美しい自然も珍奇な住居も貴重な遺跡も!南イタリア旅の多彩な見どころBest7

ナポリのサンタルチア港から遠望するヴェスヴィオ(ベスビオ)火山

我々日本人のイタリア人に対するイメージである「陽気で楽観的で社交的で情熱的な」という形容詞は、実は南イタリアの人たちにこそあてはまる言葉で、「南イタリアが最もイタリアらしいイタリア」と言えると思います。
そんな南イタリアは旅して観光すべき見どころの宝庫。美しい海岸や山々、何とも珍しい家々、歴史を凍結して残してくれたような遺跡など、様々なポイントが世界中の人々を魅了しています。中でもとっておきの見どころ7つ(シチリア以外の)を紹介していきます。

とんがり屋根がカワイイ!アルベロベッロのトゥルッリ

とんがり屋根のかわいいアルベロベッロの街並み

この十数年、南イタリアで注目を集め世界中の観光客を呼んでいる、かわいいトゥルッリの町アルベロベッロ。トゥルッリはこの地方の伝統家屋で、白壁に平たい石を積んで作った円錐形の屋根を載せた家です。アルベロベッロは小さな町ですが、このトゥルッリが密集して立ち並んでいるので、おとぎ話に出てきそうなその景観に誰もが目を奪われます。
街の中心から北西方向に歩いていくと、現在はトゥルッリの博物館となっている「トゥルッロ・ソヴラーノ」がありトゥルッリの生活風景などが展示されています。

ホテルとして使われているトゥルッリの室内

ここに泊まるなら、やっぱりトゥルッリがおススメ。グレーの石造り屋根に白い壁が冷たい感じで部屋は小さく狭いように見えますが、泊まってみたら大違い。普通の一軒家ほどの広さがあって、自炊が出来るキッチン付きも多く、家庭的な温かさを感じられる居心地の良さです。

巨大なすり鉢状のマテーラは洞窟住居が並ぶ不思議な町

巨大なすり鉢のような斜面に広がるマテーラ旧市街のサッシ群

マテーラ旧市街はサッシ(石・岩の意味)と呼ばれる洞窟住居が、巨大なすり鉢のような斜面に広がる、少し奇妙で不思議な景色が見られる町です。
ここの洞窟には旧石器時代から人が住むようになったのですが、中世頃には多くのギリシャ正教の修道僧が暮らすようになり町の姿を現しました。しかし時代を下ると、洞窟住居は貧しい人々ばかりが住む地区になっていき、1950年代には住環境が悪化、衛生状態もひどいことから住民は強制移住させられました。
しかし、現在は洞窟の住居や教会などが歴史的文化的に見直され、世界遺産にも登録されて他にはない魅惑的な住居群として観光客が集まる町になりました。

洞窟住居内部の例

この町ではサッシホテル(洞窟ホテル)に宿泊することがおススメ。洞窟住居の雰囲気を味わえますし、傾斜地に広がる町並みが夕陽に照らされ赤く染まっていく風景も楽しめることでしょう。

情熱的であきれるほど明るく、しかも歴史的な街ナポリ

ナポリ中心街スパッカ・ナポリの通り

ローマ・テルミニ駅から特急列車で1時間あまり。ナポリは南イタリアの陽光のように情熱的で、あきれるほど明るい人々が暮らす町です。
ナポリ歴史地区は世界遺産に登録され、王宮とプレビシート広場、大聖堂(ドゥオモ)、サンタ・キアラ聖堂、ヌオーヴォ城など見どころがそろっていて観光には何日かかることか。また卵城やサン テルモ城から眺めるナポリ湾とヴェスヴィオ火山の景色や、ショッピングモールのウンベルト1世のガッレリアも見逃せません。できれば国立考古学博物館やカポディモンテ美術館も見学されることをお勧めします。

ナポリ王宮の内部

忘れてならないのがナポリはマルゲリータの発祥地でピザの本場だということ。ポモドーロのパスタもさることながら、街じゅうにたくさんあるピッツァリアで、目の前の専用窯で焼き上がったばかりのおいしいピザを味わうこと、必須です。

タイトルとURLをコピーしました