【ポーランド観光】中世の古都・クラクフと必見の近郊都市

 width=

現在の首都ワルシャワを東京に例えるならクラクフは京都と言えるでしょう。中世の佇まいをそのまま残し、歴史の重みを感じるままに旧市街散歩を楽しみましょう。重厚で華麗な雰囲気に圧倒されるヴァヴェル城、旧市街のどまんなか、中央広場を綺麗に飾られた馬車が聖マリア教会や旧市庁舎前を通る様は、まるで精巧に造られた映画のワンシーンを観ているようです。クラクフ近郊にはナチスドイツのアウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所、また、地下宮殿のような巨大なヴィエリチカ岩塩坑にお手軽に日帰り観光が可能です。

絶対行くべきアウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所

 width=

私たちはこれまで、アウシュビッツの歴史に幾度となく触れてきました。 アンネの日記を小学校で学び、その後は、ドラマや映画などで断続的に接し続けています。 「ホロコースト」、「戦場のピアニスト」、「シンドラーのリスト」、「ソフィーの選択」など、アウシュビッツ強制収容所をテーマにしたドラマや映画が多数制作されました。 日本でも命をテーマにした小説「白い巨塔」が著されたように世界中にアウシュビッツ関連の文献があります。

 width=

クラクフにあるアウシュビッツ博物館は、その歴史を実際に自分の目で確かめることができる場です。あまりの悲惨さに目を覆ったり頭を抱えたり、心が躍らない気持ちになるかもしれませんが、二度と繰り返してはならない人類の負の遺産に触れられる貴重な体験となるでしょう。

今でも地下礼拝堂でミサが行われるヴィエリチカ岩塩坑

 width=

かつて白い金と呼ばれ巨富をもたらした岩塩の採掘場がクラクフ郊外にあります。そこには100%塩で造られた地下礼拝堂があり今でも日曜日にミサが行われます。300mもの深さ、2000か所以上もの採掘場が残され、まるで地下宮殿のようでもあります。名もない坑夫が彫り上げたという岩塩彫刻も多数残され古代遺跡と勘違いしてしまうほどの芸術的な価値も見出すことができます。

 width=

見学できるルートは極一部ではあるものの見応え十分な地底の旅となるでしょう。このヴィエリチカ岩塩坑は、1978年に世界で初めて登録された12か所の世界遺産の中のひとつで同じポーランドのクラクフの旧市街と共に認定されました。

クラクフの繁栄ぶりがうかがえる旧王宮と博物館

 width=

ヴァヴェル城の主な見どころのひとつに旧王宮と博物館があります。何世紀にも渡り増改築を繰り返してきたので、ロマネスク様式、ゴシック様式、ルネッサンス様式といった、その時代の様々な建築様式が混ざった興味深い建造物となっています。内部は個人で見学することもできますが、ガイドツアーでのみ入場できる部屋もあるのでガイドツアーに申し込むのがよいでしょう。

 width=

16~17世紀の王宮を再現した豪華な王族の部屋や王様はじめ王家の肖像画などが見られるほか、フランドル地方(現在のベルギー)で作られた100枚以上にも及ぶタペストリーは必見です。プラハやウィーンと並び文化の中心として栄えたクラクフの生き生きとした繁栄ぶりを見ることができます。

タイトルとURLをコピーしました