ユーラシア大陸の西の果てポルトガルは魅力たっぷり!おすすめの行き先Best10

ユーラシア大陸最西端のロカ岬。大西洋へ突き出す大陸の先端。

大西洋に向き合って、かつての大航海時代には大海原に乗り出していった歴史を誇るポルトガルは、ヨーロッパの中でも歴史情緒のある町や家並みと石畳が美しい村など、見どころがたくさんあって、しかもそのどこもがホントに楽しめる国です。今、世界中の旅好きな人からの注目度がどんどんアップしています。
ポルトガルの魅力の一つはおいしいワインと日本人好みのシーフード、さらにスイーツも。それに何と言っても世界でも指折りの治安が良い国であること。安心して旅を楽しめます。

なんだ坂こんな坂、めげずにリスボンを歩こう。

ケーブルカーはもちろん、レトロな市電も急な坂を登ったり下ったり。

リスボンの旧市街は坂ばかりでかつ石畳なので、コロ付きの荷物を引いて歩くのは大変。でもめげずに坂道を登って歩くとこの街のおもしろさが見えてきます。歩き疲れたら有名な市電に乗りましょう。美しい石畳の狭い曲がりくねった道をガタゴト走り、急坂を懸命に登って行ってくれます。もっと急な坂にはケーブルカーが登り下りしています。
旧市街にはロシオ広場、サンタ・ジュスタのエレベーター、カテドラル、サン・ジョルジェ城など見どころがいっぱい。坂に負けず歩き回りましょう。

ベレン地区にある発見のモニュメント

リスボン中心から6kmほど西、べレン地区には16世紀大航海時代に建てられ、壮大な規模、見事な装飾のジェロニモス修道院と、その時代の要塞兼税関兼灯台であったというベレンの塔という2つの世界遺産があり、冒険航海に乗り出した人々を讃える「発見のモニュメント」と共に、一大観光ポイントを成しています。

大西洋に近いシントラは『この世のエデン』と呼ばれる町

シントラ王宮

リスボンの西北西28㎞にあるシントラは、1995年に世界遺産に登録されたかつての王家の避暑地です。山あいの森の中に王宮や宮殿、城跡などが姿を現していて、詩人バイロンが「エデンの園」と讃えた所です。
王宮の「白鳥の間」や「紋章の間」など豪華な部屋の数々と、ペーナ宮殿の世界中から集められた植物の森にそびえる色とりどりのテーマパークのような建物は必見。町を見下ろすムーアの城跡に登ったり、深い竪穴と洞窟のあるレガレイラ宮殿などなど、見どころは尽きません。

ペーナ神殿とその中庭

シントラからは、夏場のみの名物路面電車で大西洋沿岸の白砂ビーチに行ったり、ユーラシア大陸最西端のロカ岬にバスで行き、岬に立って地の果ての感慨にふけったり。
リスボンから通勤電車で簡単に往復でき、日帰り旅行には絶好の観光ポイントです。

城壁を周回できる「谷間の真珠」美しきオビドス

町をグルっと囲う城壁の中にあるオビドス旧市街全景

リスボンから約70km北にあるオビドスは、城壁に囲まれ「谷間の真珠」と呼ばれる小さなかわいい町です。青や黄色の装飾が施された白い家々、狭い路地、整った石畳など、絵のように美しい町で、その起源はローマ帝国の時代ということですが、キリスト教徒がイスラム教徒から支配を取り戻した12世紀から今の町が形作られました。
町を囲む城壁は、その上を歩いて4~50分で巡ることができ、中世の面影が残る町の内外を眺めながらの散策がとても楽しいです。ただし、柵も何も無いのでスリリング!落ちないよう要注意です。

町を東西に貫く通りで名産のサクランボを漬け込んだ酒ジンジャを売る店

小さな町を東西に貫くディレイタ通りにはレストランやおみやげ屋さんが軒を並べ、見て歩くだけでも楽しいひとときを過ごせます。中でもおすすめはサクランボを漬け込んだ酒ジンジャ。試してみてほしい味です。

タイトルとURLをコピーしました