女一人旅をした私が厳選!バルト三国のオススメ観光地7選!

バルト海の秘境、キフヌ島へも訪問しました!

今まで幾度となく旅をしてきた私ですが、実は初めて一人旅をしたのがエストニア、ラトビア、リトアニアのいわゆるバルト三国と言われる国々。期待に違わない童話の世界のようにオシャレで可愛らしい街並みと治安の良さ、そして食事の美味しさは、実は女性の一人旅にもピッタリ!そんなこともあって近年人気急上昇中のバルト三国の国々ですが、今回は実際に私が訪れて素晴らしいと感じた観光地を7つに絞ってご紹介していきたいと思います。

可愛い街並みが広がるタリン(エストニア)

石畳が続くタリンのオシャレな街並み

バルト三国で最も北に位置し、フィンランドからフェリーでたった2時間という距離にあるエストニア共和国。その首都であるタリンは私たち日本人にはあまり馴染みのない街ですが、まるでおとぎ話のような中世の建物や石畳の道が残る美しい場所です。

聖オレフ教会から望むタリンの景色。本当におとぎ話の世界のよう。

街自体はそこまで大きくなく、歩いての観光が十分に可能。坂道が多いタリンの街歩きは少々体力を使いますが、それすら気にならないほど可愛らしい街並みに癒されるはず!街のシンボルである聖オラフ教会は、16世紀には世界で1番背の高い建物でした。250段を超える狭く急な階段を登ると、そこには旧市街を見渡せる展望台が。普段運動をしない私のような人間はまず間違いなく筋肉痛になるしんどさですが、それでも登る価値あり!街歩きをしている時とはまた違った角度から見るタリンに感動します。

伝統が息づく「生きた博物館」キフヌ島(エストニア)

歓迎のダンスをしてくれたキフヌの女性たち!

伝統文化の残るエストニアの小さな島、キフヌ島。わずか16㎢ほどしかないこの島は世界無形文化遺産にも登録されていて、女性たちが「クルト」と呼ばれる伝統的な赤い縞模様のスカートを身に着けることで知られています。ここキフヌ島に残る伝統衣装や音楽、手工芸品などは元々エストニア本土にもあった文化。それが時代と共に忘れ去られ、今ではこの地にだけ残る特別なものになりました。

夏は観光業に勤しんで冬にこのスカートを作るそう。色とりどりで可愛らしい。

とは言っても、キフヌ島の人々も流石に昔のように毎日そのスカートを身に着けているわけでもないようで、日本でいうところの着物のように、特別な日に履くものとして姿を変えています。私が訪れた際、言葉が通じないながらも伝統的な歌や踊りで温かく歓迎してくれたキフヌの女性たち。「生きた博物館」を体感しにキフヌまで足を延ばしてみては?

一度見たら忘れられない!十字架の丘(リトアニア)

リトアニアの郊外に突如として現れる迫力満点の十字架の丘

リトアニアの北部に位置する巡礼地、「十字架の丘」をご存知でしょうか。その名の通り、大小さまざまな十字架が建ち並び丘を形成している、ちょっと異様な観光地です。驚くべきはその数。百本や千本なんてものじゃありません。日に日に増え続けるおびただしいほどの十字架たちは今ではなんと10万本を超えるとまで言われており、一度見たら忘れられない強烈な印象を私たちに与えます。

どこを見ても十字架だらけ。これだけの数をどうやって数えたのだろう・・・

元々、ロシアの植民地であったリトアニア。この十字架の丘は、独立戦争で戦死したリトアニア人の家族が、死者に祈るために十字架を建てたことが始まりと言われています。一見すると不気味で、夜なんて絶対足を運びたくない雰囲気ですが、「もう二度と同じような悲劇を繰り返してはならない」という強い想いを私たちに訴えかける、平和の象徴とも言うべき丘なのです。

タイトルとURLをコピーしました