失敗しないクロアチアツアーの選び方 その1 クロアチア1カ国周遊編

城壁からの眺め ドブロヴニクは絶景です。

クロアチアツアーの選び方は難しいです。クロアチア1国周遊にするのか、周辺の国を含めて2カ国、3カ国、4カ国周遊にするのかが判断がつきにくいからです。1カ国周遊でも行きたいところがたくさんありますが、少し時間をとれば周辺国の魅力的な場所も訪問できます。どれがベストかを一言で言いにくいですが、この欄ではまず1カ国周遊についての話をしたいと思います。2カ国以上周遊については、失敗しないクロアチアツアー、その2,その3,その4をご覧ください。

クロアチアの基本情報

夕暮れ時のドブロヴニク旧市街

クロアチアの気候

おすすめのシーズンは5月から9月。雨も少なく観光に適しています。特にドブロヴニク(ドブロブニク)などのアドリア海沿岸の町は夏は乾燥した晴天が続きベストシーズンです。日差しも強く、帽子やサングラスを用意したほうがいいでしょう。反対に11月から2月は寒いです。ただし、10月下旬から11月はプリトヴィツェ湖群国立公園は紅葉が楽しめます。冬場はシーズンオフなのでドブロヴニクの高級ホテルにもお安く泊まれるのが魅力です。

クロアチアへの行き方

クロアチアの首都ザグレブへは、日本から直行便はありません。ターキッシュエアライン、エミレーツ航空、カタール航空の乗り換え便が一般的です。またヨーロッパ系ではルフトハンザなどが便利です。クロアチアの一番人気のドブロヴニクへは、ターキッシュエアラインが1回乗り換えで就航しています。また4月から10月の季節運行で、カタール航空、エミレーツ航空、ルフトハンザ、フィンランド航空などの便もあります。

クロアチアの治安

クロアチアは周辺国に比べて治安がいい方の国でしたが、最近観光客の増加に伴い、スリや置き引きなどの被害が増えてきています。ザグレブ、ドブロヴニクはもちろんプリトヴィツェ湖群国立公園でもスリの被害が報告されています。大自然の中でハイキングするからといって油断は禁物です。気が付かないうちにリュックサックのファスナーを開けられる可能性もあるのです。また、深夜の外出を控えるなど海外旅行の最小限の常識も守りたいものです。

クロアチア1国周遊の王道は5つの世界遺産巡り

カメルレンゴの砦よりの眺望 (トロギル)

(1)クロアチア5大世界遺産周遊の旅
日本→機中泊→ザグレブ1泊→プリトヴィツェ湖群国立公園1泊→シベニク→トロギル→スプリット1泊→ドブロブニク2泊→機中泊1泊→日本
テッパン観光地ドブロヴニク、プリトヴィツェ湖群国立公園とともに、アドリア海に面した世界遺産の町シベニク、トロギル、スプリットも訪問。プリトヴィツェから陸路でドブロヴニクに行く道中は通る町なのでルートに入れても無駄がありません。

城壁からのフヴァール島の眺め(フヴァール島)

(2)クロアチア5大世界遺産+フヴァール島の旅
日本→機中泊→ザグレブ1泊→プリトヴィツェ湖群国立公園1泊→シベニク→トロギル→スプリット→フヴァール島2泊→スプリット1泊→ドブロブニク2泊→機中泊1泊→日本
クロアチア5大世界遺産にアドリア海の島、フヴァール島をプラス。紺碧のアドリア海に浮かぶ緑豊かなフヴァール島は世界遺産の島。ドブロヴニクのように観光客で混雑しないのも魅力。訪問するのなら6月から9月がベスト。シーズン中ならヴィス島の青の洞窟を訪問するボートツアーも催行していて、必見です。このツアーは6大世界遺産の訪問が可能です。

プリトヴィツェ湖群国立公園では半日程度のハイキングを!

(3)7日間で周遊するクロアチア
日本→機中泊→ザグレブ1泊→プリトヴィツェ湖群国立公園1泊→ザグレブ→ドブロヴニク2泊→機中泊1泊→日本
時間がない人はテッパン観光地ドブロヴニク、プリトヴィツェ湖群国立公園のみを周遊しましょう。ザグレブからドブロヴニク間を国内線を利用すれば、7日間でも可能な日程です。

ペンギン案内人7号/川崎 真弘

タイトルとURLをコピーしました