おとな女子が楽しむ世界の絶景ベスト10

「星の王子様」の世界が広がるバオバブ並木道 (マダガスカル)

今まで私が旅した93か国の中から、働く女性が等身大で楽しめる場所をチョイスしました。治安や衛生面が極端によくない場所は外してあるので、いずれも安心して行ける場所です。掲載している写真も実際に見て、心で感じたものを写したものです。プロのカメラマンが撮ったものに比べると少し違うかもしれませんが、逆にいうと、みなさんも、足を運べば同じような写真が撮れるということです。その地を歩いた者だけが知る情報や空気感などをご紹介いたします。次の旅先の参考にしていただければ幸いです。

ウユニ塩湖 【ボリビア】

塩湖の真ん中でランチはいかがでしょうか。

死ぬまでに見たい絶景に必ず選ばれる、ボリビアの中央西部アルティプラーノにある広大な塩の大地 ウユニ塩湖。地平線まで続く白銀の世界は、昨今の絶景ブームの火付け役と言っても過言ではありません。塩湖の上にできる”天空の鏡”は生涯忘れられない絶景です。一瞬一瞬で表情がかわるウユニ塩湖は何時間でもぼーっとたたずんでいられるところ。心の中にあるモヤモヤがいっきに浄化されていきます。まさに地の果てにあるこの世の天国です。

真っ白な大地で遊ぼう!トリック写真

一番の絶景は雨期(1月~2月)。雨が降った直後のわずかな時間だけ、水が波もたたないほど薄く広がるため、湖面が鏡のように反射します。あたり一面、塩でできた六角形の模様で真っ白となる乾季(4月~11月)もおすすめです。乾季は雲が少ないため、きれいな青空が見えます。でも冬なので防寒は必要です。お肌の天敵 紫外線にも注意です。雨期から乾季への変わり目の時期である5月だと、乾季と雨季の両方の姿が味わえます。

ペトラ遺跡 【ヨルダン】

道なき道の冒険の先には・・・

映画インディージョーンズ 最後の聖戦の舞台で知られるペトラ遺跡。謎が多いことから、古代世界の8番目の不思議と称されます。
遺跡観光はかなり歩きます。シークと呼ばれる岩の割れ目を進むこと1.2㎞。道幅も狭く、崖の高さが100mにおよぶところは圧迫感がありますが、同時に冒険にきたようなワクワク感も募ります。ようやく抜け出すと、この遺跡のメインであるエルハズネが現れます。スケールといい、美しい彫刻といい、圧巻です。特に崖の上から見る全体像は必見です。道なき道を登るのは苦労しますが、その価値は絶対にあります。(有料のロバのタクシーもあります。)

ロマンチックな雰囲気が漂う夜のペトラ遺跡。

遺跡が美しくライトアップされる、「ペトラ・バイ・ナイト」もおすすめです。昼間歩いたシークがロウソクでライトアップ。そのやさしい明りに導かれ、歩みを進めると、およそ1800個のロウソクに照らされたエルハズネが目の前に現れます。息をのむほどの幻想的な光景は、忘れられない思い出となります。

クルーガー国立公園 【南アフリカ】

全面ガラス張りのとっても広いお部屋

南アフリカが誇るサファリのメッカ、クルーガー国立公園。おとな女子におすすめは極上のサファリロッジステイです。クルーガー国立公園の中でプライベートサファリができる唯一のロッジ「シンギタ」は、世界のセレブに愛される最高級ロッジです。丘の上に立つシンギタレボンボロッジと、川に面したシンギタスウェ二ロッジ合わせても6、7台のサファリカーしかありません。めったに他のサファリカーに会うことがないので、ゆっくり優雅にサファリが楽しめます。国立公園の中にある私営保護区なので、国立公園の厳しい規制がなく、動物にかなり近づくことができます。

ベランダにあるスターベッドからは、ロマンチックな夕日が楽しめます。

ロッジにはワインセラーがあり、いつでも美味しい南アフリカワインが楽しめるのも、おとな女子には外せないポイントです。最高級の食事と最高級のサービスでもてなしてくれるシンギタで、極上サファリ体験はいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました