リスボン観光ガイド/世界遺産とグルメの都市の見どころとは?

市電/カモンイス広場
 街発見のモニュメント

街発見のモニュメント

近年ポルトガルは人気の旅行先として観光客が毎年増えてきているのです。なぜなら世界遺産とグルメもさることながら世界で安全な国・第3位(因みに日本は9位です)!エッグタルトやポートワインは有名ですが、食事も最高。

わざわざガイドブックにあるようなお店を探して行かなくてもどこに入ってもハズレることは無い、と現地の人も太鼓判を押してます。しかもヨーロッパは物価が高いと思われがちですが、ポルトガルは物価も安く、もう本っ当に最高なんです。中でも、今回はポルトガルの首都であるリスボンで楽しめる観光地をご紹介します。

リスボン旧市街の街並み

 サンジョルジェ城からのリスボンの街並み

サンジョルジェ城からのリスボンの街並み

ポルトガルといえば路面電車とかわいい街並みを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。街中を歩いているとまるでタイムスリップしたかのような雰囲気を味わえます。坂道が多いので体力を考えてトゥクトゥクを利用する事をおすすめします。この旧市街の街中を路面電車が走る光景に慣れるまではカメラを手放せませんでした。

 トラム(路面電車)と一緒に

トラム(路面電車)と一緒に

サン・ジョルジェ城からはリスボンの街並みが一望できます。特に夕暮れ時は最高の景色を眺めることができます。夜も治安がいいので最低限の注意をして出歩いてみるのもいいでしょう。ライトアップされた街並みなど、また昼間とは違った雰囲気を感じることができるのではないでしょうか。

ペナ宮殿、いやディズニーの世界へようこそ

 シンデレラ城の元⁉ペナ宮殿

シンデレラ城の元⁉ペナ宮殿

リスボン郊外のシントラ地区にあるペナ宮殿ですが、これも女子受けする事間違いなしでしょう。黄色いかわいらしい外観はまるでディズニーの世界観に入り込んだかのような雰囲気に浸れます。それもそのはず。シンデレラ城の元になったのはドイツのノイシュバンシュタイン城と言われていますが、そのノイシュバンシュタイン城の元になったのがこのペナ宮殿なのです。

 メルヘンチックなペナ宮殿

メルヘンチックなペナ宮殿

宮殿自体もゴシックやマヌエル、イスラエル、ルネッサンスなど様々な建築様式がミックスされており、とても興味深い建物です。お城の中も以前より見学できるエリアが増えたので是非足を運んでみて下さい。

ペナ宮殿
エリアシントラ
住所Estrada da Pena, 2710-609 Sintra, Portugal
電話+351 21 923 7300
営業時間09:30-18:30
休館日1/1、イースター、5/1、6/13、12/24、12/25
入場料大人14ユーロ、子供(6~17歳)&シニア(65歳以上)12,5ユーロ
アクセス電車でシントラへ向かいシントラからバス(434番)
公式サイトhttps://www.parquesdesintra.pt/pt/parques-monumentos/parque-e-palacio-nacional-da-pena/
備考随時混雑してますが朝一は比較的空いてます。

荘厳なジェロニモス修道院

 歴史を感じるジェロニモス修道院

歴史を感じるジェロニモス修道院

ポルトガルの大航海時代を記念して建てられたこのジェロニモス修道院。見どころは美しい回廊です。この修道院は”マヌエル様式建築の最高傑作”とも称賛されており、この回廊部分にはあらゆる装飾が施されその繊細さには目を見張るものがありました。併設されたサンタ・マリア教会もとても素敵な教会で、有名なヴァスコ・ダ・ガマの石棺も安置されています。ただいつも混雑しており、チケット売り場にはかなりの行列に並ばなければならないので覚悟が必要です。ですがやはり行列に並んでも見る価値は十分にありました。

 周辺には同じく世界遺産のベレンの塔も

周辺には同じく世界遺産のベレンの塔も

このジェロニモス修道院の周辺には同じく世界遺産のベレンの塔や発見のモニュメントなどもあるので一緒に回るのが定番となってます。

ジェロニモス修道院

エリアリスボン
住所Praça do Império 1400-206 Lisboa, Portugal
電話+351 213 620 034
営業時間10時~18時30分(10~4月:10時~17時00分)
休館日月曜日、1/1、イースター、5/1、6/13、12/24、12/25
入場料大人:10ユーロ、 子供:無料(12歳未満)、 シニア:5ユーロ
アクセス市電15番でモステイロ・ドス・ジェロニモス(Mosteiro dos Jeronimos)
公式サイトhttp://www.patrimoniocultural.gov.pt/pt/museus-e-monumentos/dgpc/m/mosteiro-dos-
備考混雑回避には午前中のなるべく早い時間に訪問する事をおすすめします。

たそがれたいならロカ岬

 ここがユーラシア大陸最西端

ここがユーラシア大陸最西端

ロカ岬はユーラシア大陸最西端の岬、そして風の名所とも言われてます。ポルトガルの詩人カモンイスの詠んだ詩の一説「ここに地の果、海始まる」の石碑が建てられていて、それを実感できる景色が広がってます。一年のほとんどはモヤで覆われていてなかなかきれいな地平線を眺めることは難しいのですが、このもやがかった地平線もとても絵になって素晴らしかったです。

 最西端到達証明書

最西端到達証明書

こちらもかなり観光客で賑わっていますが、人の少ない午前中などに訪れて時間を忘れてのんびりと地平線を眺めるのもいいと思います。11ユーロ(2020年1月現在)で最西端到達証明書を発行してくれるので記念に作ってみてはいかがでしょうか。

ロカ岬
エリアシントラ
住所Estrada do Cabo da Roca s/n, 2705-001 Colares, Portugal
アクセスシントラからバス(403番)で約40分

ナタで寄り道

 焼きたての”ナタ”

焼きたての”ナタ”

ポルトガルでは”エッグタルト”は通じませんのでご注意を。ポルトガルではエッグタルトは”ナタ”です。日本でエッグタルトと呼ばれるようになったのはレシピを覚えたイギリス人がマカオにある自分のお店で”ポルトガル風エッグタルト”の名前で売り出したことがきっかけのようです。ということでやはりポルトガルに来たなら本場の”ナタ”を是非味わって頂きたいと思います。

 ナタ老舗店【Pastéis de Belém】

ナタ老舗店【Pastéis de Belém】

私が訪れたのは時間の関係上、1軒だけだったのですが出来れば色々なお店を巡って”ナタ”の食べ比べをしてみたかったです。ですが唯一訪れた1件のお店は老舗の【Pastéis de Belém】。門外不出のレシピで作られており、系列店などはなくこのリスボンのみ。近くにはジェロニモス修道院などの世界遺産などもあるので観光のついでに立ち寄るのが定番コースです。

Pastéis de Belém

エリアリスボン
住所Rua de Belém nº 84 a 92, 1300 – 085 Lisboa Portugal
電話+351 21 363 74 23
営業時間08:00-21:00 ※12/24,25,31,1/1は19:00迄。
定休日年中無休
アクセス市電「Mosteiro dos Jerónimos」で下車
予算1,15ユーロ~
公式サイトhttps://pasteisdebelem.pt/

カスカイスのビーチ

 カスカイス港

カスカイス港

ポルトガルのリゾート地として有名なカスカイス、古くからの漁師町でもあります。おしゃれな店やカフェが並び夏には観光客で賑わっています。私が訪れたのは1月だったため人もまばらで閑散としてはいましたが、天気も良かったせいか半袖で十分でリゾートの雰囲気を十分感じられました。有名なサーフスポットもあるのでヨーロッパ各国からサーファー達が訪れます。

カスカイスの市街地中心から1kmほどの海岸線に”地獄の口”と呼ばれる洞窟があります。波の浸食によってできたこの「海食洞」、岩が大きく口を開けたところに波が打ち付けられる様子は間近で見ると迫力があります。

地獄の口
エリアカスカイス
住所Av. Rei Humberto II de Itália 642, 2750 Cascais
アクセス電車でリスボンの「カイス・ド・ソドレ駅/Cais do Sodré」よりカスカイス駅へ。海沿いに徒歩で20分程。カスカイス駅からバスも出ています。

歌と演奏とおいしい食事を満喫☆民族歌謡ファド

ファド生演奏

ファド生演奏

イタリアのカンツォーネやフランスのシャンソン、ブラジルのサンバ、アルゼンチンのタンゴなどはよく知られていますがポルトガルにはファドがあります。ファドとは運命又は宿命を意味し、それを民族歌謡で表しています。どこかもの悲しい曲だと思われがちですが自分の町を称賛したりするような陽気なものもあります。

 民族歌謡ファドに酔いしれて

民族歌謡ファドに酔いしれて

ポルトガル歌謡ファドは「カーサ・デ・ファド」と呼ばれるファドレストランなどで聴くことができます。ディナーショーのような感じで美味しい食事と一緒に迫力のある歌と演奏を楽しむことができます。ポルトガルに訪れた際は是非堪能しましょう。

ファドレストランCafe Luso
エリアリスボン
住所Travessa da Queimada, n.º 10 1200-365 Lisboa
電話+351 213 422 281
営業時間PM19:30-AM02:00
定休日年中無休
予算40ユーロ~
公式サイトhttps://www.cafeluso.pt/en/

まとめ

リスボンは限られた時間の中で観光するにはコンパクトでとても適した場所です。今回はリスボンだけでしたが他にも魅力に溢れた都市がたくさんあります。次回は是非足を伸ばしてポルトガルの魅力を満喫したいです。

 

ペンギン案内人25号/和田 冴子

タイトルとURLをコピーしました