帝政ロシアの古都・サンクトペテルブルク ロマノフ王朝と共に栄えた美しい水の都

ピョートル大帝の夏の宮殿からフィンランド湾を望む

サンクトペテルブルクは、栄華を極めた時代のロシアの歴史と文化を知ることができる格好の場所です。ピョートル大帝の夏の宮殿、エカテリーナ宮殿に代表される宮殿巡り。イサク聖堂、血の上の救世主教会に代表される教会巡り。また、エルミタージュ美術館、ロシア美術館に代表される美術館巡り。そして、帝政ロシア発祥の地と言われるペトロハブロフスク要塞。さらには水の都と称えられるだけあって美しい運河めぐりの旅もおすすめです。
そんな魅力溢れるサンクトペテルブルク・・・。今回は、特に訪れていただきたい7つのスポットをご紹介します。

ピョートル大帝の夏の宮殿と下の公園の噴水群

ピョートル大帝の夏の宮殿の大宮殿前の大滝

エカテリーナ宮殿と人気を二分するピョートル大帝の夏の宮殿は、サンクトペテルブルグから西に約30km離れた郊外にあります。最大の見どころは下の公園の噴水群とそれらを見下ろす大宮殿です。宮殿は1年を通してオープンしているものの噴水は夏の4月から10月頃までの稼働なので噴水と一緒に見学できる夏の時期がおすすめです。

ピョートル大帝の夏の宮殿の大宮殿前の大滝

夏のピーク時期は多くの観光客が訪れますので大行列を覚悟しなければなりません。さらに大宮殿の裏手には上の庭園もあり、すべてを見尽くすにはかなりの時間を要します。1日ですべてを網羅することは困難ですが、ガイド付きの日帰りツアーに参加するのが最も効率がよいでしょう。鮮やかな緑の森の間を流れる運河を宮殿のテラスから眺めてみてください。

ツァールスコエ・セローのエカテリーナ宮殿と公園

エカテリーナ宮殿の大広間

皇帝の村を意味するツァールスコエセローにエカテリーナ公園やエカテリーナ宮殿があります。ピョートル大帝の夏の宮殿、エルミタージュ美術館(サンクトペテルブルグの冬宮)と並ぶロシアを代表する宮殿の一つです。エカテリーナ宮殿は個人と団体とで入場の方式が異なります。長蛇の行列を避けるにはやはりガイド付き1日ツアーに参加するのがおすすめです。

エカテリーナ宮殿前の庭園

宮殿のハイライトは何と言っても琥珀の間でしょう。20年近くの歳月を費やして修復され、2003年に見事復活を遂げました。他に井上靖の小説『おろしや国酔夢譚』で登場する一介の漁師・大黒屋光大夫がエカテリーナ2世に拝謁して帰国を願い出た大広間など、必見の展示物が目白押しです。

キジ島の世界遺産・ロシア正教会木造教会建築群

木造のポクロフスカヤ教会

キジ島はオネガ湖に浮かぶとても小さな島です。この島には、ロシア全土から様々な木造建築物が移築されました。その中でも、やはり最大の見どころは、1本の釘も使わないで造られた木造の教会でしょう。一度見たら忘れられない、非常に奇抜な形をした、ロシア正教の教会です。他には農民の住居や納屋、風車などロシアの伝統的な風俗・習慣も垣間見ることができるユニークな観光地です。

木造のポクロフスカヤ教会

キジ島を象徴する建造物の1つとして、プレオブラジェンスカヤ教会(顕栄聖堂)が挙げられます。玉ねぎのような、キノコのカサのような、印象的なドームが22個も付いています。このユニークなフォルムは、なかなか他の国や街では見かけられません。一見の価値があります。他にはポクロフスカヤ教会もオススメです。内部に入場すると、たくさんの宗教画を見ることができます。ただ、強い風に晒されていることもあり傷みが激しく、頻繁に修復されるようなので訪問前に状況確認が必要です。

タイトルとURLをコピーしました