世界遺産とグルメの国!リスボンの見どころ7選

市電/カモンイス広場

たそがれたいならロカ岬

 ここがユーラシア大陸最西端

ここがユーラシア大陸最西端

ロカ岬はユーラシア大陸最西端の岬、そして風の名所とも言われてます。ポルトガルの詩人カモンイスの詠んだ詩の一説「ここに地の果、海始まる」の石碑が建てられていて、それを実感できる景色が広がってます。一年のほとんどはモヤで覆われていてなかなかきれいな地平線を眺めることは難しいのですが、このもやがかった地平線もとても絵になって素晴らしかったです。

 最西端到達証明書

最西端到達証明書

こちらもかなり観光客で賑わっていますが、人の少ない午前中などに訪れて時間を忘れてのんびりと地平線を眺めるのもいいと思います。11ユーロ(2020年1月現在)で最西端到達証明書を発行してくれるので記念に作ってみてはいかがでしょうか。

ポルトガルのスイーツといえば?

 焼きたての”ナタ”

焼きたての”ナタ”

ポルトガルでは”エッグタルト”は通じませんのでご注意を。ポルトガルではエッグタルトは”ナタ”です。日本でエッグタルトと呼ばれるようになったのはレシピを覚えたイギリス人がマカオにある自分のお店で”ポルトガル風エッグタルト”の名前で売り出したことがきっかけのようです。ということでやはりポルトガルに来たなら本場の”ナタ”を是非味わって頂きたいと思います。

 ナタ老舗店【Pastéis de Belém】

ナタ老舗店【Pastéis de Belém】

私が訪れたのは時間の関係上、1軒だけだったのですが出来れば色々なお店を巡って”ナタ”の食べ比べをしてみたかったです。ですが唯一訪れた1件のお店は老舗の【Pastéis de Belém】。門外不出のレシピで作られており、系列店などはなくこのリスボンのみ。近くにはジェロニモス修道院などの世界遺産などもあるので観光のついでに立ち寄るのが定番コースです。

カスカイスのビーチ

 カスカイス港

カスカイス港

ポルトガルのリゾート地として有名なカスカイス、古くからの漁師町でもあります。おしゃれな店やカフェが並び夏には観光客で賑わっています。私が訪れたのは1月だったため人もまばらで閑散としてはいましたが、天気も良かったせいか半袖で十分でリゾートの雰囲気を十分感じられました。有名なサーフスポットもあるのでヨーロッパ各国からサーファー達が訪れます。

カスカイスの市街地中心から1kmほどの海岸線に”地獄の口”と呼ばれる洞窟があります。波の浸食によってできたこの「海食洞」、岩が大きく口を開けたところに波が打ち付けられる様子は間近で見ると迫力があります。

歌と演奏とおいしい食事を満喫☆民族歌謡ファド

ファド生演奏

ファド生演奏

イタリアのカンツォーネやフランスのシャンソン、ブラジルのサンバ、アルゼンチンのタンゴなどはよく知られていますがポルトガルにはファドがあります。ファドとは運命又は宿命を意味し、それを民族歌謡で表しています。どこかもの悲しい曲だと思われがちですが自分の町を称賛したりするような陽気なものもあります。

 民族歌謡ファドに酔いしれて

民族歌謡ファドに酔いしれて

ポルトガル歌謡ファドは「カーサ・デ・ファド」と呼ばれるファドレストランなどで聴くことができます。ディナーショーのような感じで美味しい食事と一緒に迫力のある歌と演奏を楽しむことができます。ポルトガルに訪れた際は是非堪能しましょう。

 

ペンギン案内人25号/和田 冴子

タイトルとURLをコピーしました