【世界一周!味めぐり】タンバム 西麻布(韓国料理/西麻布/東京)

海苔巻きと一緒に出た辛めの麺ビビンククス。すべての具材をよく混ぜて!

海苔巻きと一緒に出た辛めの麺ビビンククス。すべての具材をよく混ぜて!

韓国レストランめぐりをして気がついた、食の豊かさがわかるおかず文化

実はタイ米などのお米が苦手な私が、日本以外で唯一白いお米が美味しいと思う国が韓国。韓国料理にはその美味しいお米に合うご馳走がいっぱい。食べると元気になりそうなキムチやコチュジャンなどの赤い色の料理が多いですが、実は、それ以外にも様々な料理があります。私のおすすめは、メインの料理を頼むと付いてくるパンチャンという小皿のおかず、パンチャンは、店によって違い、少しずつ盛られて提供されるので、様々な味を試すことができるのが魅力です。韓国料理は、日本で言うととんかつのシステムが一番近く、とんかつを頼むとキャベツとお味噌汁とご飯はおかわり無料のような感じ、一品いくらではない、韓国の食に対するおおらかさ、太っ腹さにはいつも感心させられます。

タンバムで食べたにらチヂミとデジカルビはとっても好みの味、スンドゥブは少し期待外れ

タンバムで食べたにらチヂミとデジカルビはとっても好みの味、スンドゥブは少し期待外れ

机の足が折れるほどたくさんの品数の食卓が良しとされる韓国、店ごとに特徴のあるパンチャンを食べるとその店のレベルがわかるようになりました。料理の美味しい店は、パンチャンも必ず美味しいのです。日本で生肉が食べれなくなって久しいですが、ソウルの広蔵市場の中に何店かあるユッケ専門店の中でもミシュランで星をとっている「プチョンユッケ」は、パンチャンのスープが群をぬいて美味しかったのです。細かいところまで手を抜かない重要性をパンチャンには感じます。パンチャンは、料理を頼むと自動的に出てきて、おかわりも無料なのですが、慣れるまでは頼んでいない料理が出てきたと心配に思うかもしれません。
昔ながらのソウルの居酒屋は忠武路辺りに多く集まっていますが、近年は江南エリアにもドラマに出てくるようなお洒落な居酒屋がどんどん出来ています。

西麻布に韓国ドラマ「梨泰院クラス」の居酒屋「タンバム」出現

地下だけど入りにくくない入口、「韓国居酒屋タンバム西麻布」と日本語をハングル表記していてる看板

地下だけど入りにくくない入口、「韓国居酒屋タンバム西麻布」と日本語をハングル表記していてる看板

今回紹介する店は、西麻布の「タンバム」、タンバムは甘い夜という意味、日本でも話題になったドラマ「梨泰院クラス」の主役男性の苦しく辛い人生にいつか甘い夜が訪れて欲しいというドラマのテーマでもあり、ドラマにも出てくる居酒屋の名前。
「梨泰院クラス」は日本でも人気があったけれど、まさか日本の、しかも西麻布にタンバムというレストランが出来るとは思いもしませんでした。でも考えてみたら外国の人向きの店の多い梨泰院、日本で言うと六本木あたりのイメ-ジなので西麻布の立地は正解なのかも、ということで行ってみました。

これをまた食べに行きたいと思う一品、韓国海苔巻き大好き

これをまた食べに行きたいと思う一品、韓国海苔巻き大好き

外観などはもちろん違いましたが、入口には、ハングルで「乾杯の数だけ甘くなる夜」と書かれている電光の文字が、そして店内は、ドラマを元に再現されているところもあって楽しかったです。店は入りやすく、すごく混んでいて大繁盛な印象、ドラマどおり、焼酎とスンドゥブとも思いましたが、メニューをきちんと見てみると、一品一品良く考えられていて、定番料理のほかにプルコギチーズチヂミやキムチチーズキンパ(海苔巻き)など、気になるメニューがたくさんありました。居酒屋らしく少し濃いめの味、しかも値段もお手頃、居酒屋なので仕方ありませんが、ほんとに賑やかで久しぶりに前の席の友人の声が聞こえないくらいでした。こんな時期なのでドアが少し開いていて、すごく寒いのでコートを着ながら食べる韓国料理、韓国に詳しい人には分かると思いますが、それもすごく韓国っぽいと思える店でした。
(2020年12月)

レストラン名タンバム 西麻布
ジャンル韓国料理
住所東京都港区西麻布2-24-17 B1F
TEL03-6805-0410
予算営業夜のみ 3.000円〜
座席座席数45席
個室なし
予約の可否予約可

 

ペンギン案内人10号/磯田 直子

タイトルとURLをコピーしました