【こんな国あります!!世界の秘境】大自然のパノラマと古代文明の十字路 タジキスタンとは?

パンシャンべバザール広場で出会った親子

パンシャンべバザール広場で出会った親子

中央アジアに位置するタジキスタン共和国は、日本人にとってなかなか旅行先の候補として挙がらない国の1つかもしれません。
一般的に有名な観光地があるわけではなく、タジキスタンの首都であるドゥシャンベまでは直行便はおろか乗継便でもアクセスが悪いのです。しかもアフガニスタンと国境を接しているのでイメージだけで危険な国と思われがちですよね。
実はタジキスタンは特にヨーロピアンの旅行者には大変人気があるのです。同じアジア人の日本人よりもヨーロッパ人に人気のあるタジキスタンとは一体どんな国なのでしょう?
ではこれからタジキスタンの秘密を紐解いていきましょう!

タジキスタンってどんな国?

イスタラフシャンのバザールにて

イスタラフシャンのバザールにて

タジキスタンは北にキルギス、西にウズベキスタン、南にアフガニスタン、東に中華人民共和国と国境を接する中央アジアの国です。

その国名の通り、国民の約85%はタジク人と呼ばれる民族です。対してお隣のウズベキスタンも同様に人口の85%もの民族はウズベク人なのですが、ウズベク人とタジク人は似ているように見えて実は全く違います。
ウズベク人はテュルク系民族ですが、タジク人はそのルーツをペルシア系に持っているからです。

ウズベキスタンであれば、服装やメイクによっては日本人だとばれないかもしれませんが、タジキスタンの場合は顔立ちが根本的に違うので街を歩けば外国人だとすぐばれます。目鼻立ちのはっきりした美しい人が多いのが印象的な国です。
ちなみにウズベク人だけでなく、近隣の民族であるキルギス人やカザフ人、トルクメン人もテュルク系民族ですので、タジク人のエキゾチックな顔立ちが珍しいことが良くわかります。

ドゥシャンベにて結婚式に遭遇 民族衣装がカラフルで美しい!

ドゥシャンベにて結婚式に遭遇 民族衣装がカラフルで美しい!

経済的には中央アジアの国の中で、最も貧しい国の1つです。主な産業はアルミニウム生産と綿花栽培。アルミニウムは国営企業の「TALCO」が生産を推し進めており、世界シェアの1.2%を占めています。綿花栽培を中心とした農業も盛んで、農業の従事者の割合は全人口の25%、GDPの19%を占めています。

ロシアなど国外から安い労働力を頼って得られる歳入も多く、海外からの送金の割合はGDPの35%にも昇ります。働き盛りの男性がロシアに出稼ぎに行くことも少なくないのだとか。

タジキスタンへの行き方

パンシャンペ・バザールのお店の女の子

パンシャンペ・バザールのお店の女の子

タジキスタンへの行き方は、前述したように直行便どころか乗継ぎ便でもアクセスが良くないため、近隣諸国から陸路で入国することが一般的です。
代表的な行き方は2つあります。ウズベキスタンのタシケントからタジキスタンのホジェンドへのルート、そしてウズベキスタンのサマルカンドからタジキスタンのペンジケントへ行くルートです。
どちらもウズベキスタンから日帰りでも行くことはできますが、タジキスタンの入国審査では意外に時間がかかることからできれば1泊はすることをおすすめします。

ピンク色がかわいらしい ドゥシャンベのモスク天井画

ピンク色がかわいらしい ドゥシャンベのモスク天井画

タジキスタンに入国するには日本国籍の場合、必ずvisaを準備してください。

2021年、コロナ禍の現在、タジキスタンのビザはE-visaが撤廃され、事前にトルクメニスタン政府に認可された旅行会社が発行する招待状をもって大使館に申請する必要があります。
そのため急に思い立ってタジキスタンに行くことはできません。
タジキスタンに行く場合は、余裕をもって旅行会社に依頼をしましょう!

タジキスタンへのツアー

カモリホジェンド公園前のI love KHUJAND

カモリホジェンド公園前のI love KHUJAND

前述したようにタジキスタンに行くには政府が認可した旅行社が発行した招聘状が必要となりますので、基本的には個人旅行ではなく団体旅行がメインになります。

ただし団体旅行ですと、自分はすでに行ったことがある国でも、ツアーの都合上仕方なく参加せざるを得ない場合もありますよね。特にウズベキスタンは日本からもアクセスしやすく人気のある国なので、「ウズベキスタンはすでに訪れたので、行かなくてもよいのに・・・」という方も多いはず。

タジキスタンとの周遊旅行の定番と言えばウズベキスタン 写真はサマルカンドのレギスタン広場

タジキスタンとの周遊旅行の定番と言えばウズベキスタン 写真はサマルカンドのレギスタン広場

そんな時には、個人手配でもタジキスタンへ行くプランを見繕ってくれる旅行会社もありますのでそういった会社に依頼するのがいいでしょう。団体旅行ではないので、日にちも限定されず、自由がききます。

ただしタジキスタンには日本語ガイドはほぼ皆無なので、中学生レベルの英語力は身に着けておきたいところです。

タイトルとURLをコピーしました