ミャンマー観光案内 人とは違う旅行を目指して-その2

インレー湖からの眺め

インレー湖からの眺め

軍政権により長く閉ざされていたミャンマー。どうしてもネガティブなイメージが付きまとってしまいますが、見方を変えればそれゆえに独自の文化が守られてきたとも言えます。中国やタイ、ブータン、バングラデシュ、インドと国境を接するミャンマーですが、ここでしか見られないような独自の文化が今も人々の生活の中に根付いているのです。少数民族の数も多く、伝統的な衣装を身に着ける人も少なくありません。
そんなまだまだ知られざる魅力を持っているミャンマーという国について、前回に引き続きご紹介していければと思います。

インワ

ヤダナ・ヘセメー・パゴタ

ヤダナ・ヘセメー・パゴタ

ミャンマー第2の都市マンダレーから21kmほどのところにあるこの小さな村へは、渡し舟を漕いで行きます。インワは1354年にビルマ族の王朝になって以来約400年余り王朝の都であった土地。歴史が古く、とりわけレンガ造りの壮麗な僧院やマハーアウンミエは必見です。

ミャンマーの子供たち。笑顔が可愛い!

ミャンマーの子供たち。笑顔が可愛い!

私がインワに訪れたのは初めてミャンマーに訪れた2歳の頃。当時はまだ日本人観光客も少なく東洋人が珍しかった時代だったこともあり、日本人の女の子に皆興味津々。バナナ売りの人からバナナを1房貰ったり、お姉さんから民芸品を貰ったり…。とにかく人気者で行く先々でプレゼントを貰ったのだと両親がよく話して聞かせてくれました。そしてそのエピソードの中でも特に印象に残ったのが、ピーナッツ売りの男の子の話。穴の開いたシャツを着たその貧しい少年は、きっと一家の貴重な稼ぎであるはずのピーナッツを、惜しげもなく私にプレゼントしてくれたのだと言います。
東南アジアの人々は子供に優しいというのはよく聞きますし、実際何度も実感する場面はあったのですが、そんな小さな男の子まで異国の子に親切にしてくれたとは…。ミャンマー人の優しさに触れる出来事でした。

インレー湖

インター族の漁師。体幹良すぎないか

インター族の漁師。体幹良すぎないか

インレー湖はミャンマーの中でもとりわけ素朴で自然美に溢れた場所。ボートをチャーターして湖畔のパゴダを眺めたり、水遊びをする子供たちの姿を見て癒されたり。特にユニークなのがこの辺りで暮らすインター族と呼ばれる人々の漁の風景です。細長い舟の先端に片足で立ち、大きなカゴを持ちながら舵を切るスタイルはなんだか曲芸を見ているような気分。

餌をねだりに来たカモメたち

餌をねだりに来たカモメたち

そしてインレー湖をボートで走っていると自然と寄って来るのがカモメの群れ。人に慣れたカモメたちは餌を求めてこうしてボートと並走するように集まってくるのです。船頭さんに教えられてパンを投げてやるとみんな見事にキャッチ!頭の真上あたりまで下降して来るので大はしゃぎです(笑)
また5日ごとに行われるインレー湖周辺の五日市も必見。少数民族の人々が売り買いに来るこの市場は、民族衣装を身に纏った人々を一気に見ることが出来る絶好のチャンス。食品だけでなく観光客向けに民芸品なども売られているので、お土産に買っていくのもいいかもしれません。

マンダレー

マンダレーの旧王宮。

マンダレーの旧王宮。

ヤンゴンに次ぎミャンマー第2の都市であるマンダレー。かつてはビルマ最後の王朝があった場所でもあり、イギリスに占領される1885年まで約20年間栄えた王都でした。残念ながらいくつかの建物は第二次世界大戦によって焼失。それでもまだ当時の面影を伝える建物が街に点在しており、旧王都やクドードォ・パヤーなど見るべき場所も多いです。

マハムニ・パゴダの仏像。

マハムニ・パゴダの仏像。

特にクドードォ・パヤーには「世界最大の経典」が眠っており、仏陀が悟りを開いてから死ぬまでの説教を刻んだ石板は、その数なんと729にも及びます。ユネスコの「世界の記憶」にも登録されていて、マンダレーに来たなら一見の価値ありです。
また旧王宮のすぐ北にある「マンダレー・ヒル」と呼ばれる丘もオススメ。丘全体が寺院になっているそれはマンダレー最大の聖地であり、頂上からはマンダレーの街並みを一望することもできるのです。

タイトルとURLをコピーしました