ハノイだけでは物足りない?! 北部ベトナムの魅力はさらに田舎に行ってこそ!!

サパから一番近い村/華やかな刺繍を施した民族衣装カットカット村

サパから一番近い村/華やかな刺繍を施した民族衣装カットカット村

南北に長いベトナム。南部の中心はホーチミン、北部の中心はハノイ、この2大都市は有名ですが、ベトナムの様々な魅力を知るためにはこの2都市を訪問しただけではきっと足りないはず。そこで北部の玄関口ハノイから、どんなところへ行けるか、何が見れるのかをピックアップしてご紹介します。世界遺産、大自然、古き良き時代を残す村、など…次回のベトナム北部の旅行ではハノイだけではなく、もう一歩奥に隠された魅力にぜひ触れてみてください。

歴史を見て来た【旧市街】 ノスタルジーに浸りたい

コロニアル建築の残る趣ある旧市街

コロニアル建築の残る趣ある旧市街

ベトナム北部の玄関口ハノイ。ベトナム最初の王朝の都となったのが11世紀、その後フエに遷都するまでの約800年間、中国からの支配も受けながらもハノイは栄えてきました。19世紀、ベトナムがフランス領インドシナに編入された際にはハノイにも多くのコロニアル建築の建物が建てられ、今のノスタルジックな町並みが生まれました。

夜の旧市街/涼しくなる夜はさらに賑わいをみせます

夜の旧市街/涼しくなる夜はさらに賑わいをみせます

ハノイの中心となる旧市街は李朝時代に商人達が集められたことにより作られ、その後中国やフランスの影響を受けながら発展してきました。現在は、様々な時代と様式の建物が残る「歴史的建造物の保存地区」となっています。旧市街の通りには、銀製品通り、ハンコ通り、手芸用品通りなど売っている物の名前がついていて、その通りに行けば目的のものが見つかります。旧市街は地元の人の生活にかかせなく、毎日活気があり、歩いているだけで昔から変わらぬベトナムの姿を見る事が出来るのです。

1泊2日のクルーズがおすすめ!世界遺産【ハロン湾】

クルーズ船からハロン湾の美しい景観を堪能

クルーズ船からハロン湾の美しい景観を堪能

ハノイから車で3時間、ハロン湾は今やベトナムを代表する世界遺産です。穏やかなエメラルドグリーンの海に突き出すような黒い奇岩が美しい景観を生み出しています。ハノイから日帰りで観光も出来ますが、ハロン湾の本当の美しさを堪能するなら夕方と早朝は外せません。その為、船に宿泊する1泊2日のクルーズが人気となっているのです。

穏やかなハロン湾の中をカヤックで自由に進みます

穏やかなハロン湾の中をカヤックで自由に進みます

まず船に乗船したらクルーズをしながらランチタイム。午後は奇岩の間をカヤックで楽しみ、夕方には奇岩に沈む夕陽を見ながらデッキで1杯、ディナーには本格的な料理を堪能。そして翌朝、朝靄に浮かぶ奇岩を見ながらデッキで太極拳など、穏やかなハロン湾の中で丸1日を過ごすのです。クルーズ船の種類は様々ですが、デラックスクラスはホテル並みの客室で快適です。ハロン湾へは是非宿泊コースをおすすめします!

「陸のハロン湾」とも呼ばれる【ニンビン】

世界遺産「チャンアン名勝遺跡群」観光には川クルーズが必須

世界遺産「チャンアン名勝遺跡群」観光には川クルーズが必須

北部の世界遺産としてもう一つ有名なのがハノイから車で約2時間、ニンビン省「チャンアン名勝遺跡群」。ここはいくつかの観光地がまとめて複合遺産として登録されています。その中のひとつ「タムコック」は、美しい水田の景色を堪能しながらの川下りが人気です。稲作の時期になると黄金に輝く水田が見事。足でオールを漕ぐ伝統的な姿も見られ、昔と変わらぬ風景を楽しめます。

冒険心溢れるチャンアンのクルーズ

冒険心溢れるチャンアンのクルーズ

また、ハロン湾と同様カルスト地形で構成される「チャンアン」は陸のハロン湾とも呼ばれ、侵食などにより長い時間をかけて作られた景観の中を手漕ぎボートでクルーズします。途中、洞窟の中をくぐったりジャングルクルーズの様な体験も。ニンビンを観光する際、一緒に訪れたいのが古都ホアルー。10世紀ベトナム最初の独立王朝の都が置かれた場所で、ここには歴史を感じさせる廟が残ります。

タイトルとURLをコピーしました