スリランカ観光案内 人とは違う旅をめざして!!-その1

聖地&パワースポット シギリヤロック

ほぼ垂直に突き出したシギリヤロック。この頂上に王宮があるのです。

ほぼ垂直に突き出したシギリヤロック。この頂上に王宮があるのです。

ジャングルの中から突如として姿を現す、奇妙なまでに垂直にそびえる岩山シギリヤロック。約195mの武骨な岩山ですが、驚くべきはその頂上。なんと、ここはかつて王宮があった場所なのです。
1875年にイギリス人に発見されるまで密林の中で静かに眠っていたこの遺跡。その歴史は決して華やかなものとは言えませんでした。父を殺し玉座を奪った若き王カーシャパ。弟の復讐を恐れた彼は何を思ったか、この何もない巨大な岩山の頂上に逃げるように城を築きました。しかしそれもわずか11年という短い時間。復讐を果たした弟によってカーシャパの時代はあっけなく幕を下ろすのです。

美女の壁画。保存状態が良くハッキリと絵が残っている。

美女の壁画。保存状態が良くハッキリと絵が残っている。

今でこそ階段が整備され訪れやすくなったシギリヤロック。しかしカーシャパがここに王宮を築いたのは1600年も前のことです。命がけでこの岩山に登り、孤独に過ごした彼は一体どんな気持ちでこの場所に立っていたのでしょうか。実際にこの頂上へと足を運んでみると、思わずそんなふうに考えを巡らせてしまいます。
スリランカ旅で外せないシギリヤロックですが実は頂上までなんと1200段もあるかなり大変な道。私が初めて訪れた4歳の時は、そのハードな道のりに流石に断念。その2年後に再訪し、ガイドさんに手を繋いでもらいながら無事登頂することができました!美女の壁画でも有名なこの場所は一見の価値ありです。

世界遺産の文化三角地帯ポロンナルワ・アヌラーダプラ・ダンブッラ

ダンブッラ石窟寺院の入口。

ダンブッラ石窟寺院の入口。

地域によってさまざまな魅力を有するスリランカですが、この国の中央部に位置し「文化三角地帯」と呼ばれるエリアはとりわけ観光客が訪れることで知られています。ポロンナルワ、アヌラーダプラ、ダンブッラの3都市を結んだ三角形の内側。ここには世界有数の仏教遺跡が数多く残っており、先述したシギリヤロックもここに含まれます。
規模や歴史的・美術的価値も素晴らしい文化三角地帯の遺跡ですが、この場所が世界中から注目を集めている理由は、今もなお聖地として信仰を集める場であるから。実はこのような場所は世界中を見ても例が無いそうで、このエリアで観光をしていると祈りをする為に訪れた人とよくすれ違うのです。

ポロンナルワ遺跡群の中心。今も多くの参拝者が訪れます。

ポロンナルワ遺跡群の中心。今も多くの参拝者が訪れます。

スリランカの考古学を知る上で重要な遺跡が数多く存在するポロンナルワ。ブッダが悟りを開いたとされる菩提樹の分木が伸びるアヌラーダプラ。そしてスリランカ屈指の石窟寺院を持つダンブッラ。そのどれもがスリランカに行くなら必見中の必見ポイント!ただ、聖地としての色が強いこの場所では服装やマナーなど最低限のエチケットを守って観光することが大切です。

建築家ジェフリー・バワの世界

地形を活かしたユニークなデザインが特徴のバワスタイル。

地形を活かしたユニークなデザインが特徴のバワスタイル。

今や世界中の建築家にとってスタンダードなテクニックになったアイディアの数々も、元を辿るとジェフリー・バワにたどり着きます。スリランカが世界に誇る建築家ジェフリー・バワ。トロピカル建築の先駆けとして数々の作品を世に残し、常識を取っ払った彼のスタイルは「バワスタイル」とも称されました。彼の故郷であるスリランカにはバワが手掛けたホテルが多く存在し、彼が亡くなった今も多くのファンがこの地に訪れるのです。
そんなバワスタイルの一番の特徴はなんと言っても「自然との一体感」でしょう。木や岩など自然の持つ美しさを残しながら、自然に溶け込むようにして設計されたバワの作品。アジアンリゾートでよく見かけるようになった建物と外の隔たりを無くした開放的なデザインもバワのアイディアの一つです。更に彼のこだわりは設計だけにとどまらず、家具や調度品など細部にまでいたり、理想的な空間をつくり上げているのです。

見渡す限りの緑!!ヘリタンス・ガンダラマはまさに自然の中のホテル。

見渡す限りの緑!!ヘリタンス・ガンダラマはまさに自然の中のホテル。

とは言ってもバワのホテルが万人に受けるかと言えば実はそうでもなく。特にバワの最高傑作と称される「ヘリタンス・ガンダラマ」は文字通り木に覆われた緑豊かなホテル。もちろん景色は美しくはあるのですが、その分虫が多いのも事実。ほかのホテルもバワが手掛けてから何十年と時が経っているものばかりで、年季が入っていると感じる場所もあるでしょう。それでもバワのホテルに泊まりたいならば、そういった事は念頭に置いておいたほうがいいかもしれません。

 

ペンギン案内人5号/川崎 彩乃

タイトルとURLをコピーしました