イタリア入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新)

町中に遺跡がごろごろと転がるローマはいつまでたっても歴史の主役

町中に遺跡がごろごろと転がるローマはいつまでたっても歴史の主役

海外旅行を一大イベントとして毎年計画している方も多いのではないでしょうか。
ヨーロッパの中でも海外旅行先として大人気のイタリアは、早期にコロナウイルスが拡大した国の1つでもあります。2020年2月下旬から北イタリアのロンバルディア州とヴェネト州のいくつかの町の封鎖に踏み切りました。その後も外出禁止令やロックダウン等、拡大防止に努めています。
こちらの記事ではイタリアの最新の入国情報を発信していきますので国間の往来が出来るようになった暁には、陽気なイタリアの人々に会いに行きましょう!

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_153.html#ad-image-0

イタリア:いつから海外旅行に行ける?(7/21現在)

ジョットの鐘楼から眺めるフィレンツェの町並みは格別

ジョットの鐘楼から眺めるフィレンツェの町並みは格別

現在イタリアへの観光目的での入国は可能なのでしょうか?
結論から言いますと2021年6月から条件付きではありますが入国が可能となりました。では、どのような条件を満たせばイタリアに入国ができるのでしょうか。

パレルモのマルトラーナ教会内部は美しい絵画で埋め尽くされている

パレルモのマルトラーナ教会内部は美しい絵画で埋め尽くされている

一部他の国滞在歴などによる例外はあるものの、主な条件と入国後の義務は以下の通りです。

①イタリア政府が定める以下のCovid-19グリーン証明書3種類のうち1種類を入国時に提示する
a 欧州医薬品庁(EMA)が認めた新型コロナウイルスワクチン(2021年6月20日時点で、ファイザー製、モデルナ製、アストラゼネカ製、ジョンソン・エンド・ジョンソン製)を接種し、規定の回数のワクチン接種完了から少なくとも14日以上が経過したこと
b 新型コロナウイルス感染症から治癒し、感染に伴い指示された隔離を終了したこと
c イタリア入国前48時間以内に抗原検査又はPCR検査を実施し、結果が陰性であったこと
※なお、Covid-19グリーン証明書を提示した場合入国後の自己隔離は不要ですが、第三国を経由してイタリアに入国する場合は自己隔離を求められる場合があるので、事前に確認が必要です。
※もし上記証明書を持っていない場合、イタリア入国前72時間以内に実施したスワブ検体による抗原検査又はPCR検査の陰性証明提示、入国後10日間の自己隔離、自己隔離後の再検査が義務付けられています。
※上記防疫措置の免除・緩和について、日本の市区町村等で発行予定のワクチン接種証明書の有効性は2021年7月21日現在確認中とのことです。

②入国時の申告義務
イタリア入国前に、デジタルフォーマットの指定様式(居所情報)を入力することが義務付けられています。
イタリアへの入国に先立つ14日間に指定されているる国に滞在又は乗換えをした者は、症状の有無にかかわらず地区を管轄する保健当局の予防局に対しイタリアに入国したことを速やかに通報する義務があります。また、入国後に症状を発症した場合には、保健当局に対しその旨を速やかに通報する義務もあります。
※入国に際し、新型コロナウイルス接触確認アプリ「Immuni(インムーニ)」のダウンロードを推奨しています。(https://www.immuni.italia.it/

乗継ぎや周遊も注意!!一緒に旅行してはいけない国

世界遺産のとんがり屋根が並ぶアルベロベッロのトゥルッリには宿泊も可能☆

世界遺産のとんがり屋根が並ぶアルベロベッロのトゥルッリには宿泊も可能☆

他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国や乗継ぎ地も含めて入念な下調べが必要です。

独特な町並みが人々を魅了するマテーラは昼夜の景色の移り変わりも趣深い

独特な町並みが人々を魅了するマテーラは昼夜の景色の移り変わりも趣深い

イタリアへ第3国を乗り継いで入国する場合もリスクがないとも言い切れません。乗り継ぎ国とイタリアとの往来の関係にも目を向ける必要があるのです。
近い将来イタリアへの旅行ができるようになったとしても、リスクを避けるためには「他の国との周遊をしない」「直行便を利用する」などを心掛けていた方が良さそうですね。

日本帰国後の規制について

アマルフィ海岸で心行くまで広々とした深い青の海を見ていたい

アマルフィ海岸で心行くまで広々とした深い青の海を見ていたい

仮にイタリアの規制を乗り越えて旅行したとしても「イタリア旅行楽しかった~!」では終わりません。なぜなら2021年7月現在、日本帰国後は新型コロナウイルスの検査結果が陰性であっても入国の次の日から起算して14日間は、自宅もしくは自身で手配された滞在場所で待機することが要請されているからです。陰性であっても空港から自宅へは公共交通機関をつかってはなりません。家族によるお迎えやハイヤー、レンタカーが許可されています。自宅待機中も保健所による健康確認が行われますので、不要不急の外出は避けてください。

いろんな味や形のパスタを試してみたい!グルメの旅にはもってこい!

いろんな味や形のパスタを試してみたい!グルメの旅にはもってこい!

また、全ての国からの日本人帰国者に対して、日本入国時の検査に加え、現地出国前72時間以内の検査証明の提出が義務となっています。
ワクチンの予防接種が始まったとはいえ、もうしばらく我慢の時になりそうですね。

2021年、イタリア旅行を予約するなら今!

イタリアの秘境チンクエ・テッレのカラフルな村へ大冒険!

イタリアの秘境チンクエ・テッレのカラフルな村へ大冒険!

この記事をここまで読んだ方であれば「今後しばらくは旅行を控えた方がいいのに、今予約すべきとはどういうこと?」とお思いになるでしょう。それも当然です。しかし、これまでのような低価格で旅行ができる時代はしばらく来ないかもしれません。というのは現在、航空会社はアフターコロナの世界を踏まえ、人員削減と規模の縮小を進めています。

かの有名なピサの斜塔!この角度で倒れないのが不思議でたまらない

かの有名なピサの斜塔!この角度で倒れないのが不思議でたまらない

一方、日本帰国後の規制が撤廃されればこれまで海外旅行を我慢してきた人が次々に予約を開始することでしょう。そうすると必然的に席が取りづらくなり航空券の料金もあがってしまいます。それを防ぐにはどうするのがベストでしょう?実は旅行代理店には一般的にはでまわっていないキャンセルチャージがすぐにかからないタイプの航空券があるのです。そういった航空券とホテルを組み合わせてオリジナルのプランを組んでもらうのがこれからの海外旅行では最も賢い方法と言えるのです。ファイブスタークラブのスタッフは定期的な現地視察を行っているため、一般的なツアーでは見つからないような組み合わせやこだわりの旅行もプランニングを得意としています。コロナ明けの旅行は試しにファイブスタークラブに相談してみてはいかがでしょうか。

イタリアの行き方

イタリアに行ったらやっぱり外せない本場のピッツァ!もちもちのチーズが美味

イタリアに行ったらやっぱり外せない本場のピッツァ!もちもちのチーズが美味

アフターコロナの旅行計画をスムーズに進めるために、今から基本情報をおさえておきましょう。日本からの直行便はアリタリア・イタリア航空や全日空の運行があります。他国との往来が不安なうちは、直行便が安心です。中東系の航空会社も安価で魅力的。主な航空会社はターキッシュエアラインズやカタール航空、エミレーツ航空、さらにアジア系ではキャセイパシフィック航空も就航しています。その他欧州近隣国との周遊をする場合、その国の航空会社の利用が便利です。

ガラタ橋の近くにサバサンドを売る屋台があるはず!モスクを見ながら一休み♪

ガラタ橋の近くにサバサンドを売る屋台があるはず!モスクを見ながら一休み♪

仕事終わりの出発や移動費をおさえたいという方には中東系の航空会社がおすすめ。特にターキッシュエアラインズは、新しくなったイスタンブール空港での乗り継ぎ時間も楽しめます。トルコに立ち寄ってイスタンブールの橋の近くでサバサンドを片手にモスクを眺めるのもまた一興です。

イタリアの気候

春の麗らかな陽気に照らされた古代ローマ遺跡コロッセオ

春の麗らかな陽気に照らされた古代ローマ遺跡コロッセオ

イタリアの大半は地中海気候に分類されます。基本的に年中温暖で過ごしやすい気候ですが、南北に長いため地域によっては気温差があります。四季があり、日本の季節感とほぼ同じイメージで問題ありません。ベストシーズンとされる時期は他のヨーロッパ諸国よりも長く、4月から11月の春先から晩秋ころまでとなります。

冬の足音が近づくベネチアは神秘的で豊かな水面の音が心地良い

冬の足音が近づくベネチアは神秘的で豊かな水面の音が心地良い

夏は気温も上がりますがカラっとしていて過ごしやすく、観光客も多いです。南部のシチリア島やナポリ、カプリ周辺は夏の景色が美しく海も綺麗です。年間を通して過ごしやすいのは春ですが、ベネチアは高潮の影響で浸水の可能性もあるため注意が必要。夏と冬にはショッピングにおすすめなセールの時期があるため、そこを狙って買い物を楽しむのもおすすめです。加えてクリスマスやカーニバル等、年間を通して魅力的な行事が目白押し!

イタリアの見どころ

ドロミテ地方トレ・チーメの小屋から見える夢のような幻想風景

ドロミテ地方トレ・チーメの小屋から見える夢のような幻想風景

歴史、建築、美食、芸術、ショッピング・・。様々な観点からの魅力が詰まったイタリア。実は大自然も魅力的だということをご存知でしょうか。2009年に世界自然遺産に登録されたドロミテ山塊は、イタリア北東部に位置する3000m級の山々です。シーズンは6月下旬から9月下旬頃と限られますが、白雪で飾られた荒々しい岩山と淡い緑の丘、すっと空にのびる飛行機雲や透明な青さが美しい湖など、全ての景色が心地よく調和する景勝地です。

サンジミニャーノのアグリツーリズモでつくられたオリジナルワイン

サンジミニャーノのアグリツーリズモでつくられたオリジナルワイン

自然に関わるイタリア旅行の新しい形として、アグリツーリズモにも注目が集まります。農家が営む宿泊施設で、料理教室体験やオリジナルワインの試飲やワイナリー見学が出来るなど、内容の濃い滞在が可能です。町では遺跡や芸術に酔いしれ、田舎では美食と自然に癒されるという贅沢なプランを計画してみては?

 

ペンギン案内人17号/若狭 由希

タイトルとURLをコピーしました