人生観が変わる国インドを楽しむおすすめベスト10

ボートに乗ってガンジス河の沐浴風景を鑑賞

「インドの観光地と言えば?」と聞かれてタージマハール以外を答えられる人はそう居ないでしょう。それだけタージマハールのインパクトが強く、美しい証拠でもありますが、実はインドにはまだまだ知られていない、タージマハール以上の魅力あふれる観光地が沢山存在します。日本の9倍の面積を誇るインドは当然東西南北で文化も景色も様変わり。今回はそんな様々な顔を併せ持つインドの、人生観が変わってしまうようなオススメの観光地を10個紹介していきたいと思います。

秘境にある幻の都ハンピ遺跡

インドの建築技術には驚かされます

ハンピはかつて南インドのデカン高原で栄えたヴィジャヤナガル王国の首都。数あるインドの文化遺産の中でもその規模は最大で、約26㎢(東京の品川区ほど)にもなります。ヴィジャヤナガルとは現地の言葉で「勝利の都」の意味。その名の通り、当時イスラム勢力に周辺を支配されていた中、この国はヒンドゥー教国として対抗し、14~16世紀の間発展を続けます。しかし16世紀も半ばになると状況は一転。強力な敵勢力に攻め込まれたヴィジャヤナガル王国は壊滅し、現在の姿へ。

山車のかたちをしたユニークな石像も

多くの建造物を失ったハンピですが、それでもまだ要塞や寺院が数多く残り、その彫刻の繊細さには驚かされます。観光地化されていないため世界遺産でありながら観光客があまり多くないのも嬉しいところ。かつての王朝の姿をイメージしながらゆったり観光してみるのがオススメです。

ギャップの街、ヒンドゥー教の聖地ベナレス

ガンジス河から臨む日の出の景色。美しい

ヒンドゥー教徒の聖地ガンジス河のほとりにある田舎町、ベナレス(バラナシ)。インドらしさを凝縮させたようなこの町はまさにカオスのひと言!信号も無く道路を牛が闊歩、そのせいで常に交通渋滞が発生しクラクションが鳴り止みません。車より徒歩の方が早いくらいですがベナレスの町は歩道と呼べる歩道も無く、みんな車の間を縫うようにして歩きます。

心身を清めてくれるガンジス河の沐浴はベナレスでは日常風景

そんな非日常な姿も十分面白いベナレスですが、真の魅力が分かるのは早朝のまだ太陽が顔を出す前の時間帯。穢れを清めてくれるとされるガンジス河には毎朝多くのヒンドゥー教徒が訪れ、沐浴をする姿が見られるのです。日中は騒々しいベナレスの町もこの時間だけは静けさに包まれ神秘的な時間が流れます。もうこのギャップが堪らない!インドに行くなら是非とも訪れたいイチオシの観光地です。

ヤシの木の楽園でバックウォータークルーズ

カオスなイメージのインドですがこんなのどかな場所も!

広大な面積を誇るインドは地域によって様々な顔を見せますが、南インドにあるコチン(コーチン)という町はいい意味でインドらしくない場所。ヤシの木が並ぶこの町の風景は南国雰囲気抜群!今注目を集めているアーユルヴェーダ発祥の地でもあり、独特の文化と人々の穏やかな人柄が、訪れる旅人を魅了して止みません。

ハウスボートに乗ってバックウォータークルーズ開始!

そんなコチン南部の海岸線には無数の入り江がデルタを作る水源地帯が広がっており、バックウォータークルーズと呼ばれるアクティビティが盛んに行われています。バックウォータークルーズは南インド・ケララ州の伝統的な木造船で水路を巡るツアーのこと。ヤシの木に囲まれた水路を進んでいくと、野鳥たちの姿に加え、川岸で遊ぶ子供たちが手を振ってくれる姿まで。心温まるゆっくりとした時間が流れるインド、必見です。

タイトルとURLをコピーしました