マルタ入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新) 

ゴゾ島のタ・ピーヌ教会も、あなたが来ることを待っている。

ゴゾ島のタ・ピーヌ教会も、あなたが来ることを待っている。

2020年世界各国がコロナウイルスにより海外の旅行客の受け入れに慎重になっている中、真っ先に日本人観光客の受け入れに手を挙げた国があります。それがマルタです。マルタはコロナウイルス検査の高い実施数と、2020年3月後半から5月初旬にかけてのロックダウンが功を奏し、感染者率は他のヨーロッパ諸国と比べ非常に低い割合を保っています。マルタは2021年に安心して旅行できるヨーロッパの国としてひと際注目を集める渡航先になることは間違いありません。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_195.html#ad-image-0

マルタ:いつから海外旅行に行ける?(4/15更新)

地中海の島・マルタの青い海が待ち遠しい

地中海の島・マルタの青い海が待ち遠しい

結論から言うと、日本人のマルタ入国は可能です。
ただしマルタ保健大臣は、2020年12月11日に危険度に応じた国別リストの改訂を発表し、日本のカテゴリーは「グリーン」から「アンバー」へ格下げとなりました。

マルタは主要国をコロナ感染率など危険度に応じて「グリーン」、「アンバー」、「レッド」の3種類に分類しており、それぞれの色に応じて制限を設けています。
2020年12月10日以前は、日本はもっとも安全な「グリーン」リストに含まれていましたが、11日以降は「アンバー」へと変更となったためPCR検査の陰性証明書が入国の際に求められることになったのです。

絵本のようにかわいいポパイ村

絵本のようにかわいいポパイ村

一刻も早く日本人観光客を受け入れてきたマルタですが、日本国内でのコロナ感染者の急増を受けてのまさかの急ブレーキ。

なんとしてもさらなる拡大はどうしても防ぎたいところです。。。。

なおマルタ国民の1回以上ワクチンを接種した人口の割合は4月12日時点で約40%と他国と比べ高水準になっています。
感染の流行が起こらない「集団免疫」を獲得するには人口の7割以上が免疫を持つ必要があると言われています。

参照:https://ourworldindata.org/

ただし乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

トルコ乗継ぎは大丈夫? 写真はカッパドキアの気球

トルコ乗継ぎは大丈夫? 写真はカッパドキアの気球

マルタが日本人の受け入れを許していたとしても、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。例えばドイツはマルタと同じヨーロッパの国ですが、日本人のみならず観光客の受け入れを開始していません。

同じヨーロッパでも周遊できない国も 写真はミュンヘンの市庁舎

同じヨーロッパでも周遊できない国も 写真はミュンヘンの市庁舎

たとえ、乗継ぎだけだとしてもマルタが「危険」と認識している国(レッドリスト)を乗継いでマルタへ入国しようとするのはリスクのある行為のため止めておくのが無難です。なおリストに含まれる国の確認はマルタ観光局のサイト(https://www.visitmalta.com/en/covid-19)が便利です。

日本帰国後の規制について

「マナーとルールをしっかり守って旅行を楽しんでニャ」と、マルタの猫も言ってます。

「マナーとルールをしっかり守って旅行を楽しんでニャ」と、マルタの猫も言ってます。

マルタからの帰国の飛行機にも搭乗できた!あとは帰国するのみ!でも「マルタ旅行楽しかった~!」では終わりません。なぜなら現在、日本帰国後は新型コロナウイルスの検査結果が陰性であっても入国の次の日から起算して14日間、自宅もしくは自身で手配された滞在場所で待機することが要請されているからです。陰性であっても空港から自宅へは公共交通機関をつかってはなりません。家族よるお迎えやハイヤー、レンタカーが許可されています。自宅待機中も保健所による健康確認が行われますので、不要不急の外出は避けてください。

「メェ~」「メェ~」「人間は密になったらダメェ~」とマルタの密な羊たちが言ってます。

「メェ~」「メェ~」「人間は密になったらダメェ~」とマルタの密な羊たちが言ってます。

ちなみに日本政府は2020年12月28日より外国人の新規入国を停止するという、新たな措置を取ることに決定しました。
さらにイギリス・南アフリカなど、変異種が発見された国からの日本人帰国者に対しても、日本入国時の検査に加え、現地出国前72時間以内の検査証明の提出が新たに義務となりました。

世界的にワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくと思われた矢先、ここで大きく後退することになったのは残念ですが、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました