心に残るスコットランドのお薦め観光スポット

ネス湖とアーカー城
スカイ島の風景

スカイ島の風景

旅の思い出がいつまでも心に残っていることがあります。どんなに古い出来事も、それは宝物のように心の中に潜んでいて、時々思い出しては心がホンワカ温かくなるような・・・。
私にとってはスコットランドの旅がそうでした。ハイランドの島でそれは起こりました。それは一生忘れられない思い出となったのです。私は車の運転ができません。そのためにスカイ島で体験できたこのことを思えば、レンタカーを借りられなくてむしろ良かったと今も思います。スコットランドはどこへ行っても人が優しい、とりわけ田舎では驚くほど親切で、風景はのどかで美しいところです。今回は行ってみるときっといい思い出ができる、そんな場所をご紹介します。
これから旅立つあなたにとっても、スコットランドの旅が心に残るものとなりますように。

優しいマーガレットおばさんの思い出のスカイ島

荒涼としていてもどこか優しい不思議なスカイ島の風景

荒涼としていてもどこか優しい不思議なスカイ島の風景

スコットランドで一番好きなところは?と訊かれたら、私は迷わずスカイ島と答えます。スコットランドの北東部に浮かぶ島で、ここにはスコットランドを凝縮したような風景があるのです。黒々とした切り立った岩山が聳え、一面に焦げ茶色の灌木と緑の木々が荒涼とした風景を生み出しています。海が深い入り江を作り、湖が海とも区別できない姿であちこちに存在します。こげ茶色の寂し気な風景も、よく見ると黄色い小花が咲いていたり、あちこちに可憐な花々が咲き誇っています。湖水地方のようでもあり、アイルランドのようでもあり、でもどこか違う。スカイ島にしかない自然の表情・・・これは一種の辺境感かもしれません。
そんなスカイ島は私にとって一生忘れられない思い出がある島なのです。
私は若い頃1人で取材のためこの島へ来たことがあります。車の運転ができないので、列車で対岸の町に着いて、フェリーで渡って上陸し島めぐりをするためにタクシーを探していました。

スカイ島最大の町ポートリーのカラフルな街並み

スカイ島最大の町ポートリーのカラフルな街並み

当時島にはタクシーは1台しかなくて、電話で呼んでもらったところ、ちょうど小学生の送迎の仕事が入っているので難しいとのこと。何とかなりませんかと泣きついたところ、親戚の人に仕事を任せて来てくれたのです。その人はマーガレットさんと言う優しいおばさんドライバーでした。島の観光をしてくれて、帰りは暗くなったころ一緒にフェリーに乗って、私が予約をしている彼女も行ったこともない対岸のホテルを探し廻って、私を送り届けてくれたのでした。島の人の優しさに触れた出来事があって、私はスコットランドが大好きになり、スカイ島は私にとって最高の旅の思い出の地となったのです。
時が経ち、久しぶりにスカイ島へ行ったときに、マーガレットさんを探したいと思いました。偶然乗ったタクシーのドライバーにダメもとで彼女の話をしたら、なんとその人はマーガレットさんの甥っ子さんだったのです。マーガレットさんは12年も前に他界されたとか。ドライバーさんは私の話を聞いて、感動のあまり手が震えていました。叔母さんが困っている日本人の旅人を助け親切にしたことを知って、甥っ子として誇らしく嬉しかったようです。奇跡のような偶然は、やはりスカイ島だから起こったような気がしています。私は今でもマーガレットさんを思い出すと涙がこぼれてしまいます。

スカイ島に行くなら泊まりたい「キンロッホロッジ」

自然の中に溶け込んでいるチャーミングなホテル

自然の中に溶け込んでいるチャーミングなホテル

マーガレットおばさんのタクシーでスカイ島を駆け巡った時の風景は忘れ難いものでした。荒涼とした大地に黄色い花が咲き、羊の群れがいる印象的な風景の島でした。その時たまたま立ち寄った小さなホテルがありました。可愛い外観なので取材がしたくて飛び込んだのですが、不意の来客なのにホテルのマダムはにこやかに迎えてくれ、香り高い紅茶と自家製クッキーでもてなしてくれたのです。本当に素敵なインテリアのラウンジで、夏でも冷えるので暖炉の灯がともっていました。温かいもてなしに、身も心もほかほかになりました。紅茶の美味しさも忘れられません。
そのホテルの名は「キンロッホロッジ」。その後長い年月の間に、そのホテルはスカイ島でナンバー1のスモールラグジュアリーなオーベルジュとなっていました。そこの料理はミシュランの星も獲得していて、グルメ目的のゲストも多いそうです。
2回目にスカイ島を訪れた際、私は迷わずこのホテルに滞在しました。やっぱり暖炉のあるラウンジは記憶のとおり素敵ですが、全体にもっと立派に美しく生まれ変わっていました。
ヘリで食事をしに来るセレブなゲストもいるそうで、広い庭にはヘリポートも完備していました。ちょうど私が泊まっていたときにヘリが2機やってきていました。でもここは町からヘリで来てあくせく食べて帰るのでなく、もっとのんびりするところですけど・・と言いたかったです。
実際、スカイ島には初心者向きからいろんなタイプのハイキングが楽しめるスポットもあって、ここならではの大自然を満喫するには3泊位したいところです。

暖炉のあるドローイングルームと呼ばれるラウンジ

暖炉のあるドローイングルームと呼ばれるラウンジ

食事の際、スタッフの対応もフレキシブルで、お腹が空いてないので5コースや7コースのメニューが多すぎるというと、3コースの軽いものにアレンジしてくれました。メインはスコットランドらしくハト肉と付け合わせがブラッドプリン(血のプリン)などが出たりもするので、ユニークな名物にトライしたい人にはうってつけです。私は前菜やスープなどをたっぷり頂き、メインはビーフやポークに変えてもらったり、食べられない日はパスしたりも。
朝食は搾りたて爽やかなオレンジジュースから始まり、なんといっても焼きたてのスコーンはサクサク、カリッ、フワーリでほの甘く上質なバターのいい香りもして最高の逸品。このホテルのアフタヌーンティーではこのスコーンにラズベリージャムやホイップクリームを付けて食べるのです。
朝食ではほかにオムレツ、ヨーグルト、フルーツサラダ、クロワッサンなど他のパンも楽しみました。
一度、雨上がりに周辺を散歩していたとき、泥に足を取られてスニーカーがドロドロに。困っていたら、ホテルの若い男性が「大丈夫ですよ、僕がやりましょう」と嫌な顔一つせず、水を汲んできてブラシと布とスポンジで、スニーカーをピカピカにきれいにしてくれたのです。忙しいディナーの前に親切にも助けてくれたことに感謝してチップを渡そうとしたけれど、当たり前のことのようにまったく受け取ることもなかったのです。親切で素晴らしいホスピタリティーを感じたホテルなのでした。

スコットランドの首都エジンバラの魅力とは?

カールトンヒルに建つナショナルモニュメントの神殿

カールトンヒルに建つナショナルモニュメントの神殿

スコットランドの首都であり古都であるエジンバラ。世界中の首都の中でも、この町は圧倒的に迫力ある美しさを持っています。とりわけ旧市街は、いるだけで中世の歴史の中に放り込まれたような気分に浸れる町。旧市街には古い町並が集まり、それでも古い18世紀以降に建てられたニュータウンとの対比もユニークで、両方まとめて世界遺産に指定されているのです。
まずは石段を昇ってカールトンヒルからエジンバラの町並みを一望します。エジンバラ城の壮麗な姿も一望のもとです。
町に降りると、ロイヤルマイルを目指します。西はエジンバラ城から東はホリルードハウス宮殿までの約1マイル(1.6㎞)の通りがロイヤルマイルと呼ばれているのです。エジンバラ城と、ホリルードハウス宮殿は必見です。とりわけ宮殿の外にあった廃墟のように荒れ果てた天井もない修道院の物悲しい風情に魅了されました。

ホリルードハウス宮殿

ホリルードハウス宮殿

観光の合間にロイヤルマイルのそぞろ歩きが楽しみです。カフェやパブ、レストラン、土産物店、ブティックなどが軒を連ねています。バグパイプを演奏する人やユニークな大道芸人がいたり、観光客で賑わっています。歩き疲れたらパブで1杯ビールなど飲みながら軽食のランチもおすすめです。
スコットランドでのお薦めのお土産はセーターやマフラー。エジンバラにはたくさんのお店があるので選び放題です。スコットランド製のラムウールの素敵な色柄のマフラーも4本買えば28ポンド(約4300円)とお手頃なお土産になりました。
個性的でおしゃれなピアス屋さんを見つけて、早速飛び込み、2つほどゲット。24ポンドで買った黒地でピカピカ光るハート形のピアスは今もお気に入りの一品です。
中国人がやっている日本食レストランでは、土地柄すごく新鮮な本場スコティッシュサーモンの寿司や大ぶりのエビの天ぷらなどリーズナブルな料金で楽しめました。

タイトルとURLをコピーしました