大感動!ヨーロッパアルプス 絶景ベスト10

マッターホルンを目の前にした理想的なアルペンリゾートがリッフェルアルプ

マッターホルンを目の前にした理想的なアルペンリゾートがリッフェルアルプ

ヨーロッパのアルプスと言えば誰もが思い浮かべるスイスアルプス。ツェルマットにグリンデルワルトなどなどアルペンリゾートはたくさんあります。そしてアルプスはスイスだけではないのです。モンブランの観光の拠点シャモニーはフランス側にあり、マッターホルンの裏側はイタリア側のリゾートです。今回は意外に知られていないヨーロッパのアルプスの穴場的見所ベスト10を、ペンギン案内人2号が独断を交えてご紹介します。ちょっとアルプス通になっていただきましょう!

車が走らない静かな桃源郷ミューレン村(スイス)

私の一押しホテルが「ホテルアイガー」ホテルからの風景がこんな感じ!

ヨーロッパアルプスの中で一番のお薦めはどこ?と訊かれたら、私は迷わず一番好きなスイスのミューレン村と答えます。列車とロープウェイを乗り継いで、標高1600mの村に着けば、ここがスイスで指折りの絶景スポットだとわかります。目の前に聳えるアイガーの絶壁、メンヒやユングフラウの雪山がスイスで指折りの絶景を作り上げています。村の小道をそぞろ歩けば、木造りのシャレーの窓辺にカラフルな花々が飾られ、スイスを絵にかいたような憧れの風景が広がっています。

ミューレン村の夜明けのシーン。ホテルの部屋から目の前にこんな風景が

大きなアルペンリゾートと違い、滞在する観光客がそれほど多くないのと、車がシャットアウトなので静かな点がミューレンの良さのひとつです。周辺でお花畑を眺めながらのハイキングを楽しんだり展望台に登ったり、生涯の思い出になるほど素敵な体験となりました。
できれば2-3泊してのんびりするのがお薦めです。私がかなり気に入って今までに3回泊まった大好きな「ホテルアイガー」。目の前に広がるパノラマに大感動の連続でした。

マッターホルンを独占する幸せな場所リッフェルアルプ(スイス)

お部屋からホテルのテラスレストランを望む。料理の味もかなり美味

スイスの3大名峰のひとつマッターホルン。この山を見るにはツェルマットに滞在するのが一般的です。でもツェルマットから見上げても山は近くありません。登山電車に乗って山に近付くことは可能ですが、日帰りだとつまらないので、ここは山岳ロッジに泊まることが必須です。途中駅のリッフェルベルクや終点のゴルナーグラードにもロッジはありますが、私の一押しはリッフェルアルプ2222です。標高2222mに位置するのでこの名が付きました。この高度だと泊まっても高山病の心配はまずないのです。

ホテルの周辺でのハイキングルートはいろいろ。山を見ながら簡単に歩けます

駅に着いたら専用の赤いトラムがお出迎え。ホテルでは必ずマッターホルン側の部屋を取りましょう。1日中部屋にいても飽きないほど素晴らしいマッターホルンの雄姿を堪能できます。ホテルの温水プールで山を眺めながらひと泳ぎしたり、周辺をハイキングしたり。泊まる人は少ないので、早朝起きてハイキングをしたら山もお花畑も独り占め。これ以上の贅沢は思いつきませんでした。

日本人にもお馴染みのグリンデルワルト(スイス)

ホテルのテラスレストランでチーズフォンデュはいかが?

グリンデルワルトは日本人もよく知っているスイスのアルペンリゾートです。夏のシーズンには観光客でかなり賑わいます。歩いても1時間もかからない村と呼んでもいいほどのメインストリートに沿って、スイスらしく可愛らしいシャレーのホテルや土産物店や郷土料理のレストランが軒を連ねています。

グリンデルワルドからロープウェイで直接フィルストの展望台へ行けるので便利

村の周りには大自然が広がり、花畑に囲まれたハイキングコースや、パノラマ展望台、神秘的な氷河に雄大な峠など、まさにスイスの理想的な風景が日帰りで堪能できるのです。外せないのは登山電車で行くユングフラウヨッホの展望台。夏の真っ盛りで町では暑くても、山頂は一面の氷の世界。冷蔵庫に入ったみたいに寒いので避暑にも最適です。
またロープウェイに乗って標高2184mのフィルストの展望台へ。大迫力のアイガーなどのパノラマを楽しみ、ハイキングもできるので私はここがお気に入りのスポットです。

タイトルとURLをコピーしました