【Asian Bar RAMAI】横浜で本格インドネシア料理レストラン

入口からすでにバリの風を感じる、アジアンエスニックな雰囲気

入口からすでにバリの風を感じる、アジアンエスニックな雰囲気

絶妙なスパイスがアクセント!クセになるインドネシア料理

見た目も美味しい!彩り豊かなインドネシア料理

見た目も美味しい!彩り豊かなインドネシア料理

インドネシアには「ワルン」と呼ばれる小さな食堂が至るところにあり、手軽に外食が楽しめます。インドネシア料理はスパイスの使い方が絶妙で、何度も食べたくなる中毒性の高いローカルフードは日本人の口にもよく合います。同じ料理でも食堂によって味付けがさまざまなので、自分のお気に入りの味を探すのも楽しみのひとつです。

毎食食べたくなる!中毒性高めのミーゴレン

毎食食べたくなる!中毒性高めのミーゴレン

バリ島に行ったら誰もが必ず口にする「ナシゴレン」。ナシ=ごはん、ゴレン=炒める(揚げる)という意味で、いわゆるチャーハンのような米料理です。辛味調味料やにんにくで味付けしたあとは、仕上げに目玉焼きやキュウリをトッピング。サテと呼ばれるインドネシアの焼き鳥を添えるのもいいですね。
同じく「ミーゴレン」も定番メニューで、ミー=麺、ゴレン=炒めるという意味で、インドネシアの焼きそばです。ケチャップマニスという甘いソースが独特の美味しさを生み出し、一度食べたらハマること間違いなし!

また日本でも馴染みの深いスープカレーですが、実はインドネシア料理が生みの親だということをご存知でしたか?鶏肉や野菜と、インドネシアの食文化に根付いたスパイスをふんだんに使ったコクの効いたスープは、ぜひ本場で食べていただきたいものです。現地のスーパーマーケットで調味料をゲットして、日本で再現してみるというのも楽しいですね。

Asian Bar RAMAI (インドネシア料理/横浜/神奈川)

バリ風の店内。席によっては半個室でゆったり食べられます

バリ風の店内。席によっては半個室でゆったり食べられます

今回、関内駅から徒歩5分ほどの場所にある「ラマイ(RAMAI)」に行ってきました。
ここは横浜で1番おいしいスープカレー屋さんと言われている名店で、食べログのカレー百名店にも選ばれています。インドネシア料理が原点のスープカレー。ラマイはインドネシア独特の多様なスパイスを使った濃厚なスープを忠実に守り、札幌でその味を確立させました。バリ島で生まれ、札幌で育ったスープカレーを堪能できるお店なのです。

店内に入ると、一気にバリ島ムードに。照明はやや暗めで、あちらこちらの壁にガネーシャの彫り物が飾られています。スープカレーのメニューは8種類。ヤサイ、チキン、ポークのほかに、豚しゃぶや揚げ出し豆腐などの変わり種など。スープは大盛り無料で、またライスのサイズはS、M、Lまで料金は一緒というサービス精神の高さ。ありがたいです。辛さレベルも10段階から無料で選べます。辛党の方には追加料金を払えばさらに辛くすることも可能です。

ヤサイカレー ライスの量はS~Lまで無料で選べます。写真はSサイズ

ヤサイカレー ライスの量はS~Lまで無料で選べます。写真はSサイズ

私はヤサイカレー、辛さはレベル3を選びました。
具だくさんの野菜がどっさり入り、見た目からしてボリューム満点。
レンコン、ジャガイモ、ナス、ピーマン、ニンジン、カボチャ、うずらの卵などなど。ほどよくシャキシャキ感が残っていて美味しい!ライスはインドネシアではポピュラーなココナッツ風味の「ナシクーニン」です。スープはサラっとしていて、チキンベースにスパイスが複雑に絡み合ってコクがすごい・・・!コクの後に少し辛さが効いてきて、ライスとの相性もバッチリ。また口に運びたくなるなんともクセになる味です。スープは大盛りにせず、ライスもSサイズにしましたがお腹がはち切れるほどの満腹度でした。

バリ島にいる感覚を楽しみながら味わえる絶品のスープカレー、控えめに言って最高でした!
ごちそうさまでした。(2020年12月訪問)

レストラン名Asian Bar RAMAI
ジャンルインドネシア料理
住所神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-6-5 亀楽ビル 7F
TEL045-308-8338
予算¥1,100~
座席54席
個室無(カーテンで仕切られた半個室あり)
予約の可否予約可

 

ペンギン案内人32号/酒井 優紀

タイトルとURLをコピーしました