ベトナム観光で楽しみたいことベスト10【世界の国に行ってDO!】-その2

クチのオーガニック農園で野菜の収穫を体験!!

クチのオーガニック農園で野菜の収穫を体験!!

今やハワイやグアム、台湾などに次ぎ高い人気を誇っているベトナム。ホーチミンやダナンなど人気の観光地は多いですが、実は地域によってそれぞれ違った良さがあるこの国。大都市も過ごしやすく快適ではありますが、ベトナム本来の素朴さや温かさを求めるなら郊外への観光は外せません。
ここでは「その1」に引き続きベトナム観光で楽しみたいポイントを厳選!前回は比較的メジャーな5つでしたが、今回はちょっと通なベトナムを満喫できる5つをご紹介していきたいと思います。

ベトナムの代表的なリゾート・ニャチャンでリゾートライフ

透き通るような海と白砂が美しい。

透き通るような海と白砂が美しい。

ベトナム屈指のビーチリゾートとして国内外から多くの旅行客が訪れるニャチャン。年間を通して晴天の日が多く、約5kmに渡って続く白砂のビーチと青く透き通る海が魅力のスポットです。日本人に人気のあるベトナムリゾート・ダナンよりも海の透明度が高いと言われ、近年日本からの観光客も徐々に増えています。

ニャチャンには高級リゾートもたくさん。思う存分羽を伸ばせます!

ニャチャンには高級リゾートもたくさん。思う存分羽を伸ばせます!

実はフランスの植民地時代、政府の要人向けリゾートとして開発されたニャチャン。かねてより欧米人から注目を集めており、ベトナムのリゾートの元祖とも言える場所なのです。そんなニャチャンでの楽しみ方はもちろんマリンスポーツ!海で泳いだりシュノーケリングやダイビングに挑戦したり、島巡りツアーに参加してみるのも面白いでしょう。また太陽が沈み始める時間帯の景色も素晴らしく、オレンジ色に染まった空と海、そしてそこに浮かぶヤシの木のシルエットは息を吞むほど美しいです。
ベトナム旅行と言うと2,3泊のスケジュールが多いですが、せっかくニャチャンに行くならいつもよりたっぷり時間を取りたいところ。一生の思い出になるような素敵な体験ができること間違いなしです。

美しき棚田の里サパで少数民族のマーケットへ

ロープウェイで上から見下ろすとまた違った美しさを体験できます。

ロープウェイで上から見下ろすとまた違った美しさを体験できます。

中国との国境に程近い山間に広がるサパ。標高1,600mの場所にあるこの里は、フランス統治時代には避暑地として重宝され、今も当時のコロニアルな建物がいくつか残っています。
そんなサパの最大の魅力はなんと言っても棚田の広がる田園風景でしょう。山に沿うように拓かれた美しい緑の階段。21世紀の現代でも昔ながらのやり方で一つ一つ手作業で行われているのだとか。一面に広がる棚田の姿はまさに壮観のひと言です。

頭に巻いた赤い布が特徴的な赤ザオ族の女性。

頭に巻いた赤い布が特徴的な赤ザオ族の女性。

また周囲には黒モン族や赤ザオ族をはじめ数々の少数民族が暮らす村があり、毎週土曜日と日曜日には彼らが作った手工芸品がマーケットにずらりと並ぶのです。可愛らしい民族衣装を身に纏った人々は素朴で非常に温かな人柄。そんな彼らとの交流もこの地へと赴く楽しみでもあります。ホーチミンなどの大都会だけではまず見られない少数民族たちのリアルな暮らし。サパはひと味違ったベトナム旅行を楽しめるオススメのスポットなのです。

世界遺産のハロン湾でクルーズを楽しむ

ハロン湾に停泊するクルーズ船。

ハロン湾に停泊するクルーズ船。

数あるベトナムの観光地の中でもとりわけ旅行客からの人気が高いハロン湾は、その稀有な景観から世界遺産にも登録されています。まるで海面からぐんぐんと生えてきたかのように突き出した奇岩群。その数はなんと大小合わせて2,000にも及び、どこか神秘的な雰囲気さえ感じさせます。
「ハロン湾」とはハ(海)に降り立つロン(龍)と言う意味。かつて外敵がこの地を侵略しに来た時、突如龍が現れ、口から放った宝石で敵を倒したという伝説から来ているのだとか。その宝石が岩となり現在の風景を生み出したのだとされています。

ハロン湾クルーズではボートに乗り換えて奇岩に近づくことも!

ハロン湾クルーズではボートに乗り換えて奇岩に近づくことも!

水墨画の題材として有名な中国の桂林にも似たようなスポットがありますが、それとはまた違った趣。あちらは川であるのに対してハロン湾は海なので、晴れている日には青々とした海に浮かぶ不思議な岩々を見ることが出来るのです。もしハロン湾に訪れるなら是非とも船に乗ってクルーズを楽しんでみてはいかがでしょうか。新鮮なシーフードをいただきながら見る絶景は格別です。

タイトルとURLをコピーしました