フランスで最も美しい村ベスト10

穏やかに流れるロット川と緑が織りなす田舎の景色

ヨーロッパの中でも長い歴史を持つ大国フランス。今回はそんなフランスの都市部ではなく、のどかな村の風景を味わって頂けるよう、数多くの魅力的な村の中から10個厳選しました。村めぐりで見えてくるフランスの歴史と宗教の関係性、独自の土地利用、突出した建築技術や様式の多様性。もちろん美味しいグルメやワインも外せません。実際に訪れる前に、そんなちょっとした知識を持っておくことで理解の幅が広がります。十字軍の歴史、童話のような雰囲気、村に伝わる伝説・・・。現代社会から少し離れて、古の世界に触れてみませんか?

静かに燃える炎が見える?赤に染まる村ルシヨン

太陽の傾きでめまぐるしい色合いの変化を楽しめる

焚火の炎のように落ち着いた、なじみの良い赤色の家屋が印象的な南仏プロヴァンスのルシヨン。美しい村が集まるリュベロン地方に位置します。列車とバスを乗り継ぐか、タクシーや貸切専用車の手配もおすすめ。ルシヨン独特の赤に染まる景色は、ローマ時代から使用されていた天然のオークル(赤土)によって形成されています。オークルを利用した顔料は、18世紀の塗料産業の発展に貢献しました。

紫のラベンダーが南仏らしさを醸し出す

オークルを使った産業は科学技術の発展で衰退しますが、オークルと漆喰で作られたペンキで村の家や教会の壁を塗ると、その美しい景観によって観光業が発達します。雑貨屋が多く、ラベンダー等のハーブを売る店もあって南仏の雰囲気が漂います。また、黄昏時の夕陽に染められてよりオークルの赤が濃くなる時間帯は必見。温かな「炎」に包まれた村の光景はきっと忘れられません。

高難易度の迷路コースを攻略せよ!ゴルドの村巡り

カタツムリの殻のように連なる村の景観を一望!

岩の上に建つ村の中でも生粋の美しさを誇るプロヴァンスの村ゴルド。ルシヨンと同じくリュベロン地方にある代表的な村です。映画の舞台としても使われており、同地方の中でも特に人気の場所です。岩だらけのカラヴォン谷の頂上には、16世紀ルネッサンス時代の城塞(シャトー)がそびえ建ち、そこから渦を巻くカタツムリの殻のように家々が並んでいます。

迷路のように入り組んだ石の道は差し色の緑が和やかさを添えている

難攻不落の城塞都市ともいえるゴルドの村は、迷路のように入り組んでいて散策のし甲斐があります。また、この村にあるシトー会派のセナンク修道院はラベンダー畑の景勝地としても有名です。初夏の時期には淡い紫色が地を埋め尽くして咲き誇る豊かな景観を堪能できます。崖の上に佇む神秘的な村の景観を楽しむのも良いですが、村の高台から見下ろすと点在するブドウ畑やリュベロンの自然あふれる山並みも絶景です。

十字軍の目的は果たされたのか?歴史都市カルカソンヌ

「カルカソンヌを見ずして死ぬな」と讃えられるほど有名な城塞都市

アルビジョワ十字軍の拠点となった世界遺産都市カルカソンヌ(カルカッソンヌ)。カルカソンヌのあるオード県は、「カタリ派」という宗派の里でした。この地方のアルビという都市を中心に活動していたために「アルビジョワ派」という異名を持ちます。当時人気を集めたカタリ派に脅威を感じたカトリック教会が十字軍を指揮し、カタリ派は1321年に悲劇の末路を辿ることとなりました。

城壁から城下ののどかな景色をゆっくりと眺めるのも一興

中世の重要な歴史を持つカルカソンヌではヨーロッパ最大級の城壁が残り、この城壁内を「シテ」と呼びます。各門から入って自由に散策出来ます。特にサンナゼール・バジリカ聖堂内部のステンドグラスは南仏でも有数の美しさを誇ります。また、重厚な壁で守られたコンタル城は必見!城壁からは風光明媚な景色を楽しめます。夜はライトアップされ、一気にロマンチックな雰囲気に!

タイトルとURLをコピーしました