タイ・チェンマイのオススメ観光スポット10選!定番から穴場まで

ビッグサイズの虎と私
近年ジワジワ人気上昇中。知る人ぞ知る「チェンマイ」

近年ジワジワ人気上昇中。知る人ぞ知る「チェンマイ」

日本からのアクセスの良さ、物価の安さ、美食の数々。良いコト尽くしのタイは日本人から非常に支持率の高い旅行先です。タイと言えば首都バンコク、そしてリゾートのプーケット島が有名ですが…「いや、もうそこは制覇した」「定番の旅じゃ物足りない」、そんなツウなあなたに今回おすすめしたいのが美しき古都チェンマイです。刺激的なご当地グルメ、愛くるしい動物たちとの出会い、更にはガイドブックにもなかなか載っていない珍スポットまで…実際に旅をして、すっかりチェンマイの虜になってしまった筆者のオススメ10選をご紹介!

まずはスパ!移動の疲れを癒すべし 【オアシススパ】

フライトでむくんだ足。凝り固まった肩と腰。そんなものはスパで撃退っ!

フライトでむくんだ足。凝り固まった肩と腰。そんなものはスパで撃退っ!

チェンマイに到着したら、まず皆さんに行って頂きたいところ。それはスパです。チェンマイ市内にはスパやマッサージ屋がいたるところにあり、お店選びに困ってしまうこともしばしば。そこで、チェンマイ滞在中に1日2軒ずつスパを攻略した、自称スパマスターの私がオススメスパをご紹介します。

天然オイルマッサージ、タイ古式マッサージ、豊富なメニューに迷っちゃう

天然オイルマッサージ、タイ古式マッサージ、豊富なメニューに迷っちゃう

ずばり私のイチオシは「オアシススパ(OASIS SPA)」。
オアシススパはチェンマイ市内だけでなくバンコクやパタヤ、プーケット等、各地に支店を構えます。施設は高級リゾートホテルのような佇まい。日本人ユーザーも納得の丁寧な施術、ふわりと漂うエキゾチックなアロマの香り、なんとも心地よいヒーリング音楽…。あまりの気持ち良さにフライトの疲れだけでなく意識まで吹っ飛んで爆睡してしまった、そんな私のお墨付きスパです。

暮らすように旅しよう 【ホシハナビレッジ】

ずっとずっと泊まりたかった(涙)!憧れでした、ホシハナビレッジ!

ずっとずっと泊まりたかった(涙)!憧れでした、ホシハナビレッジ!

せわしない現代社会から距離を置き、自分の生き方・家族の在り方を見つめ直すスローライフ映画「プール」(主演・小林聡美さん)。この映画の大ファンである私は、作品の舞台となったホテル「ホシハナビレッジ」にずっと憧れを寄せていました。そして先日ついに念願叶って泊まる事ができた訳ですが…。

「タイ 永住 どうやって」、思わずスマホで検索しちゃうくらい居心地抜群。

「タイ 永住 どうやって」、思わずスマホで検索しちゃうくらい居心地抜群。

結論、最っ高です。

まず第一の魅力は、白と木目を基調としたナチュラルで心地の良いインテリア。さらに寝具やタオルはオーガニックコットンで、部屋の随所にこだわりが感じられます。
第二の魅力は、その素晴らしい経営理念。実はホシハナビレッジの売り上げの一部はタイのHIV孤児たちへ寄付されます。自分の旅が巡り巡って誰かの手助けになるなんて!

…その他にも魅力は尽きません。ここでずっと暮らしたい、そう思わずにいられないホテルでした。

辛っ!旨っ!絶品ご当地グルメ 【カオソーイ】

ピリ辛なだけでなく、しっかりコクがあります。うまし!

ピリ辛なだけでなく、しっかりコクがあります。うまし!

日本の皆さんにあまり知られていないタイ料理「カオソーイ」。
チェンマイを含むタイ北部でポピュラーな、カレー味の麺料理です。これがあまりに美味しくて、チェンマイ滞在中、気づけば朝昼晩3食カオソーイ…。すっかり私もカオソーイ中毒です。

カオソーイを食べずしてチェンマイを旅したとは言えない?!

カオソーイを食べずしてチェンマイを旅したとは言えない?!

カオソーイのスープは前述の通り、タイカレーの味。辛味、酸味、まろやかなコク。調和のとれた味付けが食べ進めるほどに食欲を刺激します。また、フォーのような米麺ではなく中華麺を使用している点も、日本のラーメンのような感覚で親しみやすいポイント。そして決め手は、上にトッピングされた揚げ麺。作りたてのカリカリ食感、スープに浸した後のしんなり食感、どちらもたまりません。

…え?読んでいるだけでお腹がすいてきたって?ぜひ皆さん、本場チェンマイでお試しください!

タイトルとURLをコピーしました