本当はすごい!!シベリア3大都市!

シベリアの中心部にある古くから民に愛されてきた湖バイカル湖

ロシアのウラル山脈以東、ベーリング海までの広大な地域を「シベリア」と呼びます。冬はマイナス50度以下にもなる寒さが厳しい北部に都市は少なく、南部を横断するシベリア鉄道に沿うように大都市が点々としています。中でもイルクーツク、ハバロフスク、ウラジオストクは急速に外国人観光客も増えており、いわゆるロシアの大都市モスクワ、サンクトペテルブルグとは全く違う「シベリアの都市」として今後も期待したい大注目都市です!

成田から最短距離のヨーロッパ「ウラジオストク」

モスクワまで結ばれているシベリア鉄道の起点「ウラジオストク駅」

ウラジオストクは旅人の憧れシベリア鉄道の起点となる町。19世紀後半には日本人も住んでいましたが、ソ連時代にはそれもなくなり、領事館が復活したのが1991年のソ連解体後となります。2020年には日系航空会社の運航が開始され、ガイドブックも作られ密かにブームとなっています。

日本から一番近いヨーロッパ・ウラジオストクの街並み

私がウラジオストクに初めて訪れたのは2015年。当時はまだ日本人観光客も少なく、レストランも外から中の様子が見えなく女子一人では入りにくい雰囲気でした。それが今ではオープンエアのレストランやバー、ショップも増え、開放的な雰囲気に。ビザも手軽に取得出来る様になるなど、これは行かずにはいられないですね。ピロシキの食べ歩き、オシャレなレストランでの料理教室、シベリア鉄道の試乗など出来れば3泊したい極東ヨーロッパの町です。

中国国境アムール川河畔に開かれた美しい町ハバロフスク

メインストリートにはデパートやレストランが立ち並び、散策も楽しい!

シベリア鉄道停車駅の一つハバロフスクは計画された基盤状の美しい街です。メインストリートのムラヴィヨフ・アムールスキー通りはレーニン広場からアムール川へと続き、通りの両脇にはデパートやショップ、レストランが並びます。街の見どころはアムール川沿いに多く、白亜のウスペンスキー教会、金のドームが美しいスパソ・プレオブラジェンスキー大聖堂、郷土資料館などがあります。

冬には完全に凍結してしまうアムール川 対岸には中国領が見渡せます。

ハバロフスクを訪れるなら夏がおすすめ。それはメインでもあるアムール川遊覧を楽しめるのが夏の間だけだからです。オホーツク海と繋がるアムール川は、対岸が中国領となる境界でもあります。川が完全に凍結してしまう冬はマイナス20~30度前後の世界。観光にはちょっと厳しいです。また近郊にはビール工場見学や実弾射撃体験などもあり、実は色々楽しめる街なのです。

街路樹の美しい「シベリアのパリ」イルクーツク

路面電車も走るヨーロッパを思わせる美しい街並み

シベリア鉄道の中間地点にある大都市イルクーツク。帝政時代、専制政治打倒を目指すデカブリスト達がこの地に流刑となり、モスクワやサンクトペテルブルグの豊かな文化をこの地にもたらしました。その時代に建てられた木造建築の美しい家々は必見です。また、昔の街並みを再現した130地区にはカフェやショップが集まり観光客に人気。街を囲むように流れるアンガラ川沿いは気持ちのいい散歩道となっています。

オリホン島から眺めるバイカル湖。観光客は少ないので絶景を独り占め!

街から約1時間で行ける世界遺産バイカル湖。この湖は地球上最古の湖で、水量は地球上の淡水の約20%を占める、水深1600mの世界で最も深い湖です。湖畔の町リストヴァンカでは展望台より果てしない湖を眺め、ここでしか捕れないオームリという魚の料理を楽しみます。更に神秘なるバイカル湖を求めるなら湖に浮かぶオリホン島に滞在を!道のりは少し遠いですが、バイカル湖を独り占め出来る絶景に出会えます。

 

ペンギン案内人19号/能祖 文子

タイトルとURLをコピーしました