【こんな国あります!!世界の秘境】 モルドバ共和国観光ガイド

首都キシニョウの青空市場ではマトリョーシカも売っていました!

首都キシニョウの青空市場ではマトリョーシカも売っていました!

モルドバ共和国を皆さんご存知でしょうか?
「モルドバ」と聞いてすぐに場所を思い浮かべることができる方はかなりの地理マニアの方ではないでしょうか。

モルドバは東ヨーロッパに位置する国の一つです。ルーマニアとウクライナに挟まれていて、大きさは九州くらいしかない小さな国です。

美人がたくさんいたり、ワインが美味しかったりなど、実際に旅して見つけたモルドバの魅力をご紹介します!

モルドバ共和国ってどんな国?

パステルブルーと玉ねぎ屋根が可愛い!モルドバ正教会

パステルブルーと玉ねぎ屋根が可愛い!モルドバ正教会

もともとモルドバは、ルーマニア人国家であるモルダビア公国でした。16世紀にオスマン帝国の支配下となり、その後1812年にロシアの手に渡りました。第一次世界大戦後に再びルーマニアのもとに戻りましたが、1940年に旧ソビエト連邦に組み込まれます。そして、1991年に旧ソビエト連邦から独立し、現在のモルドバ共和国が誕生しました。

可愛い♡ノビル ラグジュアリー ブティック ホテル

可愛い♡ノビル ラグジュアリー ブティック ホテル

モルドバに住んでいる80%の人はモルドバ人ですが、民族や文化の面ではルーマニア人とほぼ同じです。公用語のモルドバ語もほぼルーマニア語と同じです。道路標識や看板はルーマニア語で表記されています。
地域によっては未だにロシア語を話す人も多くいるようです。

モルドバ人はとってもフレンドリーです。4歳の娘と旅したときは、日本人の子供を初めて見た!という人も多く、どこに行っても娘は人気者でした♪

モルドバには自称独立国家である沿ドニエストル共和国があります。1つの国の中にもう一つ別の国が存在するとは、なんてミステリアスな国なのでしょう!

モルドバ共和国への行き方

将来の美人候補♡

将来の美人候補♡

日本からモルドバ共和国への直行便は現在運航がありません。
モルドバへはターキッシュエアラインズでイスタンブール乗り継ぎ、首都のキシニョウ(キシナウ)に入るのが日本からの最短ルートになります。
モスクワからアエロフロート航空、ウクライナのキエフからモルドバ航空、ルーマニアのブカレストからルーマニア航空が飛んでいます。

モスクワ、キエフ、ブカレストからキシニョウまでは国際列車も走っています。

ルーマニアのヤシからは長距離バスもあります。

キシニョウのシュテファン・チェル・マレ通り

キシニョウのシュテファン・チェル・マレ通り

いずれも毎日運航がないので、周辺国との周遊をする場合は、スケジュール変更に対応できるように余裕を持った行程にするのがおすすめです。
また、深夜に到着するような列車などは避けたほうが良いと思います。

モルドバ共和国のツアー

キシニョウ大聖堂の鐘楼

キシニョウ大聖堂の鐘楼

モルドバ共和国へ旅するのであれば、ルーマニアやブルガリアとセットで旅するのがおすすめです。モルドバは3泊もあれば見どころは十分見られます。

団体旅行だと1泊しかしないなど駆け足の旅行になってしまい、せっかくのモルドバの魅力を味わえないまま旅は終了!なんてことになってしまうかもしれません。
団体ではなく個人旅行を扱っている旅行会社に、モルドバと周辺の国をセットで行くプランを組んでもらうのが得策です。

緑が多く気持ちいい、シュテファン・チェル・マレ公園

緑が多く気持ちいい、シュテファン・チェル・マレ公園

このような未知の国への旅は、実際に訪れたことがあるスタッフがいる旅行社に相談したほうが、自分好みの旅行に行くことができます。
ガイドブックには載っていない、行った人しか知らない情報を持っているかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました