遺跡愛が止まらない。カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡群」 行くならココだ。10選

 width=

カンボジアには、旅行好き・遺跡好きをうならせる見どころがたくさん!

日の出が美しく映えるアンコールワット、遺跡を侵食する木の根が圧巻の迫力のタプローム、「クメールの微笑み」と呼ばれる観音菩薩像が印象的なアンコールトム、誰もが微笑みの魅力の虜になる「東洋のモナリザ」のレリーフがあるバンテアスレイ・・・。カンボジアはたくさんの魅力的な遺跡で溢れています。今回は、アンコール遺跡観光の拠点となる街・シェムリアップ、そして、その近郊にある穴場スポットまで一挙にご紹介。たっぷり観光に時間を取って、カンボジアの遺跡にどっぷりハマっちゃいましょう!それでは皆さんレッツゴー!

アンコールワット遺跡

 width=

旅好きならきっと皆さんご存知。これぞ「アンコールワット」でございます。

トリップアドバイザーで「世界の訪れたいランドマーク」1位にも選ばれたアンコール王朝を代表する遺跡です。東南アジアの大帝国クメール王国が残した巨大遺跡群の中心でありヒンドゥー教寺院の総本山アンコールワット遺跡は多彩なヒンドゥー教の神々の3大神の1人ヴィシュヌ神へ捧げた壮大な宗教建築です。

 width=

アンコールワットをちょこんとつまむポージングが流行ってるらしい?!

神々の住む山をイメージした中央祠堂を頂点にピラミッドのような形になっており、壁にはヒンドゥー教や古代インドの叙事詩などが語られたレリーフを見る事ができます。1992年にアンコール・ワットを含む遺跡群が「アンコール遺跡」として世界危機遺産に登録され、2014年に世界文化遺産に登録されました。

サンポールプレイクック遺跡

こちらはアンコール遺跡群よりもちょっと先輩にあたる遺跡です。

サンポールプレイクック遺跡はプノンペンとシェムリアップの間に位置し、2017年7月にカンボジア第3の世界遺産として登録されました。日本の聖徳太子による大和朝廷時代と同時期で、アンコール遺跡群より前の7世紀初頭に作られたとされています。

まるで蛇が絡みついているかのような光景。

中国の王朝正史24書の隋書には伊奢那城と記述されており、象牙と金の玉座も置かれていたと書き残されています。遺跡は主に3つの遺跡群と多くの遺跡からなり、東西6km・南北4kmという巨大な遺跡群です。人気のアンコール遺跡からは離れている為、訪れる観光客は少なめですが、保存状態のよいアンコール初期の遺跡を見る事が出来ます。

アンコールトム遺跡

アンコールトム南大門。門の両脇には無数の像が・・・。

カンボジアのアンコール・トムは門と城砦、寺院などから成る12世紀末の都市遺跡で、12kmにも及ぶ城壁に囲まれています。アンコールトムとは「偉大な王都」の意味で、ジャヤバルマン7世がチャンパ(ベトナム)との戦争に勝利した記念に作られました。12世紀から15世紀にかけて約10万人の人々が暮らしていたといわれています。

アンコールトム バイヨン 第一回廊の壁の彫刻。

遺跡の中心に位置するピラミッド型の寺院はバイヨンと呼ばれ、高さ43mの中央祠堂を16の塔堂が囲み、中央祠堂と尖塔には「クメールの微笑み」と賞される50を超える観音菩薩の四面仏像が配されています。象の彫刻が多く施された象のテラスは、土台の壁面に並ぶガルーダが、テラス全体を支えているかのようです。

タイトルとURLをコピーしました