【コロナ禍】2020年10月にポーランドに実際行って見てきた結果【海外旅行に行ける国】 その1

一部展示物を少なくし、混雑を防ぐ工夫をしているアウシュヴィッツ博物館

コロナ禍の2020年10月にポーランドに行く機会を得ました。当然ながら世間は海外旅行の雰囲気からはほど遠く、未だ日本では帰国後14日間の待機期間を余儀なくされます。
中には日本国籍の旅行者について入国させないなどの制限を設けている国もありますが、世界の数カ国は日本人観光客に対して何の制限もなく入国を許可しています。
その国の1つがポーランドです。これまで100カ国以上旅してきた私が実際にポーランドを旅をしてコロナ禍の海外旅行は何に気をつけるべきか?そもそも観光して楽しめるか?ということをチェックしてきました。

【成田空港 出発】注意点は?両替所とかやっているの?

銀座出発、東京駅経由の成田空港行きのバスの様子。結果乗客は5名でした。

まず気をつけなければならないのはこれまで成田空港へバスで行っていた方です。私の住んでいる街から成田空港行きの定期バスが運行していたのですが残念ながらコロナウィルスの影響で運休。東京駅や銀座発の高速バスは臨時ダイヤながらも何本か運行しているようです。

コロナ禍の成田空港 高級ブランド店は無期限休業

久しぶりの第1ターミナルは、確かに以前ほどの賑わいはないけれども、想像していたよりは人出はありました。
ほとんどのお店が無期限の臨時休業となっていましたがマクドナルド、スターバックス、無印良品、郵便局、銀行のATM、コンビニ、ドラッグストアなどいくつかのお店とレストランの一部はオープンしていました。お土産屋さんはほぼ休業していたので空港で購入する方はご注意ください。私の肌感覚ですがコロナ前と比べるとお店の数は10分の1以下でしょう。
ちなみに両替所や保険のカウンターは空いていましたのでご安心ください。WiFi貸し出しのカウンターは閉まっていました。

【出国審査・機内】コロナ禍の今、実は快適!?

コロナ禍の成田空港のポーランド航空の出発ゲート 待機する人が少ない

両替などを済ませ、ポーランド航空にチェックイン。言わずもがな、空港にありがちなチェックインまでの長い行列はありません。ビジネスクラスの優先搭乗並みにスムーズです(もちろんエコノミークラスのチケットです)。またこれも当然ですが手荷物検査、出国検査も快適そのものです。何度となくこれまで出国審査を経験してきましたが、これほどハイスピードで通り過ぎたことは人生史上ありません。ビジネスクラス並み、いやそれ以上にストレスフリー・・・です。

コロナ禍のポーランド航空 機内で配られる健康申告書

機内への搭乗も、エコノミーだと待つことが多いですが、当然待ちません(笑)。ポーランド航空のワルシャワ行きの配列は3−3−3。1人で3席を独占できます。自然にソーシャルディスタンス状態。機内ではアルコール入りの除菌シートが搭乗時と食事の時に配られました。また機内では体調に関しての質問表が配られまして、到着前に回収されます。質問内容は「14日前までどこの国に滞在していたか?」など一般的なものです。

【ワルシャワ 到着】入国審査、どんな質問を浴びるのか?!

ワルシャワ空港にて入国審査です。ドキドキドキ・・・・

ワルシャワ空港に到着。ワルシャワ空港では私はクラクフ行きへ乗継ぎとなります。
初めてワルシャワにて乗継ぎを体験しましたが、非常に分かりやすくできています。
ワルシャワ空港では「シェンゲン条約国以外」へは緑のレーン、「シェンゲン条約国」は青のレーンに別れており、乗客はどちらかに進めば良いことになります。私はポーランド国内のクラクフ行きなので「シェンゲン条約国」内です。そのため青のレーンを進みました。

ワルシャワ空港内の自販機にはマスクも販売中

入国審査では約30分くらい並びました。並んでいる間は「観光」か「ビジネス」か、どちらの目的で入国したと答えるのが正解なんだろう、コロナウィルスについて何か英語で聞かれないかな、聞かれたら英語で返答するのは難易度が高いな、など色々考えていましたがいざ自分の番になって審査を受けるとコロナ禍に関わらず質問ゼロで通過。肩透かし感がハンパがなかったです(笑)。

タイトルとURLをコピーしました