ロマンチック!!ドイツの町おすすめ10選

ロココ様式の内装が美しいヴィース教会はフュッセン郊外の世界遺産

独特の都市文化を色濃く残す町々・・・。これぞ、ドイツの最大の魅力です。中世における自由都市の歴史の中で、なかなか一つの国として統一しなかったからこそ、町や地方独自の建築文化や町の景観、商業の発展や自然との融合が生まれました。そんなドイツのおすすめの町を10個紹介します。魅力的な町が多すぎて、選ぶのに苦労しました。ここで紹介する町以外にも、訪れる価値のある町はとてもたくさんあります。おとぎ話のような世界、魔女伝説、ひっそりと佇む秀麗な古城・・・。ロマンチックなドイツの一部をご覧ください!

圧倒的なゴシック建築の代表格ケルン大聖堂に絶句!

重厚でいて繊細な装飾が遠くからでもわかるケルン大聖堂

学生時代、世界遺産のケルン大聖堂を目当てにドイツへ旅立ちました。フランクフルトから列車で約1時間。ケルン中央駅から出ると、目前にゴシック様式の堂々とした大聖堂が見えます!高さ157m、奥行き144m、幅86m。想像以上の大きさに唖然。細やかな装飾や荘厳な存在感はもちろんのこと、その建築にかかった年月はなんと約632年!

色鮮やかで細やかなステンドグラスにうっとり

凛々しい姿を写真に収めようとしましたが、大きすぎて全体が入りません。外観の撮影スポットはライン川の対岸となります。内装のステンドグラスも繊細で、鮮やかな光がふりそそぎ、ここが地球であることを忘れてしまいそうな神聖な雰囲気。町の見どころはライン川の左岸に固まっており、博物館や美術館等が建ち並びます。また、ケルンでおみやげにおすすめなのがオーデコロン!実はケルン発祥の香水なのです。

夢の国の城へ訪れる際にはフュッセンを拠点に!

緑美しい森に佇むおとぎの国の城でメルヘンなツーショット!

シンデレラ城のモデルとして知られる「ノイシュヴァンシュタイン城(ノイシュバンシュタイン城)」はフュッセンという町の郊外にあります。郊外の地域名を冠した、夏の狩りの城であるホーエンシュヴァンガウ城も近くにあります。フュッセンはミュンヘンから列車で2時間ほどの距離。ホーエンシュヴァンガウまでは、駅からバスで約10分。バス停から城へは、馬車かバスか徒歩で山をのぼります。

上品な風貌に思わず見とれる城の中庭

私が訪れた際は徒歩で30分ほどかけてのぼりました。ノイシュヴァンシュタイン城は、バイエルン国王ルートヴィヒ2世が建設した城で、真っ白な壁とブルーグレーの屋根が特徴的です。内部はガイドツアーで入場可能ですが、撮影禁止。清らかな白鳥の装飾が印象的でした。フュッセンからは世界遺産のヴィース教会にも行くことが出来ます。大草原にたたずむロココ様式の壮麗な教会は必見です。

歴史書の中に迷い込んだような町ハイデルベルク

深く歴史を刻んだ城はこれから先も市民を見守り続ける

フランクフルトから特急列車で約50分、ネッカー川沿いに広がるハイデルベルク。この町にあるハイデルベルク城は、先述したフュッセンの二つの城と並んでドイツ三大名城に選定されています。歴史は古く13世紀に遡ります。プファルツ選帝侯の居城として建てられ拡張を重ね、多様な建築様式が見られます。三十年戦争などを経て歴史を刻んだその姿は半ば廃墟ですが、風情があります。

ハイデルベルク城からは18世紀に建設されたアルテ橋まで一望できる

この町にはドイツ最古の大学として有名な、1386年創立のハイデルベルク大学もあります。18世紀から1914年まで使われた学生牢は必見。当時、学生が町で騒ぎを起こしても警察の介入が出来ず、大学当局がその役割を担っていました。一度は投獄されてみたいという学生も多かったようですが、落書きがびっしり書かれた内部は秘密基地風で確かに憧れてしまうかも?!

タイトルとURLをコピーしました