【音楽を巡る旅】ビートルズの軌跡を巡る4都市

アルマトイのコクトベ展望台にあるビートルズ像。ビートルズはカザフスタンにいったことはありません。

アルマトイのコクトベ展望台にあるビートルズ像。ビートルズはカザフスタンにいったことはありません。

海外旅行に行くときにあなたはどのように目的地を決めますか?美しい自然の景色、奥深い歴史を感じる遺跡、その土地ならではの名物料理、あるいはショッピングも旅行に重要な要素ですよね。
もしそれでも目的地としての決め手に欠ける場合はご自身の好きなカルチャーの舞台・ルーツをもう1つの要素として考えてもいいかもしれません。
今回はビートルズを題材にして、彼らが辿った軌跡を場所とともに紹介していきます。彼らの歩んだ実際の地に足を運ぶと、何度と聴いた曲でも新鮮に響くことでしょう!

いまさらながら…ビートルズとは?

リバプールにあるビートルズをテーマにした「ハード・デイズ・ナイト・ホテル レストラン」

リバプールにあるビートルズをテーマにした「ハード・デイズ・ナイト・ホテル レストラン」

今更ビートルズの名前を聞いたことはない人はいないでしょうが、彼らの功績の中で何が偉大だったかをすぐに言える人はそこまで多くはないかもしれません。
ボーカル・ギター・ベース・ドラムの4人編成のバンドスタイル、そして自作の曲を書いて自らが演奏するという現在のロックバンドにおける基本形はビートルズが確立したものとして異論はないでしょう。

こちらは「ハード・デイズ・ナイト・ホテル」の館内

こちらは「ハード・デイズ・ナイト・ホテル」の館内

そして何よりも彼らの音楽はエルビス・プレスリーやチャック・ベリーなどリズム&ブルース色の強いロックンロールがベースですが、それに彼らの出自のケルト民謡やクラシック音楽をジャンルレスにミックスし、耳馴染みのよいポップソングへ昇華させました。結果、彼らの音楽は後進のミュージシャンに大きな道を切り開くとともに、人種や国境を越えあらゆる人々に届くポップミュージックとして今も世界に親しまれています。

ビートルズ誕生の地・リバプール

リバプールの夕暮れのマージー川

リバプールの夕暮れのマージー川

そんなビートルズの誕生は1957年のイングランド北西部の湾岸都市・リバプール。当初はビートルズの中心的なメンバーであるジョン・レノンが結成していた前身バンド「クオリーメン」に地元の楽器のうまいポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンがメンバーに加えられました。まだジョン17歳、ポール15歳、ジョージ14歳くらいの時の話です。
ちなみに最後のメンバー、リンゴ・スターの加入は(同じリバプール出身ではありますが)この時点ではまだ先の話。この時代のドラマーは別にいたのです。

ペニーレーン 朝の風景

ペニーレーン 朝の風景

話をリバプールに戻しましょう。
ビートルズのメンバーが誕生したリバプールには、作品のインスピレーションの元になった出来事や彼らの原体験にまつわる場所がたくさんあります。
メンバーの生家、キャヴァーンクラブ、ペニーレーン、ストロベリーフィールズ、エリナー・リグビーの墓石など、ジョンやポールが見たであろう風景はリバプールで今も息づいているのです。
ちなみに効率よく観光するならタクシーをチャーターするか、「あの」マジカルミステリーツアーバスに乗って巡るのがおすすめです。特にマジカルミステリーツアーは気分が高まりますよ!

ビートルズの下積み時代・ハンブルグ(ドイツ)

アルスター湖とハンブルク市内

アルスター湖とハンブルク市内

リバプールを中心に巡業を行っていたビートルズではありますが、1960年にドイツのハンブルクに行くことになります。当時のドイツは第2次世界大戦の敗戦の影響からまだ抜け出せない状況ではありましたが、ハンブルクは欧米の軍人や船乗りのための繁華街としてヨーロッパ随一の大変な賑いを見せていたのです。そんな中で、リバプールの巡業よりも遥かによい給料をもらえるハンブルクは彼らにとって魅力的だったのです。

ハンブルグ 世界遺産の倉庫街

ハンブルグ 世界遺産の倉庫街

ハンブルクでのビートルズを取り巻く環境は劣悪でした。なんせ毎日8時間を超える演奏、さらには気性の荒い船乗り、酔っ払っいや関心がない客に対しても演奏しなくてはならないのですから。しかしこのハンブルクの下積み時代は、彼らの演奏技巧を格段に高め、人気を獲得するためのライブパフォーマンス術を身につける契機になったのです。
そんなハンブルクの歓楽街レイパーバーンには彼らが演奏していた「インドラ」「カイザーケラー」などのクラブがいまだ現存しており、当時の面影を感じることができます。

タイトルとURLをコピーしました