映画『スター・ウォーズ』の世界へ旅行しよう!おすすめロケ地6選

マトマタの穴居住宅
スター・ウォーズのロケ地として有名なマトマタ

スター・ウォーズのロケ地として有名なマトマタ

映画『スター・ウォーズ』は映画に詳しくない人でも、だれもが知っている映画の一つ。宇宙を舞台に、水に覆われた惑星や砂漠の星、緑豊かな美しい惑星や、マグマが流れ出る地獄のような星など、様々な惑星がでてきます。そんな映画がどこで撮影されたのか気になりませんか?もちろんCGで作られた映像もありますが、地球上に実在する場所で撮影されたシーンも多く、実際に訪れることのできるロケ地も数多く残っています。今回は、その中でもおすすめのロケ地をご紹介します。

マトマタ/チュニジア

ホテル・シディ・イドリス

ホテル・シディ・イドリス

チュニジア南部の砂漠に近い場所にある街マトマタ。この辺りは一見何もない大地なのですが、実は先住民であるベルベル人が作った穴居住宅が残っています。
その穴居住宅を使って、主人公であるルークの家の撮影が行われたのです。撮影に使われた穴居住宅は、現在シディ・イドリスという名のホテルになっています。

酒場のシーンで使われたバー

酒場のシーンで使われたバー

またこのホテルのバーを使ってルークとハン・ソロが出会うシーンも撮影されています。モスアイズリー宇宙港の近くの酒場という設定で、バーがそのまま使われたのだそうです。ちなみに、この酒場の外観として使われた場所は同じチュニジアのジェルバ島にあります。
シディ・イドリスはホテルなのでもちろん宿泊することもできますが、立ち寄るだけの観光客が多いです。日中はカフェやレストランとして利用できますよ。

オング・エル・ジャメル(モス・エスパ)/チュニジア

こんなオブジェがいくつも残されています。

こんなオブジェがいくつも残されています。

チュニジアにはスター・ウォーズのセットが何か所もありますが、その中でも撮影時の大がかりなセットが残っているのがオング・エル・ジャメルです。
ここはアナキンが幼少時代を過ごした奴隷の住む街として使われました。さらに、アナキンが働いていたワトーのジャンクショップの外観部分もありますよ。また、オング・エル・ジャメルでは、エピソード1でダース・モールがクワイ=ガン・ジンを襲撃するシーンの撮影も行われました。

美しい夕陽も見ることができます

美しい夕陽も見ることができます

大きなセットがそのまま残されているので、スター・ウォーズの世界に遊びに来たような感覚を味わえます。有名なシーンのセットに入り込んで記念撮影ができるので、スター・ウォーズのファンでなくてもテンションが上がってしまいますね。

クサール・ハッダダ/チュニジア

ベルベル人が造った街、クサール・ハッダダ

ベルベル人が造った街、クサール・ハッダダ

チュニジアではルークの故郷、惑星タトウィーンの場面がたくさん撮影されていますが、タタウィンと言う名の小さな町もあります。このタタウィンの町から約20kmの場所にあるクサール・ハッダダという町もスター・ウォーズのロケ地として使われています。

土色の建物が砂漠の惑星らしいですね。

土色の建物が砂漠の惑星らしいですね。

こちらもアナキンの幼少時代のシーンで、アナキンの家として使われた場所です。アナキンがお母さんにさよならを告げる、あの印象的な場面もここで撮影されたのだそうですよ。独特の土色の町並みでタタウィンらしい雰囲気が漂っています。
このあたりのエリアを訪れるなら、個人では移動が難しいので、タクシーをチャーターするか、ツアーに参加するのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました