フランス・パリのおすすめ観光スポット10選②

アンティーク好き必見!クリニヤンクール蚤の市。

外まで無造作に商品が置かれている感じが、個人的には堪りません!

パリに3つある蚤の市の中でも最も規模の大きいクリニヤンクール。パリの観光地は日曜定休が多い中、基本週末営業の蚤の市は、そんな日の観光にうってつけの場所!クリニヤンクールは、約3000店以上の店があり、一見ガラクタのような物から高級品まで、家具、洋服、雑貨、美術品、レコードなど、ありとあらゆる商品が並べられています!いくつかの地区に分かれていて、地区ごとに商品の特徴が異なるので、欲しいものが決まっているなら、事前にどの地区にあるか調べるといいですね。

店の中を隈無く探せば、お目当てのものがきっと見つかるはず…!

しかし、ブラブラしながら商品を見ているだけでも全然飽きません!まるで宝探しをしているような気分になります!もし欲しい物が見つかったら、お店の人に挨拶し、常識の範囲内で値切り交渉をしてみましょう!買う商品の数が多いほど値切りしやすくなります!

パリの隠れたグルメ、ファラレルを食べよう!

長い行列ができています。中に案内されるまで30分程待ちました。

パリのマレ地区を歩いていると、一際行列が目立つお店、ラス・ドュ・ファラレルの姿が。このお店では、イスラエル発祥のB級料理、ファラレルを食べることができます。ファラレルのお店はいくつもありますが、このお店はその中でも1番人気です!

濃厚なソースのかかったファラレルは病みつきになる美味しさ!

ファラレルとは、小さな丸いコロッケと野菜を、ピタパンというもちもちのパンと一緒に食べるサンドイッチです。ボリュームの割に野菜多めなので、簡単にペロリと食べることができます!ファラレルを食べれば、旅行中の体調管理もバッチリです!お好みで辛めのソースも付けれるので、辛い物好きの方も満足できるでしょう!また、テイクアウトとイートインで並ぶ列が異なるので、並ぶ時は注意しましょう。ファラレルを食べながら、パリ市民になった気持ちでマレ地区を練り歩くのもいい思い出になります!
 

ペンギン案内人29号/笠原 彪

タイトルとURLをコピーしました