マレーシア入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新)

クアラルンプールの街のシンボル、「I LOVE KL」!

クアラルンプールの街のシンボル、「I LOVE KL」!

皆さん、マレーシアを旅したことはありますか?ボルネオ島の大自然やランカウイ島をはじめとするアイランドリゾート、地方のスローな暮らしからアジア有数の都市とされる大都会クアラルンプールまで。マレーシアは宗教と歴史に彩られた多様な顔を持つ国です!しかし気になるのはコロナウィルスによる影響。今マレーシアに行っても問題ないのか?そもそも日本人の入国は可能なのか?こちらの記事では入国規制の最新情報と旅の参考になるお役立ち情報をご紹介していきます。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_017.html#ad-image-00

マレーシア:いつから海外旅行に行ける?(4/30現在)

クアラルンプールのランドマーク☆

クアラルンプールのランドマーク☆

現在マレーシアへの外国人観光客の入国は認められていません。日本の外務省が公表している感染症危険度レベルも「渡航を止めてください」に該当するレベル3に設定されています。
入国が認められているのは、マレーシア国民の配偶者と子女、永住者、外交官、MM2H(マレーシアマイセカンドホーム)ビザ保有者、就労ビザ、駐在者、技能労働者、知識労働者のみです(学生ビザでは入国不可)。国外からマレーシアに到着した全ての者は、出発前に取得したPCR検査の陰性証明を提出した者は7日間、取得していない者は10日間の政府指定の隔離センターでの強制隔離となります。

ボルネオ島で見つけた青い鳥。か、かわいい、、

ボルネオ島で見つけた青い鳥。か、かわいい、、

一部地域において活動制限令(MCO)、条件付き活動制限令(CMCO)及び回復のための活動制限令(RMCO)の各対象地域における規制(SOP)が行われており、州により対応が異なります。

▼在マレーシア日本国大使館サイトをご確認ください。(日本語)
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_01012021.html

ただし乗り継ぎや周遊は注意!

夜の屋台。中華料理からマレーシア伝統のニョニャ料理まで幅広く楽しめます♪

夜の屋台。中華料理からマレーシア伝統のニョニャ料理まで幅広く楽しめます♪

今後マレーシアが日本人の受け入れを許したとしても、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。東南アジアに属するマレーシアのご近所である、インネシアは、マレーシアと同じく感染症危険度レベルが3に、ブルネイ、シンガポール、ベトナム、タイも「不要不急の渡航中止」に該当する染症危険度レベルが2が設定されており、日本人のみならず観光客の受け入れを開始していません。どの国かいつ規制を緩めるかはわからないので、旅行を計画する際は気を付けましょう!

ボルネオのオラウータン保護区ではその名の通りオラウータンと出会えます!

ボルネオのオラウータン保護区ではその名の通りオラウータンと出会えます!

たとえ、乗継ぎだけだとしてもマレーシアが入国を許可していない国を乗継いでマレーシアへ行こうとするのはリスクも高いので止めておくのが無難です。尚、マレーシアへの入国を伴わない国際線乗り継ぎは許可されています。

帰国後の規制について

こんなホテルもあります♪都市もリゾートも田舎も味わえるの最高ですよね。

こんなホテルもあります♪都市もリゾートも田舎も味わえるの最高ですよね。

◆日本に帰国・・・「水際対策強化に係る新たな措置」(2021年1月8日)において、緊急事態解除宣言が発せられるまで実施することとした、【全ての入国者に対して出国前72時間以内の検査証明の提出を求めるとともに入国時の検査を実施する措置】は、当分の間、継続することとなりました。
・全ての入国者(帰国者)に対し、出国前72時間以内の検査証明の提出を求める
・入国時の検査を実施
・出国前72時間以内の検査証明を入国時に提出できない場合は、検疫所が確保する宿泊施設に待機となります。
・全ての入国者に対し入国の翌日から起算して14日間は、自宅もしくは自身で手配された滞在場所で待機。空港からの移動は公共交通機関の使用禁止。自宅待機中も保健所による健康確認が行われますので、不要不急の外出は避けてください。入国後に待機する滞在場所と、空港等から移動する手段を検疫所に伝えるなどの誓約書の提出が必要です。

めちゃくちゃ長い階段で有名なバトゥ洞窟。登るだけでエクササイズ。

めちゃくちゃ長い階段で有名なバトゥ洞窟。登るだけでエクササイズ。

世界的にワクチンの接種が始まり徐々に世界が開かれていくと思われますが、日本でも接種が始まったばかりで海外旅行に行けるのは少し先になりそうです。今はいずれ来るであろう夜明けを信じて、感染拡大防止対策を行っていきましょう!この期間にガイドブックを片手にじっくり旅行の計画を立てるのも楽しいものです。

タイトルとURLをコピーしました