中国入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新) 

2021年、中国旅行の予約をするなら今!

九寨溝近郊 世界遺産・黄龍の五彩池

九寨溝近郊 世界遺産・黄龍の五彩池

「こんな状態で次の海外旅行の予約なんて考えられないよ」という声が聞こえてきそうですが、今のうちに2021年の旅行についてそろそろ考えはじめた方がよいと断言できます。なぜなら現在、需要と供給のバランスにより航空券やチケットの代金は下げ止まりが続いています。また航空会社はウィズコロナの世界に対応するために規模の縮小を続けています。

日本の伝統的な木造建築のルーツ?三江の風雨橋

日本の伝統的な木造建築のルーツ?三江の風雨橋

ソーシャルディスタンスを保つことも考慮に入れると、飛行機の座席数は今後縮小が続いていくでしょう。近い将来、日本と世界の入国規制が撤廃されれば旅行に行きたかった人達が一気に予約をはじめ、コロナ以前のような低価格で行けなくなるのは明白です。航空券のタイプによってはすぐにキャンセルチャージが掛からない商品もあるので、2021年の旅行を検討するならば、個人の要望にも応えてくれる旅行会社を選ぶのが今のところ最適な方法と言えそうです。

中国の行き方

世界の航空会社ランキング上位のキャセイパシフィック ビジネスクラスシート

世界の航空会社ランキング上位のキャセイパシフィック ビジネスクラスシート

ここからは中国の基本的な情報をご紹介します。
現在、中国各地へは航空会社が目的地別に運行しているため、目的地に応じて航空会社を選ぶのが良さそうですね!
最新のスケジュールは航空会社のHPから改めてご確認ください。
(日系)
JAL・日本航空(JL)
成田=大連(毎週火・水・木・金曜日)
成田=広州(毎週金曜日)

ANA・全日空(NH)
成田=上海・浦東(毎週日曜日)
成田=青島(毎週水曜日)
成田=広州(毎週水曜日)
成田=深セン(毎週月曜日)
成田=杭州(毎週木曜日)

どんどん拡大されている中国高速鉄道網 中国国内の旅が便利になります!

どんどん拡大されている中国高速鉄道網 中国国内の旅が便利になります!

(中国系)
上海吉祥航空(HO)
関西=上海・浦東(毎週火曜日)
関西=南京(毎週木曜日)

中国南方航空(CZ)
成田=広州(毎週水曜日)
成田→瀋陽(毎週木曜日)

中国国際航空(CA)
成田=上海・浦東(毎週木曜日)
成田→杭州(毎週水曜日)

中国東方航空(MU)
成田=上海・浦東(毎週金曜日)
成田→西安(毎週火曜日)

深圳航空(ZH)
成田=深圳(毎週日曜日)
成田=無錫(毎週金曜日)

厦門航空
成田=福州(毎週水・金曜日)

中国の気候

龍勝棚田の景色

龍勝棚田の景色

ひと口に中国といっても国土は広大ですので、同じ季節でも行先によって寒暖の差が激しい国です。中国の気候は赤道地帯、熱帯、亜熱帯、暖温帯、温帯、寒温帯の6つに分類できるほど多岐にわたります。
例えば華北エリアの中央に位置する北京の11月下旬のある1日の最高気温/最低気温は6℃/-7℃です。一方、北京から南の華中エリアに属する上海の同日の気温は14℃/8℃となっています。つまりこの2つの都市だけでも10℃以上の気温の差があります。

羅平・牛街螺糸田の菜の花畑は季節に注意していきましょう!

羅平・牛街螺糸田の菜の花畑は季節に注意していきましょう!

そのため中国のベストシーズンと言えども都市によって大きく違います。おおまかに言えば、北京や上海などは夏は暑すぎるので春と秋の旅行がおすすめ。逆に九寨溝やチベットなど標高が高い地域は夏がいいでしょう。広州(広東省)、桂林(広西チワン族自治区)などがある華南エリアは1年を通じて気温が10℃を下回ることはありませんので、エリアによっては冬の時期でも観光が楽しめます。

中国の見どころ

中国の絶景といえばここ!水墨画のような桂林の漓江下り

中国の絶景といえばここ!水墨画のような桂林の漓江下り

中国の観光で素晴らしい場所をあげれば枚挙にいとまがありませんが、私が個人的に中国へ初めて行く方におすすめしたい場所は四川省です。
四川省には日本人がイメージする中国の魅力がたっぷり詰まっています。代表的なものを挙げますと①麻婆豆腐などの四川料理、②三国志関連の史跡が豊富、③そしてパンダの故郷でもあります。

残念ながら中国に入国できないと、チベットも行けません 写真はポタラ宮

残念ながら中国に入国できないと、チベットも行けません 写真はポタラ宮

しかも成都へは直行便も運行しているので(現在はコロナ禍のため運休中)、アクセスも非常に楽ちんです。さらに成都を拠点として中国の国内線を利用すれば、世界遺産の九寨溝やチベットのラサへも数時間で行けちゃいます(チベットは別途入域許可書が必要です)。
つまり四川省は初めての中国旅行にもおすすめですし、周囲に魅力的な観光地も多いので2度目、3度目の行き先としても最適ですよ!

 

ペンギン案内人6号/橋本 康弘

タイトルとURLをコピーしました