイン北部は1年を通して温暖なため、夏の避暑地、冬の避寒地となります。

白い街ミハスは素敵な景色だけど眩しくなりそう…

白い街ミハスは素敵な景色だけど眩しくなりそう…

スペイン南部のアンダルシアは、地中海沿岸は1年中温暖で過ごしやすいですが、内陸部では夏に40℃を超すことも。基本的にどの地域もベストシーズンは春~夏ですが、夏の場合、慣れない強い日差しと乾燥で体調を崩さないよう、水分補給や日焼け止め、サングラスといった対策が必須です。

スペインの見どころ

回廊の柱一つ一つに施された装飾も美しい。

回廊の柱一つ一つに施された装飾も美しい。

初のスペインならやはりバルセロナは必須。サグラダファミリアを代表とするモデルニスモ建築の巨匠・ガウディの作品の数々に魅了されます。また、かつてイベリア半島の大部分を支配していたイスラム教の文化が多く残るスペイン。イスラム芸術の最高傑作と言われるアルハンブラ宮殿のあるグラナダや、コルドバのメスキータといったイスラム建築の美しさも必見です。

どれも美味しそうで逆に選べない!!!

どれも美味しそうで逆に選べない!!!

そしてなんといっても、スペイン料理が旅の醍醐味!国内のどこでもバルや市場で美味しいスペイン料理が楽しめますが、バル巡りにもってこいなのは美食天国のバスク地方です。Hola!と元気に挨拶すれば、陽気な店員さんが迎え入れてくれることでしょう。生ハム、アヒージョ、トルティージャ…。想像するだけでお腹がすきます。
Una cerveza, por favor!!(ビール下さい!)

ペンギン案内人30号/市川 真弓

タイトルとURLをコピーしました