草原の国モンゴル おすすめ観光スポットBEST7

大自然に囲まれたゲルステイは、自然と心が浄化される

日本から約5時間半で行けるモンゴル。どこまでも続く大草原、果てしない地平線が広がり、日本では味わえない想像を超える大自然がそこにはあります。毎日がなんだか慌ただしくて、ちょっと一息つきたいなあ。そんな時はモンゴルがおすすめです。日中は乗馬を楽しみ、夜は草むらに寝っ転がって満点の星空を眺める。明るくなったら起きて、暗くなったら眠る。豊かな自然の中で呼吸をすると、時間も豊かに感じるはずです。今回は圧倒的な大自然が堪能できる場所から市内の人気スポットまで、モンゴルのおすすめ観光地をお伝えします。

最高のロケーション誇る「ウンドゥルシレット」で大草原を独り占め

壮大な大草原ではさえぎるものはなにもない!

ウランバートルから南西に200km、車で約4時間の場所にある、ウンドゥルシレット。かつてモンゴル帝国の首都がおかれていたカラコルムと現在の首都ウランバートルの中間地点に位置しています。ウンドゥルシレットには建物が一切なく、あるのは360度地平線に広がる大草原、そして草原を這うように流れる美しいトゥーラ川。モンゴルに来た!ということを実感できる、絶景のスポットなのです。

大自然の中での乗馬は爽快で気持ちいい!

川のほとりにあるキャンプに泊まれば、大草原の中で乗馬をしたり、遊牧民のゲルを訪問したり、川で魚釣りをしたり、夜には満点の星空を眺めたり・・・など、様々なアクティビティが楽しめます。空・大地・川を独り占めできる、異世界の場所へ行ってみませんか?

草原と砂丘が広がるカラコルムの玄関口「ブルド」へ

数多くの遺跡が残るエルニデ・ゾー寺院

モンゴルには大草原以外にも見どころはたくさんあります。最も有名なのが、モンゴル帝国の旧都カラコルムです。かつての首都であったカラコルムには、仏教大寺院群であるエルニデ・ゾーをはじめとした多くの遺跡や史跡が残っています。ブルドはカラコルム遺跡へのベースキャンプ地として知られ、草原と小高い山、砂丘が広がり、草原と砂丘のコントラストを堪能できる場所です。

これぞモンゴル!という風景が楽しめるブルド

ウランバートルからブルドへ向かう途中には、見渡す限りの大草原、咲き乱れるお花畑、羊や馬の群れなど写真のシャッターチャンスがいっぱいです。誰もが想像するこれぞモンゴル!といった風景を楽しめるのがブルドの魅力のひとつといえるでしょう。

世界最後の野生馬タヒに出会える!?「ホスタイ国立公園」

馬だけど、ロバのよう?なんとも可愛いらしいタヒ

ウランバートルから車でおよそ2時間。日本の屋久島と同じくらいの面積を誇るホスタイ国立公園には、シカやウサギなど約50種類もの哺乳類が生息し、またモンゴルならではの薬草や花など、様々な動植物を観察することができます。中でも注目すべきなのが、野生馬タヒです。一度は絶滅寸前まで追い込まれたものの、ホスタイ国立公園で保護され、現在は約200頭のタヒがのびのびと暮らしています。

運良くタヒの群れに遭遇!ラッキー!

なんだかずんぐりむっくりしていてなんとも可愛いらしいタヒ。自然に生きている野生馬の姿を見られるのは、ホスタイ国立公園だけなんです。ただ果てしなく続く広大な敷地の中、タヒを見つけるのはなかなか大変で、出会えるかどうかは運次第です!公園の入り口にはゲルキャンプがあるので、宿泊も可能です。

タイトルとURLをコピーしました