近くて安全な国ブルネイでトライしたいことベスト7

ブルネイの国王はスーパーお金持ちにしてイケメン

成田から直行便が就航し、気軽に行けるようになったブルネイ。正式名称をブルネイ・ダルサラームといいますが、これは「永遠に平和な国」を意味します。石油と豊富な天然資源のおかげで、世界有数のリッチな国。だからなのか、国民皆が穏やかで、国全体に平和な雰囲気が漂っています。国土は三重県とほぼ同じくらいと小さいものの、絢爛豪華な王宮やライトアップされたモスクなど目を引くようなものばかり。手つかずの熱帯原生林や巨大水上集落、ナイトマーケットなど意外と楽しめるポイントが盛沢山なのです!近くて安全でユニークな国、それがブルネイです。

東洋のベニス?!世界最大級の水上集落を散策

ブルネイ一の見所、水上集落のカンポン・アイール

ブルネイの水上集落はカンポン・アイールと呼ばれています。13,000人もの人々が暮らす世界最大の規模を誇り、水上集落としてのレベルも他の国とはかなりかけ離れているのです。水上集落というと、お金のない人たちが住むスラムのようなイメージを持ってしまいがちですが、さすがお金持ちの国、ブルネイでは事情が違います。電気・ガス・水道はもちろん、テレビ、エアコンにwifiまで完備された快適生活。イスラム教徒にとって大切なモスクや、警察、学校、病院、消防署まで整っているのです。

意外と快適な水上集落の生活

このカンポン・アイールには600年以上の歴史があり、1521年にここを訪れたマゼラン一行の一人が「まるで東洋のベニスだ」と称賛したとか。ほんの1世紀前まではブルネイの人口の約半分が住んでいたというから驚きです。政府は現在、地上での生活を推奨していますが、このカンポン・アイールの住人は、水上での暮らしに誇りを持ち、いまだにその生活スタイルを守り続けているのです。

手つかずの熱帯原生林でキャノピーウォーク体験!

地上43m!足元がすくむようなキャノピー・ウォーク

ブルネイでもエコツアーで近年人気の高いテンブロン(トゥンブロン)国立公園。ここでボルネオ島の手つかずの熱帯雨林のジャングルを体験できるのがキャノピー・ウォークです。バンダルスリブガワンからボートに乗って出発!国立公園の船着場からは7㎞のトレッキングルートが続いています。熱帯雨林の山道を歩く事、約30分。暑さと湿気で汗もだらだらです。目の前に現れたのは人ひとりがようやく通れるくらいの鉄パイプの階段。トレッキングの後は43mの垂直移動です!

トレッキング後は滝壺に入ってクールダウン!

極力足元を見ないように、階段を一段一段登って、登って登って・・・。高さ43mの頂上からは自然豊かなジャングルのパノラマビューです!あんなに大きな木だって、今は自分の足元に!トレッキングと鉄パイプ階段を頑張って登り切ったご褒美ですね。トレッキング後は、滝壺に入ってサッパリしましょう!ここでは自然のドクターフィッシュが棲んでいるので、ついでに角質ケアもできちゃいます♪ブルネイに来たら是非楽しんでもらいたいアクティビティーです。

ウル・トゥンブロン国立公園1泊のススメ

ウル・テンブロンン国立公園内にある、フレーミーロッジ

ブルネイが誇る熱帯雨林、ウル・テンブロン(ウル・トゥンブロン)国立公園に行く人の多くが日帰りエコツアーに参加するのですが、大体のツアーはキャノピー・ウォークをし、滝壺に入って終了です。大自然をもっと満喫したいのであれば、ぜひ国立公園内のロッジに1泊してみましょう。ロッジには様々なアクティビティが用意されています。カヤック、ジップスライド、釣り、希望すれば木登りも教えてくれます。

イバン族の伝統ダンスを披露してくれた子供達と

公園内のロッジは意外にも快適で、ベッド、クローゼット、エアコンも完備されています。トイレ・シャワーは男女別で共同ですが、明るく清潔感があり、お湯も出ます。ホテルスタッフが伝統のバンブー料理のデモンストレーションも行ってくれます。そして、この地域伝統のロングハウスに住むイバン族のお家を訪問して、ダンスを見せてもらったりと、楽しみが盛りだくさんです。ウル・テンブロンに行く際は是非1泊して自然と文化を満喫してみてください。

タイトルとURLをコピーしました