日本人の知らないクロアチアーイストラ半島ー

ロヴィニィの街並み
ロヴィニのラベンダーショップのスタッフ

ロヴィニのラベンダーショップのスタッフ

私はピアスが大好きで、いろいろコレクションを持っています。石の美しいピアスももちろん好きですが、安くてもデザインがお洒落なものも多く愛用しています。中でもお気に入りがレモンやオレンジ、スイカをスライスした可愛いピアスです。とりわけレモンのスライスは世界中どこでも受けがよく、皆が指さして笑うので会話が弾みます。どこで買ったの?と訊かれてクロアチアと答えますが、イストラ半島のロヴィニの町とまでは答えません。その地名を知っている人はいないからです。クロアチアと言えばドブロヴニクやザグレブ、スプリットなどは知られていますが、イストラ半島へ行く人はまだ少数だからです。
南北に長い国クロアチア。実は中部や南部に行くだけではクロアチアという国を完全に理解することはできません。かつてベネチアと文化を共有した北部クロアチアのイストラ半島。ここは町並みも文化も料理も全てイタリアの影響を受けてきました。だからこそ、クロアチアの中でも美しい旧市街に洗練されたお洒落な街並みが見つかり驚かされるのです。

イストラ半島ってどこ?

ポレチェの町並

ポレチェの町並

アドリア海に面し北部に突き出す小さな逆三角形のイストラ半島。同じく紅海に突き出すエジプトのシナイ半島と形が似ているなあと思い出しました。南北に細長いクロアチアの北西部の端に位置し、北にはスロベニアと国境を接し、スロベニアを越えてすぐイタリアに入ります。イタリアで近くにある町がトリエステ、そこから西へ走ればベネチアも遠くありません。

ラベンダーのグッズはお土産にも最適

ラベンダーのグッズはお土産にも最適

地図を見ていたら気付くはずです。イストラ半島へ旅するなら、首都ザグレブからアクセスするより、むしろベネチアから入っていくのが近いことがわかります。クロアチアのほかの見どころを周遊してからイストラ半島へ入る場合も、イストラ半島の観光を終えたら、北上して美しい要塞都市スロベニアのピランも訪問した後、イタリアへ入ってベネチアに抜けます。そしてベネチアから帰国するというルートが効率よく、ザグレブなどへ戻る必要は一切ありません。

イストラ半島の魅力

ベネチアのマルディグラを思い出す仮面の飾り物

ベネチアのマルディグラを思い出す仮面の飾り物

イストラ半島。ここはかつてベネチアと文化を共有してきました。町並み、文化、料理など、すべてイタリア、ことにベネチアの影響を受けてきました。実はイストラ半島の人口のうち8%はイタリア系の住民が今も住んでいるのです。アドリア海の中世都市ロヴィニィ、ローマ時代の円形競技場の残るプーラなど、日本人が訪れることの少ない観光地がたくさんあるのです。
アドリア海に面した旧市街の町並は情緒たっぷりで、古い建物がセンス良く改装されて、オシャレなブティックやアクセサリーショップ、お土産物店、カフェやレストランなど、散策するだけで楽しいところなのです。

ロヴィニはリゾート地でもあり、きれいな海が目の前に

ロヴィニはリゾート地でもあり、きれいな海が目の前に

クリスタルのような輝きを見せる海、のどかな田園風景、豊かな海の幸。幸せを感じる旅が待っています。
イストラ半島はトリュフの名産地として知られています。イタリアなど他のヨーロッパの国々より安くでトリュフ料理を味わえるのも嬉しいところです。特に半島の内陸部に位置するモトヴンは回りをトリュフの森に囲まれた名産地。
ベネチアに近くイタリア料理も本場さながらの本格的なもの。オリーブオイルの産地もあったり、食材の良さは料理を美味しくしてくれるので、イストラ半島の旅でグルメは大きな楽しみとなるはずです。

こんなお洒落な町が!!ロヴィニ(ロヴィニュ)

私のお気に入りの1枚がこのショット

私のお気に入りの1枚がこのショット

アドリア海に面した港町ロヴィニ。イストラ半島を旅する時は外せない町です。冒頭でレモンのピアスを見つけた思い出の地もこの町。海辺にセンスのいいアトリエ風ブティックが並び、手作りの小物とアクセサリーをお土産に売っているお店で見つけました。フルーツのデザインのピアスのほかにも薄い貝殻の大ぶりのピアスなどが並んでいてどれも欲しくなるほど可愛かったのです。
近くにはラベンダーのグッズを売るお店やオリーブオイルのお店もありました。
教会の尖塔がそびえるのも絵になる風景。回りの建物もコロニアルカラーで少しイタリアのポルトフィーノやチンクエテッレなどの町並に似ているのでした。アドリア海のブルーと織り成す見事な風景、新旧ミックスした不思議な空間がこの町の魅力なのです。シーフードやピザリア、グリルの店も軒を連ね、1日中ブラブラ食べ歩きしても飽きない町なのです。

こんなところで食べるランチ、最高!

こんなところで食べるランチ、最高!

私たちが見つけた港に面したオープンテラスの大きなレストランが「コパカバーナ」。パラソルの下で海を眺めながらのランチは最高のひと時です。頼んだピザ・フンギ(キノコのピザ)は最高の味。さすがはイタリアが近いと再認識します。大好きなウィナーシュニッツェルはここでも美味しい。すごいボリュームのツナサラダ、デザートにバナナスプリット。ビールも飲んでスープも頼んで、カプチーノも飲んで、3人で約6000円。これは価値があるランチでした。
モダンなヨットハーバーにはセレブが集い、優雅な空気が流れるリゾート地でもあるロヴィニ。港の背景に望む旧市街は中世の趣きが感じられる絵葉書のように美しい世界。イタリアと繋がりが深いこの町の歴史は古く、ローマ時代は「ルビニウム」と呼ばれ、16世紀のヴェネチア共和国時代に発展を遂げました。岬の部分が要塞となり、今なおその城門が残されています。
ロヴィニの町は遺跡の残るプーラの町と世界遺産の大聖堂の残るポレチェの町のちょうど中間に位置しています。

タイトルとURLをコピーしました