こだわりのスペイン旅 美しき白い町ベスト10選

真っ白な壁に赤い花とホワイトチョコレートのようなドア

南スペインののどかな景観に癒されたい方は必見!数多くの白い町のなかから10個、ベストの町を選び紹介します。似たような町に見えますが、実は一つ一つ特徴があり、独自の景観や歴史を持ちます。実際に訪れる際には拠点の都市から日帰りでも楽しめますが、ゆったりと小さな町に滞在して静かな夜景にシャッターを切ったり、朝霧に包まれた神秘的な町のなかを散策したりと過ごし方はさまざま。空の青、町の白、そして花々が生み出す色とりどりのカラフルな世界に包まれて非日常的な旅行体験をしてみませんか?

断崖の上に広がるアルコス・デ・ラ・フロンテーラ

岩山の上に並ぶ白い家とサン・ペドロ教会

歴史保存地区指定のプエブロス・ブランコス街道の玄関口アルコス・デ・ラ・フロンテーラ。巨大な岩山の上に白亜の建造物が連なる圧倒的な存在感。セビリアからバスで約2時間。町名はスペイン語で「国境のアーチ」という意味です。「国境」とはキリスト教国とイスラム教国の境のことで、かつて両市民が住み分けていた名残です。名前通り、町中にはアーチ状の装飾も見られます。

パラドールのレストランはアーチ型の天井やカントリー調の内装が可愛らしい

旧市街の中心地カビルド広場は崖上に位置し、展望台では清々しい眺望を堪能できます。澄んだ空の下、オリーブ畑の広がる地平線。展望台の近くには、巨大鐘楼が印象的なサンタ・マリア教会がそびえ建っています。その東側のサン・ペドロ教会も必見。さらにこの町には、かつての司教の館を改装したパラドール(国営ホテル)があります。レストランでは絶景のパノラマを独り占め!

向日葵のように太陽の光を浴びた屋根が魅力のカサレス

白い壁の隙間から見えるオレンジ色の屋根が素敵

太陽の光をふんだんに浴びた橙色のスペイン瓦葺屋根が特徴的な白い町カサレス(カサーレス)。大きな観光地化はされておらず、比較的静かな町です。小高い岩山の斜面を埋め尽くす白い壁の建物とその上段に鎮座する古城。ポストカードのような眺望には絶句。近隣のリゾート地エステポナから、バスで約45分。ローマ時代からの歴史を持つカサレスの名前は、この地を病の治療で訪れたというユリウス・カエサルに因んでいるのだとか。

ベラ・クルスの庵から見渡す町の景観は圧巻

人口は約3,000人という小さな町です。名所は町を見渡せるベラ・クルスの庵と、古城の隣にあるエンカルナシオン教会。教会も町の家と同じように、白とオレンジ色で統一され、素朴ながらも直線的なデザインが美しいです。町の灯りで白い壁が浮き上がり、神秘的な美しさを楽しめる夜の圧倒的な景観美もお楽しみください。

まるでRPGの世界!名物の石橋は絶対に見たいロンダ

稀有な光景に開いた口が塞がらない!ヌエボ橋

18世紀に完成した「ヌエボ橋」という石橋が圧巻の白い町ロンダ。断崖絶壁の深い渓谷の上に築かれた町です。セビリアからバスもしくはグラナダから列車でそれぞれ約3時間。谷をはさんで新市街と旧市街が広がり、各市街地を結ぶのがヌエボ橋です。橋の高さは約100メートル!建設は建築家のマルティン・デ・アルデウエラの設計です。橋は上からだけではなく、渓谷の崖下から全貌を眺めるのもおすすめ!橋の大きさが際立ちます。

スペインと言えば闘牛!その基盤を作った人物はこの町で生まれた!

この町は近代闘牛術の創設者であるフランシスコ・ロメロ出生の地でもあり、1785年に建設されたスペイン最古の闘牛場も残っています。彼はこの町に生まれ、牛の注意を引き付ける赤い布(ムレータ)を思いつき、現在のスペイン式闘牛様式を確立しました。石造りの広大な闘牛場の内部は、もちろん見学できます。

タイトルとURLをコピーしました