ウズベキスタン駐在員がおすすめする中央アジア「スタン系」必見の見どころベスト10

青の霊廟たちに圧倒されるサマルカンドのシャーヒズィンダ廟群

魅力はたっぷりあるものの、まだまだ日本人にとってマイナーな旅行先である中央アジア。最近はウズベキスタンの青の絶景が注目を集め、徐々に観光客が増えています。けれども中央アジアの魅力はこれだけではありません。シルクロード交易で繁栄したオアシス都市、中央アジアのイメージを覆すような奇想天外な建造物が並ぶ近未来都市、そして広い湖や草原、何千メートルもの山々が連なる山岳地帯、、、と国やエリアによってさまざまな顔を見せてくれます。「スタン系」を制覇した私が選ぶ中央アジアの見どころベスト10をご紹介します。

英雄ティムールが甦らせた青の都サマルカンド

鮮やかな青のドームが印象的なグル・アミール廟

近年観光客が急増している注目の国ウズベキスタン。鮮やかな青の歴史建築物が人気スポットとして人気を集めていますが、この絶景が集まっている街が「青の都」や「東方の真珠」と呼ばれるサマルカンドです。古く紀元前に町が築かれましたが、13世紀のモンゴル軍の襲来でほぼ廃墟と化します。しかし14世紀にティムール帝国の首都となり、繁栄が甦りました。

レギスタン広場のティラカリ・メドレセ天井は息を呑む美しさ

その主人公ティムールは今でもこの街の英雄で、彼が眠るグル・アミール廟やティムールゆかりの人々の霊廟が並ぶシャーヒズィンダ廟群は青の絶景を思う存分堪能できる見どころです。またサマルカンドの観光の中心となるのがレギスタン広場で、広場を囲む3つのメドレセ(神学校)はまさに壮観。シルクロード交易の面影を今に残すような古きよき市場、シヨブバザールにもぜひ寄ってみましょう。

イスラム世界の中心として繁栄した聖なる街ブハラ

古くからブハラの街を見守ってきたカラーンミナレット

ブハラはサマルカンドと並ぶウズベキスタンの観光都市で、やはりシルクロード途上の交易都市として古くより栄えました。この街に歴史のスポットライトが当たるのは9世紀のサーマーン朝時代で、イスラム世界の中心として多くの学者や神学生、商人たちがこの街にやってきました。

中央アジア最古のイスラム建築、イスマイール・サーマーニ廟

その後16世紀のシャイバニ朝から始まるブハラ・ハン国の都として再び繁栄し、この際形成された土壁の旧市街は今なおすばらしい状態で残っています。旧市街の中心の池ラビハウズ、この街の象徴である塔カラーンミナレット、歴代の王の居城アルク城、そして貴重な歴史遺産のメドレセ(神学校)やモスクなど、旧市街内には見どころが無数にあります。中世さながらの雰囲気を残す路地をぶらぶら散歩するだけでもすばらしい体験になることでしょう。

ヒヴァは城壁の中にぎゅっと魅力が詰まった砂漠の街

イチャン・カラ(内城)の城門とカルタ・ミノル

ウズベキスタンで最初に世界遺産に登録されたヒワは、カラクム砂漠の中にあるオアシス都市。首都タシケントから飛行機で約2時間、列車なら一晩かかりますが、サマルカンドやブハラとは全く雰囲気が異なるぜひ訪れたい街です。長さ2km以上の城壁で外界から守られた内城イチャン・カラの中に、多くの価値ある歴史建造物が残っています。

イスラム・ホジャ・ミナレット頂上からの絶景

まず目に付くのが、途中でスパッと切ったように見える未完成の塔カルタ・ミノル。王の宮殿クフナ・アルクやヒワで最も重要なモスクのジュマ・モスク、13~14世紀の聖人の廟パフラヴァン・マフムド廟もぜひ訪れてみましょう。イスラム・ホジャ・ミナレットは51mの高さを誇る塔で、ここから眺めるヒワの街は絶景の一言です。またシュヴィト・オシュやトゥフム・バラクといったこの地方独特の料理も要チェック!

タイトルとURLをコピーしました