世界87か国訪問 出村隆行が選ぶ世界の絶景ベスト10

日の出とともに眺めることで美しさが何割も増す、アンコールワット。

世界87カ国を回った筆者が選んだ世界の絶景を紹介します。世界の絶景といわれるものは数多くあります。世界遺産といわれるものも現在1121あります。また、世界遺産に指定されてないけどすばらしい絶景もたくさんあります。せっかく旅行に行くんだったらこれらは見逃したくないですよね。そんな世界の絶景スポットを無理矢理、独断と偏見で10か所に絞り込んでみました。何かの参考にしてもらえればうれしいです。

マチュ・ピチュの歴史保護区/マチュピチュ(ペルー)

マチュピチュ遺跡にて(マチュピチュ村)

一度は行ってみたい世界遺産ランキングで常に上位をキープする「マチュピチュ」。多くの人を魅了するのにはワケがあります。マチュピチュは南米ペルーのアンデス山脈、標高約2,450mの尾根に位置する古代インカ帝国の遺跡。山裾から遺跡の存在が確認できないことから、「空中都市」「インカの失われた都市」などと呼ばれています。

マチュピチュ遺跡のリャマ(マチュピチュ村)

何故このような高地の断崖絶壁に、要塞都市が建築されたのか?かつてインカ帝国がスペインの侵略から財宝を守るために建設した都市、という説や、最後の砦であったという説がありますが、アンデス文明は文字を持たないため、その理由は明確になっていません。

アンコール遺跡群/アンコールワット(カンボジア)

朝日のアンコールワット鑑賞

一度は行ってみたい世界遺産ランキングで常に上位をキープする「アンコール遺跡群」。.カンボジア北西部に広がる熱帯雨林に囲まれた「アンコール遺跡群」は12世紀前半、アンコール朝のスールヤヴァルマン2世が建設を開始したアンコール・ワットや1181年に王位に就いたジャヤヴァルマン7世が着工したアンコール・トムに代表される都市遺跡です。

アンコールトム バイヨン 中央祠堂(シェムリアップ)

中でも最大のアンコールワットの他にもタ・プローム、バンテアイ・スレイ、プリア・コー、象のテラス、ロリュオス遺跡、ベンメリアなど見所たくさんです。

メンフィスとその墓地遺跡/ギザのピラミッド(エジプト)

クフ王のピラミッド

一度は行ってみたい世界遺産ランキングで常に上位をキープする「メンフィスとその墓地遺跡」は古代エジプト文明の象徴的存在です。エジプトの首都カイロ近郊、ナイル川西岸にあるメンフィスのピラミッド地帯は古代エジプト古王国時代の王たちが作った巨大な建造物のある地帯です。

スフィンクス

王国の都だったメンフィス周辺のギザからダハシュールにかけて約30のピラミッドやその他の建造物が点在していてその景色は圧巻です。

タイトルとURLをコピーしました