北ドイツ おすすめ観光地ベスト10

リューネブルク
レジデンツ宮殿からのドレスデン市内の眺望

レジデンツ宮殿からのドレスデン市内の眺望

ドイツの観光地と言えば皆さん何を思い浮かべるでしょうか。ノイシュヴァンシュタイン城、ロマンティック街道、ミュンヘン、ライン川…自然に恵まれ、且つ激動の時代を経てきたドイツ。その分見どころも多く世界遺産の数も日本の倍近くあるというから驚きですよね。しかし今挙げたこれらの観光地はすべて南ドイツにある人気観光地。では北ドイツは魅力が薄いのかと言われれば全くそんなことはありません。
今回は敢えて北ドイツに焦点を絞ってこの国の更なる魅力についてご紹介していければと思います。

再統一された首都ベルリン

ブランデンブルク門(ベルリン)

ブランデンブルク門(ベルリン)

ドイツの首都であり人口350万人以上を抱える大都市ベルリン。1961年に壁が築かれ、以来28年間ドイツという国を東西に分断していたことは皆さんも知るところでしょう。そして1989年、そのベルリンの壁が崩壊するという歴史的大事件が起こりました。残念ながら私はベルリンの壁が破壊された時まだ生まれていなかったため、当時の感動や衝撃は推し量ることしかできません。そんな歴史を経てきたベルリンは今では発展を遂げ、ヨーロッパ経済の中心として躍進している都市なのです。

冷戦時代を物語るイーストサイドギャラリー

冷戦時代を物語るイーストサイドギャラリー

東京23区の約1.5倍の広さを誇るベルリンは、東西分裂の歴史もあり見どころが多い街の一つです。他のドイツの街と比べても特に大きいので、ベルリン観光をするなら少なくとも丸二日は時間をとっておきましょう。ベルリンのシンボルであるブランデンブルク門や世界遺産の「博物館の島」、ベルリン大聖堂などなど見るべきポイントがたくさん。
もしベルリンの壁の歴史を辿ってみたいなら、ドイツで唯一壁がそのまま残っているイーストサイドギャラリーや壁博物館を訪問してみるといいでしょう。ベルリンのこうした苦難の時代を知れば、きっとこの街がより魅力的に映ること間違いなしです。

百塔の都ドレスデン

レジデンツ宮殿

レジデンツ宮殿

かつては「百塔の都」と称され、繁栄を続けていたドレスデン。エルベ川に佇むこの街は、16世紀にはザクセン王国の首都として多くのバロック様式の宮殿や教会が建ち並ぶエリアだったのだと言います。しかしそれも第二次世界大戦の空襲で一夜にして瓦礫の山と化します。現在の姿は20世紀に建て直された新しい街並み。東西ドイツ統一後見事復興を遂げたドレスデンは、かつての美しい街並みを取り戻したのです。

ドイツ最古のクリスマスマーケット

ドイツ最古のクリスマスマーケット

ドレスデンの見どころはいくつかありますが、やはりレジデンツ宮殿はこの街を語る上で欠かせません。ザクセン王の居城であるこの宮殿は、現在はザクセン王家の財宝やコレクションが並ぶ宝物館や博物館となっています。エルベ川の対岸から見た、川にかかる橋とレジデンツ宮殿の姿はまるで絵はがきのように美しい光景。ザクセン周辺には「ザクセンのスイス」やマイセンの工場などもあるので合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

ザクセンのスイス

何とも不思議な岩山が並ぶ

何とも不思議な岩山が並ぶ

ドレスデンから更に東に行った先にある一風変わった岩山。平地の多いドイツでは珍しくゴツゴツとした断崖絶壁がいくつも連なるこの地帯は「ザクセンのスイス」と呼ばれ、観光客を惹きつけてやまない人気スポットとなっています。

ザクセンのスイスからの眺望

ザクセンのスイスからの眺望

まるで地面からニョキニョキと生えてきたかのようなこの奇岩群は、実は長い年月をかけ自然の力によって浸食された結果。谷底から空に向かって貫くようにして伸びる岩山は高さ100mにもなり、その光景は圧巻です。特に「バスタイブリュッケ」と呼ばれるアーチが連なる橋からの眺めが最高。目の前にそびえ立つ岩肌は白亜紀からのもので、自然の雄大さを感じるのには十分でしょう。ドイツの東部にある国境付近のスポットなので、この場所から隣国のチェコを見渡すことも可能。
「ザクセンのスイス」と呼ばれていますが、どちらかと言うとベトナムのハロン湾や中国の武陵源のような荒々しく力強い雰囲気。それでいてどこか神秘的にすら感じる風景は一見の価値ありです。

タイトルとURLをコピーしました