旅好き女子がホーチミンへ行く8つの理由

 width=

タンディン教会、このピンクを見に行きましょう~!

こんにちは。旅先として行きやすく馴染みのある方も多いベトナム。その最大の商業都市ホーチミンの魅力をお届けします。注意してください、これは旅好き女子による旅好き女子のための記事です。「あ!私だ!!」と思ったあなたは全力で読んでください。女心を理解したい男性は、「ふ~ん」と参考にしてください。それではさっそく行きましょう!

可愛いコロニアル建築

 width=

夜は白いライトアップが幻想的な人民委員会庁舎☆

ホーチミンはフランス統治下時代を経て、「東洋のパリ」という別名さえありました。そのためフレンチコロニアルと称される建築物が数多く残っており、それがなんともレトロな可愛さです!ファッションショーなどが行われる市民劇場、赤レンガが目を引く聖マリア教会など、どれも中心部に集中しているのでアクセスよく観光できます。

 width=

日本では見かけない鮮やかでレトロな黄色が可愛い♪

こちらの中央郵便局、ホーチミン市民の郵便局として機能するだけでなく、館内では絵葉書、切手、ちょっとした人形やグリーティングカードなどの雑貨が豊富に売られています。観光がてら、お土産もゲットできて嬉しいです。また、旅の記念に日本に絵葉書を送るのも面白いですよね。ガラス張りのアーチ状の天井が美しいです。

まるで映画の世界?フレンチ風カフェ

 width=

アジアにいることを忘れそう。『Pat’a Chou』にて

女子旅に欠かせないもの、、それはカフェです。見た目も味も美味しいスイーツを頬張ったり、朝食を摂りにきたり、観光の合間に一息ついたり、、。その役割と言ったら計り知れませんよね。ホーチミンでは、やはりフランスの影響を受けたカフェが多く見られます♪

 width=

どれも魅力的でショーケースの前で悩みます。隣にはケーキが並んでいます。

驚いたのが、なんと、ここのカフェではほとんどのフードメニューがドリンクよりも安かったことです。ベトナムは物価が安いで有名ですが、確かこの手前のデニッシュは100円くらいでした。お財布に優しい、、、!主な移動手段がタクシーとなるホーチミン旅行は、交通費がかさむのがちょっぴりネック。そんな中、こんな風にプチプラで食事を楽しめるのは本当にありがたいです。

ホーチミン郊外で手作り料理講習体験

 width=

さ~!準備万端です!本場ベトナムでLet’s クッキング☆

都会ばっかりは飽きてしまう、、そんな方には、ホーチミン郊外での料理教室体験にぜひ参加して頂きたいです♪中心部から車で約1時間半のところにあるクチでは、その日に自分たちで収穫した野菜を使って料理ができます。クチは、何といっても田舎。教室のすぐ横に大きな畑が広がり、オーガニック野菜を栽培しているのです。旅行中に家庭料理が味わえるだけでなく、しかもそれが新鮮ってとても嬉しいです。

 width=

パリッパリの春巻き、、よだれが出そうです

ベトナム料理といえば香草(パクチー)などを使って複雑で豊かな風味を生み出していますが、調理の仕組みを知れば意外と簡単かもしれません。先生はとても優しく教えてくれます。これで帰国してから家族や友人にベトナム料理を振舞えますね!!(笑)出来立てアツアツのお料理は忘れられない旅の思い出になります。

タイトルとURLをコピーしました