ミャンマー入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新) 

2019年世界遺産に登録されたばかりのバガン遺跡

2019年世界遺産に登録されたばかりのバガン遺跡

ミャンマーはひと昔前まで外国人には「強制両替」が課せられ、旅行しにくい国のイメージがありましたが、2011年軍政が終わったのを期に民主化が進み観光業も発展しました。2018年以降一旦ビザも不要となり、信仰心が篤く穏やかな国ミャンマーへ訪れる日本人も増えてきました。2019年にはバガン遺跡も世界遺産に登録され、ますます人気が出るハズの国のひとつです。そんなミャンマーいつ行ける!?

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_018.html#ad-image-0

ミャンマー:いつから海外旅行に行ける?(4/26更新)

2018年のファイブスタークラブの社員旅行はミャンマーでした

2018年のファイブスタークラブの社員旅行はミャンマーでした

◆入国:日本人(観光目的)はまだ入国が出来ません。
現在、政府事業、建築事業、経済活動等に係る職務を果たすことを目的とする場合に限り、外国政府関係者及びビジネス関係者への査証発給、及び入国が許可されています。
<通常トラック>①出発前72時間以内に発行された陰性証明書の携行②出発前7日間の自宅隔離を示す証明書③ミャンマー到着後のPCR検査及び7日間の施設での隔離④(陰性が確認された場合)更に7日間の自宅隔離。
<ファストトラック>①出発前36時間以内に実施したPCR検査による陰性証明書の携行②ミャンマー到着後7日間の施設での隔離及び2回のPCR検査(2日目と7日目)における陰性の確認。
—->【注意】2021年1月13日よりミャンマーとのレジデンストラックの運用を停止しています。

子供連れにも安心、穏やかな国ミャンマー

子供連れにも安心、穏やかな国ミャンマー

◆ミャンマー国内情勢に関する注意喚起
2021年2月1日にミャンマー国軍が政府の全権を掌握したことを受け緊急事態が発表されました。ヤンゴン市内や首都ネーピードーをはじめとするミャンマー国内の各所で大規模な集会やデモが連日実施されており、デモ参加者に拘束者、死傷者が出ており大変危険な状況です。
◆航空会社運行状況
入国制限措置及び国際旅客便着陸禁止措置は、2021年4月30日まで延長されています。

ミャンマーまで乗り継ぎ便利用の場合の注意は!?

空港に到着した時はウキウキしますね!

空港に到着した時はウキウキしますね!

ミャンマーの玄関ヤンゴンへは全日空の直行便が一番便利です。他の方法として隣国からの乗り継ぎ便利用も多く便利です。ただし、他国での乗り継ぎ便は要注意!たとえミャンマーが入国可能となっても乗り継ぎ地にどの様な規制があるかを確認しなければなりません。

隣国タイとの周遊の場合、タイの入国規制も都度確認を!

隣国タイとの周遊の場合、タイの入国規制も都度確認を!

他国との周遊旅行についても確認が必要です。隣国ベトナム、ラオス、タイなどに行く際にも「日本人の入国が可能か」、「ミャンマー滞在後の入国が可能か」、「条件付きの入国可能(PCR検査陰性証明書)か」など目的国の規制情報を必ずご確認ください。

ミャンマーから日本へ帰国後の規制について

帰国してからの規制は?<空港イメージ>

帰国してからの規制は?<空港イメージ>

◆ミャンマー出国の際の制限はありません。
◆日本に帰国・・・当面の間、全ての入国者に対して、厳しい水際対策措置が取られています。
・全ての入国者(帰国者)に対し、出国前72時間以内の検査証明の提出を求める
・入国時の検査を実施
・出国前72時間以内の検査証明を入国時に提出できない場合は、検疫所が確保する宿泊施設に待機となります。
・全ての入国者に対し入国の翌日から起算して14日間は、自宅もしくは自身で手配された滞在場所で待機。空港からの移動は公共交通機関の使用禁止。自宅待機中も保健所による健康確認が行われますので、不要不急の外出は避けてください。入国後に待機する滞在場所と、空港等から移動する手段を検疫所に伝えるなどの誓約書の提出が必要です。

お土産も旅の思い出のひとつ・・・

お土産も旅の思い出のひとつ・・・

世界的にワクチンの接種が始まり徐々に世界が開かれていくと思われますが、今はまだ辛抱が必要な時期。いずれ来るであろう収束を信じて、感染拡大を少しでも抑えられる様出来ることを行っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました