失敗しないベネルクス3国(オランダ、ベルギー、ルクセンブルク)ツアーの選び方 

チーズ市 2人がかりで重いチーズを運ぶ(アルクマール/オランダ)

オランダ、ベルギー、ルクセンブルクのいわゆるベネルクス3国。ヨーロッパの小国ながら、個性的な文化が魅力で、一度は訪れたい国々なのです。ここではベネルクス3国のツアー選びの上で大切なポイントについて話してみたいと思います。

手頃な大きさの国なので個人旅行が便利

グランプラスの夜景(ブリュッセル)

オランダは九州位の広さ、ベルギーは九州より少し小さい広さ、ルクセンブルクは神奈川県くらいの広さ、つまり、3つの国を合わせても北海道よりも小さいのがベネルクス3国です。手頃な大きさの国なので、各都市間の移動は便利です。例えば、オランダのアムステルダムからベルギーのブリュッセルへ、新幹線のタリス号でわずか2時間なので東京/大阪間よりも近いのです。予想以上に便利なので、わずらわしい団体旅行で出かけるよりも個人旅行で行く方が、意外に簡単で何倍も楽しいのです。

運河クルーズが人気のブルージュ

個人旅行はベネルクス3国を得意とした旅行会社のモデルコースをベースに、必要に応じてアレンジするのが一番正しいやり方です。旅行会社は旅行サイトなどから調べてみましょう。旅行会社を選ぶポイントは料金の安さだけでなく、担当者がその国について詳しいかどうかも大切です。また、来店をして質問できる会社も信用できます。

シーズンは3月から5月のみ?

キューケンホフ公園(オランダ)

オランダというとチューリップというのが日本人の感覚です。オランダで世界最大規模のチューリップ園を誇るのがキューケンホフ公園です。3月中旬から5月のみ、この公園はオープンします。色とりどりのチューリップを見るために、団体ツアーはこの時期に集中します。満席になるツアーも多く、フライトも取りにくいです。逆に6月出発などでキューケンホフ公園に行かない団体ツアーは人数が集まらずツアーキャンセルになることも多いです。つまり日本人にとっては、このエリアの旅行で一番大切なのは他でもないチューリップなのです。

キューケンホフ公園(オランダ)

確かにキューケンホフ公園は素晴らしいです。インスタ映えする写真もたくさん撮れることでしょう。もし、ベネルクス3国に行くのに、年中いつでも休みが取れるのなら、3月中旬から5月の間のチューリップに合わせて旅するのもいいでしょう。
しかし、チューリップが全てではありません。初夏から秋もそれぞれ季節毎の良さはあります。
特に夏は日が長いので遅くまで観光できるのも魅力です。ですのでシーズンは3月から10月くらいと考えていいかと思います。

ゲルマン文化とラテン文化の交差点

グランプラスの市庁舎(ブリュッセル)

ヨーロッパの2大民族、ゲルマン民族とラテン民族は長い歴史の中で民族の対立が続きました。中でもドイツとフランスは事あるごとに紛争や戦争を繰り返してきました。
ドイツ、フランスという2つの大国に挟まれたべネルクス3国は、中間地点でいわば2つの民族文化が融合したエリアでもあります。
オランダはゲルマン系でオランダ語を話します。ベルギーは北半分がゲルマン系のフラマン語(オランダ語),南半分はラテン系のワロン語(フランス語),ルクセンブルクはゲルマンメインでラテン系もミックスのルクセンブルク語。
北海道ほどの面積のエリアにいくつもの異文化が交差するエリアなのです。

ノートルダム寺院(ルクセンブルク)

もし、あなたの旅行日数が8日間前後あるのでしたら、最低でもオランダ、ベルギーの2国には旅行できる日程を組むのがいいでしょう。また、できたら、ルクセンブルクは1泊して3か国を周遊するのもおすすめです。ルクセンブルクの旧市街は世界遺産に指定された城塞都市です。立ち寄る価値は十分にあります。

タイトルとURLをコピーしました