スペイン・バスク VS フランス・バスク バスクの町や村ベスト7

多皿料理のバスク。ミシュラン3つ星の名店「マルティン・ベラサテギ」で

バスク地方。自分がグルメと思う人なら一度は目指してほしい旅先です。スペイン北部からフランス南西部にかけて2国にまたがるエリアで、世界のどことも違う独自の文化や言語を持つユニークな場所でもあります。そこには世界遺産にも指定されている美しい町や村があって、観光+グルメが楽しめるのです。自他ともに認めるグルメのペンギン案内人である私が、ヨーロッパでグルメがしたい人に一番にお薦めするのがこのバスク地方。今回はいろんな見どころがあって個性的なスペイン側とフランス側のバスクの見所ベスト7をご紹介します。

フレンチバスクの中心、伝統的な家並みのアイノア村(フランス)

バスク地方の伝統的な 民家が並ぶアイノア村

アイノアは白壁と赤い木骨組のバスクの伝統的な民家が並ぶ村で、フランスで最も美しい村に認定されています。フランス側のバスク地方の中心地的存在。聖地サンティアゴ・デ・コンポステラへの巡礼の宿場町として有名で、今でも中世の雰囲気を色濃く残す村です。

アイノア村の一押しオーベルジュがここオテル・イチュリア

村は小さくて、歩いて散策してもすぐに観光は終わります。ここではゆっくり1泊して美味しい食事をしてみては?私の一押しは「オテル・イチュリア」。バスクらしい建物のオーベルジュで、こじんまりした家族経営のホテルならではの温かいもてなしが受けられます。野菜やハーブを育てる庭やプールもあって、のどかな時間が流れます。ビストロとミシュラン1つ星のレストランがあって、時間を気にせずゆっくり美味しい食事を楽しんで、可愛らしい自分の部屋に戻る。そんな優雅で居心地のいい一夜となりました。

マカロン発祥のお店もある!サン・ジャン・ド・リュズ(フランス)

フランス側のバスクの中で海辺に面し、リゾート気分も味わえるお薦めの町がサン・ジャン・ド・リュズです。大西洋の開放的な風景を目の前にビーチをそぞろ歩きした後は、町中でショッピングです。この町はマカロンの発祥の地として知られていて、そのお店は「メゾン・マダム」。日本で売られているようなカラフルなマカロンではなく、その原型ともいえる素朴なものですが、一度は食べてみたいものです。

マカロン発祥のお店「メゾン・アダム」。日本で見るカラフルなのと違って素朴な感じ

他にもバスク織は人気。丈夫な木綿の生地に7つのストライプが入っているのが基本で、タオルやキッチン用品などセンスが良くて気の利いたお土産をたくさんゲット。さらにエスパドリーユはカラフルでオシャレで自分へのお土産に最適です。夏の日本で活躍するはず。
私がこの町を訪れた時は、町の郊外のモダンな「オーベルジュ・バスク」に1泊しました。ミシュラン1つ星のグルメが楽しめ、プラス&の充実した旅となりました。

バスクの赤唐辛子の村エスプレット(フランス)

唐辛子が目印の村だけあって、村中の建物に唐辛子がぶら下げてある

フランスバスクの小さな村エスプレットには、白い壁に赤い唐辛子がたくさん飾られています。正確には赤ピーマンだそうですが、味わうとピーマン以上唐辛子未満といったマイルドな辛さです。村のトレードマークとあって、売り物も唐辛子がらみのものばかりが目立ちます。

唐辛子はこうして村の中で売られている

村をそぞろ歩いていると、可愛いデリカテッセンがありました。チーズをはじめバスク独特の食材もたくさん売られています。この店で私はサーディーン(イワシ)と赤ピーマン(唐辛子)入りのペーストを1瓶2.9ユーロでゲット。日本に持ち帰ってトーストに付けて美味しく頂きました。
あとはアクセサリー屋さんで見つけた小さな赤唐辛子のピアス18ユーロを購入。これも時々付けて、エスプレット村を思い出しています。

小さな村なので、サンセバスチャンに滞在中に日帰りでいくつかの村を巡るツアーで訪問するのが効率的です。

タイトルとURLをコピーしました