失敗しないスイスツアーの選び方 その1 ツアー選びの5つの法則

登山電車の終点ゴルナーグラードにて

一生に一度は行きたいスイスアルプス。マッターホルン、アイガー、ユングフラウなどの絶景は本当に感動します。しかし旅行をちゃんと考えないと、せっかくのスイスツアーが楽しくない旅になる恐れがあります。スイスツアーを計画するにおいて、失敗しないポイントは何かをまずこの項目で説明します。そして、失敗しないスイスツアーの選び方 その2以降で、具体的なルートについてアドバイスをしたいと思います。

団体旅行でなく、個人旅行で行くことが大切

グリンデルワルトの風景

スイスツアーは団体旅行ではなく、個人旅行をお勧めします。それは団体旅行がハードスケジュールだとか、煩わしいとか、そんな理由だけではありません。スイスの旅は大自然を楽しむ旅です。ここで重要なのは天気です。天気によって、その観光地の印象ががらっと変わります。天気に応じて行程をフレキシブルに変更できる個人旅行こそ、スイスの旅にぴったり当てはまります。例えば、グリンデルワルトから行く定番、アルプスの展望台ユングフラウヨッホ。雨が降っていたり、天気が悪かったりすると、展望台はガスで真っ白け。何も見えません。

ミューレンは観光客が少ない絶景アルペンリゾート

個人旅行ですと、たとえ繰り返しますが到着日が雨でも翌日に展望台に行くなど、行程を変更できるので、リスクを回避できるのです。スイスの旅は天気が重要です。それにより感動の度合いが全く異なります。
スイスは個人旅行が簡単な国です。レイルパスを使い気ままに回りましょう。中学1から2年程度の英語がしゃべることのできる人なら初めての個人旅行でも難しくはありません。北海道を一周するのと大差ありません。ただし、スイス個人旅行のプログラムを持った旅行会社を選ぶべきです。また、スイスのことに詳しい担当者を指名できる旅行会社であれば、なおさらおすすめです。

アルプスのリゾートには最低2泊が必要です

ゴルナーグラードからゴルナー氷河の眺め

アイガー、ユングフラウの基地、グリンデルワルト。マッターホルンやモンテローザの基地、ツェルマット。こうしたアルペンリゾートでは必ず2泊してください。場合によっては3泊という選択肢も。これも①の団体旅行を避けるという法則と同じ理由で天気の良い日の確率を上げるからです。具体的に考えましょう。例えばチューリッヒからグリンデルワルトに行き2泊し、次の目的地ツェルマットに行くとします。天気が良ければグリンデルワルト到着日に上まで登ってみたいものです。

ベルン旧市街は時間があれば立ち寄りたい場所の1つ

逆に天気が悪いのであれば、到着日ではなく、翌日以降にユングフラウヨッホに出かけましょう。到着日はどうするかというと、いろいろ行くべき場所があります。例えば、ベルン。スイスの首都ですが、世界遺産の古都でもあります。チューリッヒからグリンデルワルトの鉄道のルート上にあり、かつ駅を降りたらすぐに世界遺産の町並みが広がっているので観光に便利です。臨機応変に対応することこそ、スイスツアーのコツなのです。

季節選びは慎重に! 6月中旬から9月がベストです

フィルスト展望台からのアルプスの眺め(グリンデルワルト近郊)

スイスの山は基本的にいつ訪問してもそれなりに楽しめます。登山電車も年中運行しているものが多く、四季それぞれの良さを体感できます。しかし、5月から10月の訪問をおすすめします。またできれば6月中旬から9月がベストです。天候が比較的安定していること、高山植物が咲いていること、ハイキングが十分楽しめることなどがその理由です。スイスの旅の目的がアルプスの大自然の場合はこの時期に旅行を検討してください。

モントルーとレマン湖

スイスの夏は涼しいイメージがありますが、山間部でもそれなりに暑いです。平野部では、気温が30度を超えることも珍しくはありません。ただ湿度がそれほどないのでしのぎやすいです。もちろん標高の高い地域では真夏でも急激に冷え込み10度以下になることも多いので、そのつもりで準備してください。重ね着できる服装で旅してください。

タイトルとURLをコピーしました