クロアチア旅行で観光すべき世界遺産7選!

プリトヴィツェ国立公園
世界遺産のトロギル。大聖堂の天井から聖人がひょっこり。

世界遺産のトロギル。大聖堂の天井から聖人がひょっこり。

クロアチアは日本でも人気が高まっている旅行先の一つ。港町のドブロヴニクやプリトヴィツェ国立公園が観光スポットとして有名ですね。実はこの2か所はどちらも世界遺産に登録されています。小さい国ながらも多数の世界遺産があり、最近では2017年に新たに登録されて、全部で10件もの登録があります。世界遺産には文化遺産と自然遺産がありますが、クロアチアには文化遺産が多め。歴史上、芸術上あるいは学術上顕著な普遍的価値を持つものが対象とされているので、観光地としての見応えも十分。旅のテーマとして世界遺産を巡ってみてはいかがですか?

ドブロヴニク旧市街

ルジャ広場やプラツァ通りはいつも観光客で賑わう。

ルジャ広場やプラツァ通りはいつも観光客で賑わう。

クロアチアの中でも、毎年数多くの観光客が訪れるのがドブロヴニクです。アドリア海に面した港町で、13世紀以降に地中海交易の拠点として栄え、1979年にドブロヴニク旧市街として世界文化遺産に登録されました。
しかし、内戦の際に街は壊滅状態に。一時期は危機にさらされている世界遺産として、「危機遺産」にも登録されるほどでした。
その後、市民の努力で街は再建され、今では「アドリア海の真珠」と呼ばれるほど、美しい街並みを取り戻しています。

城壁からの眺め。オレンジ色の屋根の向こうに青い海。

城壁からの眺め。オレンジ色の屋根の向こうに青い海。

海洋都市だった当時、周辺の勢力からドブロヴニクの街を守るために造られた堅牢な城壁は、現在は遊歩道となっています。城壁は旧市街をぐるっと囲んでいて、美しい街並みを見渡すことができるので、人気の観光スポットの一つですよ。

プリトヴィッツェ国立公園

湖を結ぶように滝が流れています。

湖を結ぶように滝が流れています。

次にご紹介する世界遺産はプリトヴィッツェ国立公園。こちらもクロアチア旅行で外せない観光地の一つです。
200平米近い広大な森の中に、エメラルドグリーンの湖がいくつも階段状に連なり、湖と湖の間には数えきれないほどたくさんの滝が流れて、幻想的な景色が広がっています。

園内は散策ルートや遊覧船が整備されています。

園内は散策ルートや遊覧船が整備されています。

この辺りは1億3500万年~6600万年前にできたカルスト地層で、石灰岩を通った水は浄化されて透明度が高く、透き通っています。さらに、ミネラルや有機物の濃度、日差しの角度などによってエメラルドグリーンやコバルトブルーなど色合いが変化して見えるのです。
神秘的な絶景から1979年に世界自然遺産に登録され、こちらも内戦で一時危機遺産に指定されましたが、現在ではクロアチア最大の観光スポットとなっています。

ディオクレティアヌス宮殿があるスプリット

ディオクレティアヌス宮殿の大聖堂

ディオクレティアヌス宮殿の大聖堂

スプリットは、ドブロヴニク旧市街やプリトヴィッツェ国立公園と共に、1979年にクロアチアで最初に登録された世界遺産の一つです。
クロアチアの首都ザグレブに次ぐ第2の都市で、アドリア海に面した港町。ドブロヴニクのように美しい街並みと、長い歴史があります。この街が世界遺産に登録されたのは、ディオクレティアヌス宮殿が残されているためです。

宮殿には、地上階と同じ造りの地下室もあります。

宮殿には、地上階と同じ造りの地下室もあります。

ディオクレティアヌスはキリスト教を迫害したことで知られるローマ皇帝で、晩年を過ごすためにスプリットに宮殿を建てたのです。ローマ帝国時代の歴史的建造物としての価値が認められ、世界遺産に登録されました。
その宮殿の基礎の上に増築して街を作ったため、宮殿跡地がそのまま旧市街になっています。古代と中世の建物が入り混じっているのも独特ですね。

タイトルとURLをコピーしました