フィンランド観光案内 人とは違う旅を目指して-その2

トナカイに引かれて気分はサンタクロース!

トナカイに引かれて気分はサンタクロース!

サンタクロース村やオーロラ、そして国土の70%を占める豊かな自然など魅力に溢れた国フィンランド。私たちがこの国にどこか惹かれてしまうのは、そんな日本にはない魅力があるからなのかもしれません。
世界地図を広げてみるとなんだか遠そうに思えるフィンランドですが、実は飛行機で最短9時間半という、日本から非常に行きやすい国。ここでは前回に引き続き実際に訪れた経験をもとに、これだけはトライしてほしいというフィンランドの魅力についてご紹介していきたいと思います。

北欧デザインの巨匠アアルト

これぞ北欧建築!住みたくなります

これぞ北欧建築!住みたくなります

日本でもよく耳にする北欧建築という言葉。シンプル且つモダンで、ナチュラルな空間が特徴の北欧デザインは、木の温かみが感じられる、どこか私たち日本人に刺さるデザインです。最近は日本でも北欧デザインを意識したカフェをよく見かけるようになり、そのホッとするような慎ましやかな美しさに惚れ込む人も多いのです。

緑と一体になった部屋はなんとも心地いい空間

緑と一体になった部屋はなんとも心地いい空間

アルヴァ・アアルトはスウェーデンのグンナール・アスプルンドと並ぶ、北欧の近代建築家。1978年に亡くなったアアルトですが、彼が生前設計し実際に使っていた自宅兼事務所は、現在は博物館として一般に公開されています。ガイドツアーでのみ見学が可能となっていて、その美しい北欧建築は一見の価値あり!建築や家具などそのほとんどをアアルト自身が手掛けたというこの自邸は、まさに自然と一体になったモダンな空間。緻密に計算され尽くした設計は勿論のこと、家具の一つ一つの配置やバランス、そしてところどころに飾られた絵画など、そのすべてからアアルトのセンスの良さを感じられるはずです。きっと行けば「あ~こういう家に住みたい!」となること間違いなしのアアルト自邸観光はオススメです!

北欧デザインに恋して

遠目から見てもマリメッコって分かるデザイン。

遠目から見てもマリメッコって分かるデザイン。

北欧建築と同様にシンプルでありながら洗練されていて、どこか生活に馴染む美しさを持つ北欧デザイン。日本だけでなく世界中がその美しさの虜となっていて、フィンランドブランドは長く人々から愛されているのです。
特にカラフルで大胆な花柄(ウニッコ柄)が特徴的なブランド、マリメッコは人気が高く、ワンポイントとして持っているだけで女性を華やかに見せてくれるのです。普通大きい花柄というと子供っぽい印象を与えるものですが、マリメッコはその色味や独特のデザインから安っぽさを感じず、幅広い年代から愛されるデザインとなっています。実は私自身そんなマリメッコ商品の愛用者。マグカップやエコバッグ、靴下、タオルなど、北欧価格なので少々お高いですがハズレが無いのでお土産にも最適です。

ヘルシンキにあるマリメッコのお店。

ヘルシンキにあるマリメッコのお店。

また先ほどご紹介したアルヴァ・アアルトの妻であり、デザイナーであったアイノ・アアルトが手掛けた食器。そして独特なタッチで描かれた果物と花が特徴的なパラティッシの食器などを取り扱うブランド、イッタラ&アラビアも有名です。
どちらも現地で購入すると日本よりお得なので、気になっているアイテムはこれを機に買ってみてはいかがでしょうか。

森と湖の国アウランコとシルヴァーライン

上から見たアウランコ自然保護区

上から見たアウランコ自然保護区

あまりにサンタクロースのイメージが強くて知らない人も多いかもしれませんが、フィンランドは国土の80%を森林が占める自然豊かな国。日本の9割ほどの面積でありながら19万近い湖や沼があるとされ、「森と湖の国」とも言われています。ちなみに日本の湖の個数が1万2700ほどなので、いかにフィンランドが湖に恵まれている国であるのか分かりますね。

サウナの後は目の前の湖へダイブ!

サウナの後は目の前の湖へダイブ!

特にフィンランド南部に位置するタンペレという地域はフィンランドの湖水地方とも呼ばれ、たくさんの湖と美しい自然が見られるエリアになっています。そんな湖水地方を堪能するなら、まるで根のように張り巡らされた川を伝って湖から湖へと移動するクルーズがオススメ。特にシルヴァーラインはレイククルーズの鉄板。所要8時間ほどでタンペレからハメーンリンナまで運航します。タンペレまではヘルシンキより列車で約1時間半。「シルヴァーライン」の名前の由来は、湖や水路沿いに続く銀柳の並木の景色から。その美しさは目を見張るものがあり、途中広大な自然が広がるアウランコ地区など素晴らしい風景が見渡せるので、是非とも少し足を踏み込んでクルーズにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました